« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

川島神社のサクラとモミジの紅葉とイチョウの黄葉

Kawashimajinjya20091128Kawashimajinjya200911282川島神社の参道と境内にあるイチョウの葉の色付きの違いに、望遠で写したのは、境内のイチョウの黄葉でした。(赤く色付いているのは、サクラとモミジ)。(愛知県江南市、川島神社)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーラーパネルの載る寺の屋根

Shinmyouji20091128久しぶりに通った、堤防の歩道に、お寺の本堂が建て替えられて、ソーラーパネルの載る寺の屋根を見つけ、ちょっと夢中になった時間でした。そして、紅葉より、ソーラーパネルに夢中だった時間でした。(愛知県江南市、深妙時)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の彼岸、秋の彼岸に、この彼岸桜は、何時から咲いているのかな?

Sakura_no_sato20091128 Sakura20091128 11月28日の目的地を決めた、自転車散策に、同じ道を通ったのに、往きは、桜の里近くで、桜の木に残るわずかな紅葉に気をとられ進行方向の左手の堤防下に咲いていたけど、気が付かなかった、桜の花でした。
そして、往く時は、この先の歩道が、左側にしかなく、帰路にも通った同じ道に、帰りは気が付いた、堤防右下に咲いていた桜の花でした。
Sakura200911281Sakura200911282Sakura200911283近くに階段を見つけ、自転車を止め、階段を下り、竹林の北側、日陰に咲く、ヒガンザクラと名札に書いてある桜の木に、さて、どの花を写そうかと、小菊のような、サクラの花の撮影候補選びにでした。
暗さで、花は、ピントの甘い我慢の写りになりましたが、紅葉と花を、サイズ1024*768の壁紙写真で掲載でした。
余談
春の桜の菊桜(キクザクラ)に対して、秋の小粒な八重の桜に、浮かんだのは小菊桜。マメザクラ、キクザクラの名前もいいけど、やっぱり、私には、秋に咲く八重の桜(子福桜、小福桜、コブクザクラ)を、コギクザクラ(小菊桜)と、呼びたくなるような、サクラの花の姿でした。また、秋から冬に咲く桜の花に、春の花に比べ小粒なので、小桜と名づけたくなる桜の花です
また、今年、新たに出合った、秋の桜の花の数々に、同じ木を追いかけて、この木はフダンザクラ(不断桜)と言ってもいいのでは?と思う木を探しに、冬の姿を追いかけて写したいと思う、10月、11月の秋の桜巡りにもなった、自転車散策になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

イオンモール木曽川キリオのキャンペーン開場の下見

Kirio200911281Kirio200911282_3Kirio200911283Kirio200911284自転車で一時間も走れば着くと思う、イオンモール木曽川キリオへ、演歌歌手、多岐川舞子さんのキャンペーンがある開場の下見に。当日に、場所に迷わないように、イベント会場を下見でした。
写真一枚目を写した場所がイベント会場入り口に近い事を知らず、写真二枚目の位置まで行き、結局、道路近くの守衛さんに、イベント会場の場所を聞く事になりました。バス停近くの出入り口を入り、直進するとイベント会場でした。
Sansaku200911281Sansaku200911282Sansaku200911283Sansaku200911284一宮の桜の里を通過し、JR木曽川駅と名鉄本線、黒田駅を横切り、目的地のイオンモール木曽川キリオへ。
Densya200911281Densya200911282 Jinjya20091128 帰路は、名鉄とJRの沿線を、車の少ない道を探しながら、電車の撮影ポイントを探したり、通り脇にある神社へ立ち寄ったりの、往復四時間ほどの散策になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

秋から咲く桜

今年も秋になり、今回で、桜を尋ねたのは、通算日数にすると7日目、場所は13箇所目となる桜の花。今回は、イチョウを写しに行く時に通る道端にある、一見、雑木林のような所に咲く、サクラの花からです。
Sakura200911231Sakura200911232Sakura200911233毎年見ている、秋から咲く桜の木の花ですが、今回写した様子に、ジュウガツザクラ(十月桜)より、コブクザクラ(子福桜、小福桜)を思わせる花の姿と感じた私でした。(低い位置には、写したくなるような花が無く、出かけた時間帯には、日陰側になる、背伸びして、腕を伸ばさないといけない場所に咲く、サクラの花を写してきました。11月23日の事)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モミジ、ニシキギ、ナンキンハゼ、イチョウから、晩秋の木々の葉の色付き

モミジ、ニシキギ、ナンキンハゼ、イチョウから、晩秋の木々の葉の色付きを写し、1024*768の壁紙写真サイズで掲載。(写したのは、11月23日)。
Momiji20091123Nishikigi20091123Nankinhaze20091123Ichou20091123紅葉ではなく斑な色付きのモミジ、真っ赤に色付いたニシキギ、迷彩色に色付いたナンキンハゼ、全体の黄葉は、もう少し先に期待のイチョウ。(イチョウは、黄色い葉だけを写すより、やっぱり、全景かと思った、地元、江南市の神社、八剱社の大イチョウの黄葉でした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ライズ アップ」を検索

歌手、山本あきさんの日記にあった映画「ライズ アップ」の名前に、検索。そして、映画「RISE UP(ライズアップ)」の公式サイトにあった、ロケ地情報の一つの名前、石川県白山市鶴来、獅子吼高原(獅子孔高原)に。
Shishiku200910031Shishiku200910032Shishiku200910043Shishiku200910041Shishiku200910042今年、10月に尋ねた時は、獅子吼高原も、パラグライダーも見上げただけに終わっていたので、次の機会には、ぜひ、ゴンドラにも乗って、獅子吼高原からの風景も楽しみたいなと独り事でした。(4、5枚目の写真は、1024*768のサイズで掲載)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

勤労感謝の日の祝日は、地元、江南の人形劇グループの人形劇鑑賞へ

Warashibe200911231Warashibe200911232Warashibe200911233江南団地まつり、わらしべ人形劇」のチケットを姪っ子から購入したので、一度はいいかと、人形劇グループ「わらしべ」の人形劇鑑賞へ。そして、時には、自分の年を忘れ、懐かしと愉快さに夢中になり、人形劇を見るのもいいかと思った、そんな楽しい時間も過ごす事ができた、観劇時間一時間ほどの人形劇でした。(もう一つのブログに書いたのは、写真で、楽しさが伝わらないかと書いた記事)。
スクリーンの人影を写した1枚は、影絵のスクリーンの大きさを知ってもらえたらと掲載です。
関連リンク
江南市、NPO・ボランティア、人形劇グループ「わらしべ」
愛知人形劇センター・ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

柿のマクロ写真と言っても、柿の種の中の写真ですが

Kakinotane200911251柿の種を二つに割り、柿の種の中の様子を写真に写してみました。 (おまけ、種の中の写真1枚を、1024*768の壁紙サイズで掲載でした)。
Kaki20091125Kakinotane200911252お茶菓子に出た、小切りにされた柿の実の、切られた種の断面の何かある感じの様子に、ちょっと興味が湧き、切られていない種を探し出し、割って中を見る事に。
種の割り方
Kakinotane200911253子葉2枚の種の発芽に、種を平らな方向の横を、水平方向に押しつぶせば、中の様子が見られるのではないかと思い、万力で押しつぶす事に、そして、パチッと表面の皮が爆ぜる音に、万力のレバーを回す事を止め、手で押し開いて見た、柿の種の中の様子、柿の種の中の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

寒ボケ、寒木瓜の花を接写して花壁紙に

Boke200911213 Boke200911214 Boke200911215 Boke200911216 11月21日の事。ちょっとの間の晴れた陽射しに、近くの畑に、色々な植栽の中で咲く、寒ボケの花(寒木瓜の花)を写しに出かけ、蝶の居なくなった時期に受粉を助けるのは、蟻と知った、少しの間の散策になりました。(また、咲き始めは淡いピンクで、メシベが熟してくると赤くなると知った、寒ボケの花でした)。
Boke200911211Boke200911212そして、蟻は、お尻もピンボケにしか写せなかったけど、寒ボケの花を接写。おまけには、寒木瓜の小さな実も接写でした。
1024*768の壁紙写真サイズで、花壁紙も用意)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

三連休の21日、22日は、空とニラメッコに

21日、22日の空模様に、自転車で走り出す気分にならず、応接間から分かる陽射しと空の様子に、部屋から出たり入ったりの、空とニラメッコになった、三連休中の2日間でした。
Sora200911211Sora200911212Sora20091121321日の空の雲。
Sora200911221Sora200911222Sora20091122322日の空の雲。
写真は、1024*768の壁紙サイズで用意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

偶然の出来事は、すれ違った電車の写真二枚

Densya200911081Densya200911082電車を写した連続した二枚に写っていたのは、電車が入れ替わっただけの二度と写せないと思う、同じ光景でした。(小さく写っている、近づく電車と遠ざかる電車の姿も見て欲しいので、1024*768の壁紙サイズで用意しました)。
対向して来る電車を知らずに、慌ててシャッターを押した結果に小さく残っていたのは、近づく電車と遠ざかる電車の姿でした。(11月8日、名鉄犬山線、西春駅近くにて)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

野鳥壁紙

Kamo200910251Kamo200910252Kamo200910253水辺の野鳥壁紙は、カモ(鴨)。名鉄犬山線の小さな鉄橋が見える郷瀬川から。1024*768のサイズで、写真壁紙を用意。
Mizube200911151Mizube200911152Koi20091108こちらを写したのは、五条川ですが、水辺ついでに、水草と水草に乗り上げた紅葉と、同じく、五条川関連という事で、川の鯉も、写真壁紙で、ここに、掲載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

演歌歌手、竹川美子さんのキャンペーンに、パレマルシェ西春へ

演歌歌手、竹川美子さん新曲「雪の十日町」のキャンペーンに、パレマルシェ西春へ、自転車で出かけた、11月15日の日曜日。試聴で歌の良さは知っていたので、美子さんに、一度お会いしたくて出かけた西春でした。そして、次の機会にも出かけたくなったキャンペーンになりました。
竹川美子さんに、初めて西春でお会いして、浮かんだ事。(「何しに行ったんだ!」と言う突っ込みコメントは削除対象です)。
美子の目元に、何かを感じた新曲キャンペーンに、やっと浮かんだのは、「仏様の様な目」の文字。
Takigawa_miko_200911151Takigawa_miko_200911152Takigawa_miko_200911153照明も上からに、遠くで見た、美子さんの目元の暗さに、気になって、新曲「雪の十日町」の色紙へのサインの時とツーショットの時に、何度も目元を見つめ、一言が何も浮かばなかった私は、失礼な事をしたと反省もした、キャンペーン行きになりました。
そして、近くで見つめた、美子さんの目元に、後日浮かんだのは、「観音様の目元・仏像の目元」の文字でした
また、真近で目にした竹川美子さんに、過去、大月みやこさんにお会いした時と同じ、「肩幅が細いんだ!」と知った時と同じ、細い肩幅も知りました。
CROWNの竹川美子さんのHP
竹川美子さんの新曲「雪の十日町/美子のソーラン節」の試聴ページ。(私のパソコンで試聴できたページを探し、通販ページだけど、NEOWINGにリンク)。
余談。(知らない新潟県の十日町を検索)。
新潟県十日町市。新曲の題材となった新潟県南部の十日町。
新潟県長岡市十日町。新潟には、もう一つ、十日町があると知った、「新潟県の十日町」検索になりました。
出身地の地名に「広島県安芸郡府中町石井城」を検索し、広島県府中町のHPへも、見所は何かなと調べようと思いリンクも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月19日 (木)

カップ麺の出来上がり調味料

Ajino_moto200911171Ajino_moto200911172Kakinabe20091117牡蠣鍋(牡蠣の赤味噌鍋)の最後の仕上げの味付けに使った、カップ麺(台湾ラーメン)の材料の二つの袋に、思った事は、
麺はいらないから、出来上がり調味料として、10袋セットとか、5袋セットで、切り離さなくても言いから、単品で、簡単調味料で販売されないかな?、
でした。
そして、何時使い切れるか分からない調味料をそろえて、キッチンが邪魔者だらけになるより、便利だと思った、カップ麺の味付け調味料でした。
次回、味噌鍋に試してみたいと思うのは、カップ麺の味噌ラーメンと坦々麺の出来上がり調味料です。
補足
・写真の真っ赤な様子は、牡蠣の味噌鍋に入れただけで、掻き雑ぜる前の様子です。
・味付け調味料を使ってしまうと、残る麺は、どう、始末するかに、麺を湯掻いて、焼きそばダレをからめ、刻み海苔をかけて食べれば済むかと思う、楽しみ方一工夫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストック二缶の井村屋ゆであずきに、田舎饅頭作りに悩む

井村屋さんのゆであずきを、最中の餡にして食べようかと思い、検索した、最中の皮(手作り最中-製菓材料「丸井商店」)でした。
でも、寒い日が続く事もあって、各務原の子供歌舞伎が行われている神社で食べた、がんどばぼちの事が浮かび、ふかした、手作りの小麦粉を使った田舎饅頭(がんどばぼち)に、饅頭の皮を、小麦粉のまま作るか、米粉にするかで迷う、ストック二缶の井村屋ゆであずき缶です。
本文修正と追記
シュウマイの皮、ギョウザの皮で、あずきあんを包んで蒸したり、焼いたりもいいかと思う、井村屋ゆであずきを使った、お菓子作り、お茶うけ作りも想像。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

ヒノキの黄葉

Hinoki20091115気になって写したのは、ヒノキの古い葉の黄色い色付き。そして、緑色と黄色の迷彩模様の壁紙もいいかなと、ヒノキの黄葉を1024*768の壁紙写真サイズで掲載でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

演歌歌手、椎名佐千子さんの新曲も楽しみで出かけたラジオ公開放送

Shiina_sachiko_200911121Shiina_sachiko_200911122H21年11月12日(21.11.12)は、尾張温泉東海センターの歌謡ショー、花の歌謡まつりに、演歌歌手、椎名佐千子さんの新曲「赤い寒ぼたん」も楽しみで出かけた、東海ラジオ公開放送でした。
そして、キャンペーンでは見られない、ステージの椎名佐千子さんに、東京の歌謡ショーのステージまでは、追いかけて行けないけど、年に一度は、尾張温泉東海センターで、歌唱とステージの姿を見たくなった、東海ラジオの公開放送になりました。
余談
Shiina_sachiko_200911123Shiina_sachiko_200911124Shiina_sachiko_200911125即売会で、赤い寒ぼたんのCD三枚購入で頂いた、佐千子さんの新曲ポスターは、尾張温泉東海センターの赤提灯のお店に貼ってもらい、CD一枚は、その前にある、土産物売り場の年配女性にさし上げました。
そして、貼って頂いたポスターは、次回に、出かける時の楽しみにしようと尾張温泉を後にしました。
そして、そんな事に、以前は、大月みやこさんの歌謡ショーのステージが、楽しみで出かけていた長島温泉の事が浮かびました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

秋の桜の花を写し(出かける度に見つける桜の花です)

Sakura200911151Sakura200911152Sakura200911153シキザクラ(四季桜)、ジュウガツザクラ(十月桜)、コブクザクラ(子福桜、小福桜は花弁の枚数で決まる名前の様。五条川沿い、大口町と岩倉市にて。(参考、群馬県森林公社->桜図鑑)。花の色については、なるほどぐらいしか分からない、自転車散策で出会う秋の桜です。(写真は、11月15日。風の強い中で、花弁の数は数えなかったけど、一本の木に、四季桜と十月桜の混ざる枝の桜の花もあるのだなと思った、秋の桜便りも楽しんだ散策になりました。でも、もし、一枚の花弁が強風で裂けて、枚数を読み違えたらゴメンナサイなのですが、そして、花弁の枚数が6枚から9枚の時は、何桜と言うのかなと独り言も)。
余談
これが、フユザクラ(冬桜)と思う花には、白からピンクに色が変わらない花には、まだ、出会えていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

シロダモの雄花は、一つの蕾から複数咲く、集合花

Shirodamo200910311Shirodamo200910312初めて見た、シロダモの花は、メシベが見当たらず、シロダモの雄花でした。あたりを見回したけど、雌花は見つける事が出来ませんでした。そして、雄花は、一つの蕾から複数咲く、集合花でした。(シロダモ、雌雄異株、クスノキ科、各務原市内の公園、10月31日撮影)。
余談
余り写りはよくなかったけど、1024*768の壁紙写真サイズで二枚掲載。次回は、接写に適したデジカメを持って出かけたいと思った、シロダモの花(雄花)でした。また、雌花に、いつか、自転車散策で出会うことが出来るのかも、楽しみな木になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

江南市農業まつりと江南市菊まつり

Kikumatsuri200911071Kikumatsuri200911073Kikumatsuri200911074Nougyoumatsuri20091107江南市の農業まつりと江南市の菊まつりが重なった11月7日に、出かけた、すいとぴあ江南。また、子供ふれあい動物園のような光景は、農業まつりが子供さんにも楽しめるようにと招かれたのかな?と思った、すいとぴあ江南でした。
Kikumatsuri200911072江南市菊まつりは、屋外展示もあるのが、一宮の138公園の菊花大会と違うと思った、両方への自転車散策になりました。(江南市の菊まつりの最終日は、11月15日。農業まつりの市民農産物秋の収穫祭は7日と8日の2日間)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月7日の一宮市138タワー、一宮菊花大会会場

Kikukataikai200911071Kikukataikai200911072一宮の菊花大会がどんな様子かと自転車で出かけた、11月7日の菊花大会最終日でした。そして、掲載は、会場を手前に写した138タワーと、一宮菊花大会会場看板を手前に写した結果です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイビスカスの花を接写

Hibiscus20091108ハイビスカスの花の接写じゃ無くて、ハイビスカスのシベの接写と書いた方がよいかと思う、赤いハイビスカスを写した結果です。そして、1024*768の壁紙写真サイズでの掲載に、真っ赤な壁紙は、使われる事があるのかなと思う、記事投稿になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

ステージのドライアイススモークも見られた、ラジオ公開放送

Shiina_sachiko20091112尾張温泉東海センターに出かけた、11月12日のラジオ公開放送は、歌唱ステージで、ドライアイススモークも見られた、そして、楽しみで出かけた、ラジオ公開放送の日になりました。(電車の切符のスタンプの「(H)21.11.12」に、東海センターの入場券の「(H)21.11.12」に、後で思うと、何か、縁の良さも感じた日でした)。
そして、ラジオの公開放送なのに、放送では届けられるとは思われない、ドライアイススモークの使用があった歌謡ショーでした。(なつかしのメドレーの、ある一曲の時、歌手の舞われるような歌唱に、妖艶さを盛り上げるスモークなのかなと思うような、雰囲気一杯の演出も楽しんだ、ひとときになりました)。
そんな、スモークもあった、ちょっと隠れすぎではと思った、ステージ上の歌手の方の様子に、新曲「赤い寒ぼたん」を歌われている、スモークに隠れてしまった歌手は、
  さて、どなたかな?、
でした。でも、写した結果は、そんなに、全体を覆っているわけではないので、すぐに分かると思う一枚で、クイズに。(ステージ前の別料金の有料席では、折角のスモークも邪魔になっていたのでは?と、二階席から見ていた私でした)。
余談
午前中は、父親の37回忌の法要とお墓参り、そして、お寺回りを済ませ、その後、尾張温泉東海センターへ、名鉄電車と近鉄電車を乗り継ぎ、タクシーでかけつけ、着いたのは、司会者のステージ紹介の時と、なんとか、歌の時間には間に合う事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

ナギの木、写したのは実が付いているから雌木

Nagi20091108ナギ、マキ科、常緑樹。(写真の片隅に写っている幹は桜の木。写真は、1024*768の壁紙サイズで掲載)。
写していた時には気が付かなかったのですが、ナギは、雌雄異株の木なので、二粒の灰色の実が写っていた事で、この木が雌木である事が分かりました。(この実は、熟すと茶色に変化、この葉の黄色の色付きに、全て黄葉するわけではないけど、緑色と黄色のコントラストも楽しめるのだと感じたナギの木でした)。
この写したナギの木は、自宅から、自転車で五分ぐらいの所にあるので、常緑樹なのに、葉が黄色く色付いているのが気になり、この葉は、いつ頃に落ちるのか、この後も、何度か出かけて、様子をみたくなりました。(この色付きを写したのは、11月8日)。
余談
「ナギの木」と書かないと、海の様子のナギと、区別がつきそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

明日は、尾張温泉東海センターへ、椎名佐千子さんの公開録音へ

明日は、尾張温泉東海センターへ、演歌歌手、椎名佐千子さんの東海ラジオ公開録音、花の歌謡まつりを聞きに出かける予定。
ただ、父親の37回忌法要が午前中なので、最悪、即売会に間に合う結果になるのかも知れませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月8日の自転車散策で見た、シキザクラの花

Shikizakura200911081Shikizakura200911082自宅から、ちょっと出かけた所にある、民家の北側にあったシキザクラと、岩倉市曽野小学校正門近くの満開のシキザクラ。(どちらも、手が届く場所に桜の花が無く、接写が出来ず残念な思いも、でも、1024*768の壁紙写真サイズで掲載)。
小学校の南側には、フェンス越しに見られる四季桜が数本あったのですが、五条川沿いの工事で、大回りしないと先に進めないので、見る事を諦めた桜の木でした。
余談
小学校のグランドでは、野球の試合があった為、校門が開いていて、写せた桜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月7日の旅から、石浦神社、廣坂稲荷を補足

今頃、気がついたのは、石浦神社、廣坂稲荷にあった、そして、赤い鳥居の前に、何故、狐じゃなくて、狛犬なのと写していた結果に、写真、向かって右側の狛犬が、逆立ちしていた事でした。
ふと、過去に写していた「石浦神社」に、名前を検索して知ったのは、「逆さ獅子」(逆さ狛犬)として、知る人ぞ知る、獅子の姿でした。そして、小さいけど、私も写していた事を知った、検索になりました。(兼六園に行った時は、広坂門から入り,桂坂門から出るので、次回は、広坂門から入る前に、まず、隣にある石浦神社を尋ね、逆さ狛犬を、アップで写してこようと思いました)。
また、私の兼六園・金沢城公園のページからもリンクしておかなければと思った、検索になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

樹上のコサギ

Kosagi20091108斑な桜の葉の紅葉に、コサギの白と桜の紅だったらと思う、桜の木に逃げられた、コサギの姿でした。(逃げようとはしなかった、樹上のコサギでしたが、五条川上に張り出している枝の上にとまり、枝にも邪魔され、写せる角度が限られました)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モミジバフウの実

Momijibafuu200911071Momijibafuu200911072モミジバフウの実モミジバフウの黒い実は、種子が飛び出して、抜け殻の様、そして、採取するなら、まだ、緑の実と思った姿でした。
葉の色付きも楽しめるモミジバフウですが、赤色と黄色の色付きに、逆光でないと映えないか、と思う様子も、実が葉陰になっていますが掲載でした。(写真二枚は、1024*768の壁紙写真サイズで用意)。
余談
モミジバフウの実の突起に、アラマンダの実の姿が浮かびましたが、突起の鋭さは、アラマンダが勝っています。(種子の様子は全く違います)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビナンカズラの赤い実

Binankazura20091107 ビナンカズラの赤く色付く実。写したのは、沢山の丸い粒で、大きな球形を作っている様に見える、赤いビナンカズラの実です。そして、名前は、すぐは浮かばないですが、こんな形状の駄菓子があるように思った、丸い粒々の集合でした。
(サンプル数が一個ですが、赤い皮が黒く乾いた、一粒の実の中に、三個の種子があった事も確認でした。一般的な表現では、「複数の種子」と書いた方がいいかも)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンキンハゼの剥がれる実の皮

Nankinhaze200911071ナンキンハゼの黒くなった実の皮が、運良く、皮の白い内側を見せ、ひと筋に繋がって、剥がれ落ちる様子を見つけたので、早速、剥き出しになった白い種子と裏返って繋がった白い皮を一緒に写しておきました。
ナンキンハゼの実が緑のうちは、自然に、実の皮が、自然に、剥がれ落ちる事はないと思った様子でした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

役行者座像、役行者立像

Ennogyoujya200911081Ennogyoujya200911082Ennogyoujya200911083昨日の自転車で、江南から西春駅までに、立ち寄った神社とお寺に、写したのは、最近、よく見かけると思う、役行者座像と、始めて見た、役行者立像(間違っていたらゴメン)。そして、検索して、知った坐像の文字に、あと、見たいのは、見つけたいのは、
 役行者坐像かな?、
でした。
役行者・小角)、(役行者像=検索用リンク)。
12月13日、追記と追加リンク。
三枚目の写真は、やはり、役行者立像でない事を教えて頂きました。役行者霊蹟巡拝

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

ヤドリギの房の中央にスズメバチの巣

Yadorigi200911071デジカメで見た時は、ヤドリギの房の中央にある茶色の物は、桜の木の切り株か?と思ったのですが、写した結果をズームして見ると、房の中央にあったのが、スズメバチの巣と分かりました。
用水の対岸から眺めた、サクラの枝にあるヤドリギだったので、一安心の結果に、そして、スズメバチが出入りしている様子が無い、写した結果でした。
Yadorigi200911072また、エノキの枝にあったヤドリギには、デジカメのファインダーでは、確認できなかったのですが、写した結果に緑の実を見つけました。
(写真二枚は、1024*768の壁紙写真サイズで掲載)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

138タワーパークのライトアップ準備風景に

Kouen200911073国営木曽三川公園の138タワーパークに、出かけた目的は、ライトアップ準備の様子見ではなかったのですが、そんな昼間に見た、ライトアップの骨組みの風景に、浮かんだ事を記事に。
演歌歌手、小桜舞子さんの新曲「母娘じょんがら」のカップリング曲に「おんなの素顔」があるのですが、そのタイトルに、ライトアップ準備を重ね合わせ、「ライトアップの素顔」の文字が浮かんだ、自転車で出かけた138タワーパークになりました。
Kouen200911071Kouen200911072ライトアップの素顔と思った風景は、ツインアーチ138を背景に写したライトアップの骨組みと、ピサニの迷路にある希望の塔の周囲に組まれたライトアップの骨組み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

マンデビラの花、ムラサキツユクサの花

Mandebira20091025マンデビラの花
カイガラムシの除去に困った事のある植物、そして、枯らした事もある草花。
(犬山から自宅に戻る時に、通りから見えた鉢植えに咲いていた、マンデビラのピンク、赤、白の花色に、写したくなった植栽でした)。
Murasaki_tuyukusa20091025ムラサキツユクサの花
トキワツユクサの花に似た形と、花の紫色(淡い紫色)に、ムラサキツユクサの文字が浮かび、検索したら、正解だった草花は、寺の片隅に、ひっそり咲いていた花でした。
(その寺は、苧ヶ瀬池近く、石柱に、東方山薬王禅庵とありましたが、地図には、薬王院と書かれてました)。
(草花は、共に、1024*768の壁紙写真サイズで掲載。写したのは、10月25日の事)。
余談
Yakuouin20091025薬王禅寺、薬王寺で、地図に出てくるかと検索したのですが、どちらも外れた、薬王院(東方山薬王禅庵)でした。(おがせ弘法大使の大使堂もありました)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

秋の犬山祭りの甲冑武者行列

Inuyamamatsuri200910251Inuyamamatsuri200910252Inuyamamatsuri200910253秋の犬山祭りの日曜日に、犬山城前広場に出かけ、時刻が遅い事もあり、町中を歩く、甲冑行列は見る事が出来なかったけど、最後の見所、午後の甲冑武者が集合したシーンは、写す事が出来る時刻に間に合った、自転車での犬山行きになりました
(広場の周囲の木々の色付きは、まだ、斑)。
Inuyamamatsuri200910254Inuyamamatsuri200910255そして、甲冑武者の方達と、ツーショットで写せる事を知った、犬山祭りの日曜日になりました。写真4枚目、ツーショットの案内で、走り出す人達。(小牧・長久手の戦いを模した甲冑武者、10月25日の事)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

ムクノキの象さん顔

Mukunoki200911031Mukunoki200911032私の「なにこれ珍百景」、お薦めの「なにこれ」は、愛知県江南市、曼陀羅寺公園の本堂前の、ムクノキに、象さんの顔が見える、木の幹の姿
そして、見える角度が限られているので、
  ムクノキで、象さんの顔探しをしてみませんか?
でした。
サイズ1024*768の壁紙写真で掲載しましたので、デスクトップに貼り付けて、象さん顔に見えるか見てみてね!?。
注)夏の時期は、葉が茂っているので、見つけられないかもしれない、ムクノキの象さん顔です。
余談
テレビのナニコレ珍百景で見た、ヘビウリは、近くの「くすり博物館・薬草園」(岐阜県各務原市)で、過去に、花と実を楽しんだ植物です。(ヘビウリの花ヘビウリの実、リンク先には、複数の植物の写真を掲載してますので、時には、スクロールしてみて下さい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江南団地の広場脇の植栽から、十月桜の花

Sakura200911031Sakura200911032今年、改めて、桜の蕾のピンク色を確認、そして、花の開き始めの花色がピンク色で、開ききり、オシベの花粉が終わる頃には、花色が白くなると知った、江南団地のジュウガツザクラの花(十月桜の花)の幼木でした。
(サイズ1024*768の壁紙写真で掲載)。
また、木に付いている葉は、そんなには、多くありませんでしたが、葉がある内の時期に、咲いている花を見たのは、初めてかなと思うぐらいの時に、見に行った桜の木でした。そこで、ちょっと、気になったのが、咲き始めは、いつ頃からかなと思う、江南団地の広場脇の植栽のジュウガツザクラの花でした。(11月3日の散策)。
扶桑緑地の遊歩道脇の十月桜は、蕾も咲き始めも花色は白色で、オシベが朽ちる頃、シベの軸と花色がピンク色になります。10月25日の散策)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

演歌歌手、椎名佐千子さんの誕生日、11月3日は、満月

2009年11月3日に見える、日の出前、午前4時過ぎの月が、満月に一番近い。そんな事もあり、午前3時過ぎに写した満月です。
そして、演歌歌手、椎名佐千子さんの誕生日が、11月3日で、満月の日に当たると言う事で、出来るだけ近い時刻に写したかった月でした。(佐千子さん、誕生日、おめでとう)。
Moon200911031Moon200911032でも、眠さもあり、もう少し起きていればよかったけど、午前3時過ぎに写し、良しとした月でした。(サイズ1024*768の壁紙写真で掲載)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各務原、村国神社と子供歌舞伎が行われていた村国座に出かけ

Murakunijinjya200910255Murakuniza200910250Kodomokabuki200910271Kodomokabuki200910272Murakuniza200910251Murakuniza200910252岐阜県各務原市、村国神社にある歌舞伎小屋、村国座へ、子供歌舞伎の様子を見に出かけた時の様子を写真掲載。
Murakunijinjya200910251Murakunijinjya200910252村国座保存会、飛騨美濃歌舞伎大会のノボリが上がる垣根近くにあった、コブクザクラ(小福桜)の木と花にも、注目の私でした。ノボリのある一枚目の写真に、秋に咲く桜の木が写っています。
Murakunijinjya200910253Murakunijinjya200910254村国神社の参道、そして、近くにある、地図にも載っている、もう一つの村国神社の鳥居には、「村国神社御旅所」の文字。
余談
村国神社で販売されていた「がんどばぼち」に、何も持たずに、自転車で出かけて来た私は、味に興味もあり、昼食代わりに、がんどばぼちを食べる事に、そして、自分で作って見たくなった餡入り和菓子でした。
(記事は、10月25日に出かけた時の事)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隣り合う異種の樹木(滋賀県、西明寺の参道にて)

Jyumoku200910271Jyumoku200910272Jyumoku200910273Jyumoku200910274西明寺の参道の杉と樫かなと思う、隣り合う異種の樹木の絡み合う根元に姿に、まずは、どうなっているのと撮影でした。
Jyumoku200910275参道の石垣に、伸びる方向が限られた、二本の樹木の根元の姿からでした。
関連記事リンク
三重の塔のある寺、西明寺と金剛輪寺(滋賀県)
滋賀県、西明寺、ニ天門の立像(ニ天像)
余談
Sugi200910271Sugi200910272Sugi200910273ニ天門手前の参道には、二組の幹と根元が合着した夫婦杉が見られますが、私が気になったのは、異種の木の姿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

11月2日のMOON、11月2日の月、満月の前日の月

Tuki200911021Tuki200911022Tuki200911023午前0時30分頃の月、午後5時45分頃の月、午後11時過ぎの月。それぞれの時刻の満月前の月から、雰囲気の違う写りを壁紙サイズ1024*768で写真掲載。(夜空に輝く大輪の花(Moon)からの壁紙でした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

各務原、東島池にいたアヒル一羽を相手に

Ahiru200910313 Ahiru200910312 Ahiru200910311 各務原市民会館を訪ねた帰りに、近くの東島池(リンクは地図)に立ち寄り、一羽いたアヒルを相手に、逃げないので、撮影に夢中になる時間もあった日に。(アヒルについては、サイズ1024*768の壁紙写真で2枚用意)。
Hitotsubatago20091031_2Zakuro20091031東島池の周囲で目立ったのは、黒い実をつけた、ヒトツバタゴの沢山の植栽でした。そして、ザクロの赤い実も、わずかに残っていたザクロの木でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »