« ヒノキの黄葉 | トップページ | カップ麺の出来上がり調味料 »

2009年11月19日 (木)

ストック二缶の井村屋ゆであずきに、田舎饅頭作りに悩む

井村屋さんのゆであずきを、最中の餡にして食べようかと思い、検索した、最中の皮(手作り最中-製菓材料「丸井商店」)でした。
でも、寒い日が続く事もあって、各務原の子供歌舞伎が行われている神社で食べた、がんどばぼちの事が浮かび、ふかした、手作りの小麦粉を使った田舎饅頭(がんどばぼち)に、饅頭の皮を、小麦粉のまま作るか、米粉にするかで迷う、ストック二缶の井村屋ゆであずき缶です。
本文修正と追記
シュウマイの皮、ギョウザの皮で、あずきあんを包んで蒸したり、焼いたりもいいかと思う、井村屋ゆであずきを使った、お菓子作り、お茶うけ作りも想像。

|

« ヒノキの黄葉 | トップページ | カップ麺の出来上がり調味料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148169/46800445

この記事へのトラックバック一覧です: ストック二缶の井村屋ゆであずきに、田舎饅頭作りに悩む:

« ヒノキの黄葉 | トップページ | カップ麺の出来上がり調味料 »