« 愛知県名古屋市西区「ミュージックファミリー オカ」 | トップページ | 演歌歌手、小桜舞子さんを追いかけて、さわやかナーシングみたけへ »

2009年7月29日 (水)

御嵩駅から御嶽宿、中山道を二キロほど歩き

Gankouji200907241Gankouji200907242Gankouji200907243名鉄広見線、御嵩駅を出ると、目の前に、願興寺(天台宗大寺山、願興寺、可児大寺、蟹薬師)。写したのが本堂と思ったのですが、現在は使われていない、重文の本堂の様。ネット地図を見ると、私は、寺の一角を歩き回っただけの様でした(ネットを検索しても、願興寺の全貌・全景を見つけられませんでした)。
Mitake200907241Mitake200907242Mitake200907243Mitake200907244 願興寺、中山道御嶽宿の歴史館を通り過ぎると、商家竹屋の建物、ここは、内部を見学できる建物でした。道路に面した商家竹屋の建物を写真一枚に収める事が出来ず二枚に。
Takeya200907241Takeya200907242Takeya200907243Takeya200907244折角なので、商家竹屋の建物の様子を少しだけ紹介。懐かしい建物内部は、今後、行かれる人の為に、内緒にしておきます。
Mitake200907245Mitake200907246Mitake200907247Mitake200907248後は、御嶽宿、中山道を、二キロほど先の目的地に向かって、ただひたすら歩いた道のりから写した風景。写真一枚目の先には、東海自然歩道、中山道、国道21号、御嶽宿の立て看板。山肌の途中に見えた津島神社に、ちょっと、脇道にそれ、そのおかげで気が着いた分けではないと思うけど、少し歩いた21号先に、右御嶽宿の標柱。
Mitake200907249Mitake2009072410Mitake200907241121号沿いを歩く中で、この先に、アメリカザリガニ池かと思う水田、でも、写したのは、様子だけ。回りに広がる水田風景も、夏の風情に写し。
Mitake2009072412Mitake2009072413Mitake2009072414目的地まで、残るは、後、半分ほどの距離を歩いて。標識に、回り道の誘惑も。21号を脇道に入り、目的地を後ろに、帰り道の21号の方を写し。
そして、クイズは、
  さて私は、何処を目指して散策をしたのでしょうか?
でした。
演歌歌手を追いかけて出かけて来るまで、御嵩町が、観光の町とは知りませんでした。そんな訳もあり、何かの時にはとリンクも。(私が特に、興味を持ったのは、願興寺例大祭)。
願興寺公式サイト御嵩町ホームページ御嵩町の観光

|

« 愛知県名古屋市西区「ミュージックファミリー オカ」 | トップページ | 演歌歌手、小桜舞子さんを追いかけて、さわやかナーシングみたけへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御嵩駅から御嶽宿、中山道を二キロほど歩き:

« 愛知県名古屋市西区「ミュージックファミリー オカ」 | トップページ | 演歌歌手、小桜舞子さんを追いかけて、さわやかナーシングみたけへ »