« ナギの木、写したのは実が付いているから雌木 | トップページ | ハイビスカスの花を接写 »

2009年11月13日 (金)

ステージのドライアイススモークも見られた、ラジオ公開放送

Shiina_sachiko20091112尾張温泉東海センターに出かけた、11月12日のラジオ公開放送は、歌唱ステージで、ドライアイススモークも見られた、そして、楽しみで出かけた、ラジオ公開放送の日になりました。(電車の切符のスタンプの「(H)21.11.12」に、東海センターの入場券の「(H)21.11.12」に、後で思うと、何か、縁の良さも感じた日でした)。
そして、ラジオの公開放送なのに、放送では届けられるとは思われない、ドライアイススモークの使用があった歌謡ショーでした。(なつかしのメドレーの、ある一曲の時、歌手の舞われるような歌唱に、妖艶さを盛り上げるスモークなのかなと思うような、雰囲気一杯の演出も楽しんだ、ひとときになりました)。
そんな、スモークもあった、ちょっと隠れすぎではと思った、ステージ上の歌手の方の様子に、新曲「赤い寒ぼたん」を歌われている、スモークに隠れてしまった歌手は、
  さて、どなたかな?、
でした。でも、写した結果は、そんなに、全体を覆っているわけではないので、すぐに分かると思う一枚で、クイズに。(ステージ前の別料金の有料席では、折角のスモークも邪魔になっていたのでは?と、二階席から見ていた私でした)。
余談
午前中は、父親の37回忌の法要とお墓参り、そして、お寺回りを済ませ、その後、尾張温泉東海センターへ、名鉄電車と近鉄電車を乗り継ぎ、タクシーでかけつけ、着いたのは、司会者のステージ紹介の時と、なんとか、歌の時間には間に合う事ができました。

|

« ナギの木、写したのは実が付いているから雌木 | トップページ | ハイビスカスの花を接写 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステージのドライアイススモークも見られた、ラジオ公開放送:

« ナギの木、写したのは実が付いているから雌木 | トップページ | ハイビスカスの花を接写 »