« あきさんの日記に見た粟津(あわづ) | トップページ | 歌手のバナー、演歌歌手のバナー »

2009年8月10日 (月)

落ちていた蝉に学んだ蝉の鳴かせ方

もちろん、鳴く蝉は雄だけなので、そんな蝉を対象に独り言は、セミの鳴かせ方(蝉の鳴かせ方)。
もう力尽き、飛ぶ事ができないアブラゼミを、拾ってきて、水洗い後、コーヒーの空き瓶の中に入れての観察。
手で持っても思う様に鳴かない蝉でしたが、偶然の出来事は、発音器の下あたりを触ると鳴き始めるアブラゼミでした、そして、出来事をまとめると、
「蝉の鳴かせ方は、雄の蝉のお腹をくすぐる」
に落ち着いた、セミの両脇を持って悩んだ、セミの鳴かせ方でした。
(下書きは、落ちていた蝉に学んだ雄の蝉の鳴かせ方 - ブログは個性だ!! - Yahoo!ブログ)。
余談
前回のアブラゼミ観察は、メスで、ちょっとは飛べたのですが、やはり落ちていたセミ、そして、四日で絶命に。
でも、ニレの木に口を差し込んでのシーンを楽しませてくれたアブラゼミでした。

|

« あきさんの日記に見た粟津(あわづ) | トップページ | 歌手のバナー、演歌歌手のバナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148169/45889055

この記事へのトラックバック一覧です: 落ちていた蝉に学んだ蝉の鳴かせ方:

« あきさんの日記に見た粟津(あわづ) | トップページ | 歌手のバナー、演歌歌手のバナー »