« 昆虫を接写、写したのは、アブラゼミの三個の単眼 | トップページ | 写したのは夏の風物のセミ、それも、セミの発音器外観 »

2009年8月 5日 (水)

インドボダイジュの根からの芽吹き

Indo_bodaijyu200908042Indo_bodaijyu200908041培養土100%の為か、ちょっと水遣りを怠ると、インドボダイジュの根の切り口からの芽吹きが途絶えてしまうので、水の受け皿を、鉢の下に置き、見落しても過度の乾燥にならないようにし、これからは、育て方を、多湿にして様子を見る事にしました
また、折角伸びた小さな枝は、カミキリムシに噛まれたのか、枯れてなくなったりも。
そして、沢山枝が出てくる予定だった、インドボダイシュの根からの芽吹きは、結局、今は、枝が一本だけ伸びて成長しているだけの状況で、残念な結果になっています。
雨の泥だけ気をつけていればいいかと思った、根からの小さな芽吹きですが、なかなか、思うようにならない、インドボダイジュの根の切り口からの育て方です

|

« 昆虫を接写、写したのは、アブラゼミの三個の単眼 | トップページ | 写したのは夏の風物のセミ、それも、セミの発音器外観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148169/45843166

この記事へのトラックバック一覧です: インドボダイジュの根からの芽吹き:

« 昆虫を接写、写したのは、アブラゼミの三個の単眼 | トップページ | 写したのは夏の風物のセミ、それも、セミの発音器外観 »