« 自宅の枝垂れ桜の実が、散策の始まり | トップページ | 山本あきさんの「猫のいる部屋」をタイトルを見つけたのは »

2009年5月 7日 (木)

桜の実の様子を見に行った水神社で

Hinoki20090430水神社のヒノキの雄花と雌花も花盛りは過ぎている様でした。
雌花の様子からすると、雌花の盛りは過ぎ、球果は、もう、膨らみ始めている様子。また、オリジナル写真を見てですが、雄花には、花粉が、もう見られない様でした。
葉の先端に付く、ヒノキの花ですが、花が膨らみ始めた頃は、雄花は茶色、雌花は緑色で、よく見ないと、雌花を見落とすかも知れません)。
余談

Suijinsya20090430Tsumekusa20090430水神社の広場一面は、コメツブツメクサの花畑状態でした。(水神社の後方には、フラワーパーク江南(江南花卉園芸公園))。

|

« 自宅の枝垂れ桜の実が、散策の始まり | トップページ | 山本あきさんの「猫のいる部屋」をタイトルを見つけたのは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜の実の様子を見に行った水神社で:

« 自宅の枝垂れ桜の実が、散策の始まり | トップページ | 山本あきさんの「猫のいる部屋」をタイトルを見つけたのは »