« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月29日 (火)

テーブル自然観察は春菊の挿し木(挿し穂)

Syungiku200911251Syungiku200911252香りの好きな春菊で、テーブル自然観察は、春菊の挿し木。11月25日に、スーパーで購入した1束の中の一本で、自然観察。
Syungiku200912101Syungiku20091210212月28日には、これ以上、空き瓶の水の中で、根の様子を観察しても仕方ないと、鉢植えにした、水耕栽培も可能かなと思う、春菊の挿し穂でした。(ガラス越しに、日光が当たる室内で、与えたのは、水道の水だけ、そして、時々、水は交換でした)。
Syungiku200912131Syungiku200912211シュンギクの切り口を写したのは、11月25日。
シュンギクの根を写したのは、12月10日、12月13日、12月21日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山茶花の葉にいた、枯れ葉の様な虫(12月)

Sazanka200912292Sazanka200912291庭で、開き始めたサザンカの花を摘み、家の中に持ち込み、空き瓶の水に挿し、いざ、接写しようとした時に、気が付いたのは、枝葉に群がっていた、数ミリの大きさの、10匹ほどの、葉っぱの様な形の、枯れ葉色した虫でした。(指で潰そうとしても、潰れなかった虫。もちろん、写した後は、全て、ティッシュで拭き取った虫)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

ヒイラギナンテンの花とセイヨウタンポポの花

Hiiraginanten20091227Tanpopo20091228写したのは、自転車散策の通り道に見つけた、庭木からヒイラギナンテンの花と、何かないかなと、自宅の庭を見回し、見つけた一輪のセイヨウタンポポの花。(偶然は、二つ共に、黄色い花。でも、二つの中で、冬の花と言えるのは、ヒイラギナンテンの花だけですが)。
余談
写真は、1024*768の壁紙サイズで掲載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

江南市、音楽寺の北山杉、北山台杉

Kitayama_daisugi20091227 江南市、音楽寺の庭にある、北山杉、北山台杉。(音楽寺については、地図にリンク)。1024*768の壁紙サイズで掲載。
参考
京都、北山の杉について、北山台杉の歴史についても書かれていた、和田造園(島根県大田市)さんのHPにリンク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

ニホンスイセンの花の断面を見たくなったのは、花の接写から

Suisen200912141Suisen200912161Suisen200912241ニホンスイセンの花の接写に、スイセンの花の構造が知りたくなり、検索した結果、副花冠内部の上側と下側の側面に、オシベが、それぞれ三個ずつ張り付いている事を確認、そして、なんとか見たくなった、ニホンスイセンの花の断面でした。
(写真一枚目と二枚目の副花冠の色の違いは、使用したデジカメが異なる為です。また、二枚目の写真では、副花冠内部の上側に付く、三つのオシベの花粉嚢は、まだ、爆ぜていません)。
Suisen20091225Suisen200912251Suisen200912252スイセンの花が上手く、縦に切断できるのか心配でしたが、副花冠から子房まで、その適度な硬さに、上手く、、カッターナイフで切断できた、スイセンの花でした。
(写真1、3、4、5は、1024*768のサイズで掲載)。
花の構造の参考資料リンク
ミクロ探検20「スイセン」<-- アストロフォトクラブ(Astro Photo Club)
スイセン(ヒガンバナ科)<--小豆島観光総合協会小豆島ドットコム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

クリスマスの日の投稿は、歌手、山本あきさんのキャンペーン二箇所目の記事

歌手、山本あきさんの、二箇所目のキャンペーン会場のある場所へ、名鉄刈谷駅で降り、まず向かったのは、駅近くにある、バロー刈谷(みなくる刈谷)、そして、駅から通路伝いに、行ける場所だと知った、みなくる刈谷でした。(駅からの通路伝いの二階にある、まず、本の王国、刈谷店へ、まずは、お店の位置を下見)。
2箇所目の、新曲「愛がみえない]の歌唱キャンペーンに、まだ、二時間余りの時間待ちを、どうしようかと思い、近くに見えた、愛知県では有名な、コーヒー喫茶チェーンのコメダ珈琲店に入り、ケーキとコーヒーで時間待ちもした、刈谷行きでした。
Aki2009121922Aki2009121921山本あきさんのキャンペーン歌唱の後の、サイン会とツーショットでは、色紙のサインに、名前以外に書かれた、思わぬ一言の文字が、私の早いクリスマスプレゼントになった日に、そして、3月のすいとぴあ江南では、桜色のロングドレス姿は、諦めの写りだったので、リベンジも出来た、12月19日になりました。(あきさんの姿に、一箇所目との違いもあったキャンペーンでした)。
独り事
あきさんが話された「皇居一周を走る会」に、キングレコードの山本あきさんのHPを、ふと覗いたら、青梅マラソンを30キロ走る、マラソン関連記事2件がある事を知りました。(いつも見ているのは、HPも、山本あきさんの日記と写真の公式ページだったので、今頃になり、気がついた記事と写真でした)。
余談
Sora200912191Sora200912192時間待ちには、みなくる刈谷の屋外にある、灰皿近くで、江南では、もう雪は降っていないかな?と、見上げた空模様を、写したりもした日でした。(写した空は、1024*768のサイズで、PC用写真壁紙も用意)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

クリスマスイブの日の投稿は、歌手、山本あきさんのキャンペーン記事

今年は、もう、山本あきさんに、お会いできないな」と思っていた12月、そんな中、予想もしていなかった予定を、歌手、山本あきさんHPに見つけ、12月19日は、愛知県の書店での新曲「愛がみえない]の歌唱キャンペーンに、出かけ出かけて来ました。
当日は、江南市にも、初雪の降った中、傘を持ち、歩きとバスと電車で、出かけた私でした。
Aki2009121911Aki2009121912愛知県の本屋さん(夢屋書店:安城店、本の王国:刈谷店)の、2箇所のキャンペーンに回り、クリスマス近くの日に、あきさん笑顔と歌唱に出会え、私には、ちょっと早い、素敵なクリスマスプレゼントになった、あきさんのキャンペーンでした
余談
Densya200912191Densya200912192夢屋書店さんへ行く為に降りた駅、名鉄本線の新安城駅では、次の予定の場所に回る前に、時間も十分あり、駅への帰りと駅のプラットホームでは、電車撮影も楽しんだ日になりました。(写した電車は、1024*768のサイズで、PC用写真壁紙も用意)。
下書きが終わっている、書店、二箇所目のキャンペーン記事は、明日のクリスマスの日に、投稿予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

金柑、夏みかん、水仙

Kinkan20091223Natsumikan20091223Suisen20091223キンカンの実、ナツミカンの実、スイセンの花を、全て、サイズ1024*768のPC壁紙写真で掲載。
Suisen200912231Suisen200912232Suisen200912233Suisen200912234Suisen200912235Suisen200912236 Suisen200912237 うつむいて咲くスイセンの花は、そのまま受け入れて写した、悩んだすえの結果でした。(写した時間は、午前9時半過ぎで、まだ、朝露が残っていた時間、そして、デジカメは二種類を使用です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

歌手、山本あきさんのポスターと一緒に写した、本物のリラックマ着ぐるみ

Relaxuma20091219 歌手、山本あきさんのキャンペーンに出かけた、本の王国夢屋書店、安城店(愛知県では、大半の店舗名が夢屋書店)で、キャンペーン終了後に写したのは、山本あきさんのポスターと本物のリラックマ着ぐるみのツーショットでした。
そして、リラックマを検索しても、なかなか、同じ、大きなマスコットキャラクターのリラックマ着ぐるみが見られないと知った、本物のリラックマ着ぐるみでした。(通販サイトで、フードがリラックマの顔になっている、リラックマパジャマの着ぐるみは、沢山見る事が出来ました)。
また、幸運のリラックマとも思えた、今年最後にもお会いできた、あきさんの歌唱キャンペーンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

演歌歌手、多岐川舞子さんのキャンペーンに出かけた、12月5日

Maiko200912054Maiko200912055自転車で出かけるつもりだった、イオン木曽川キリオのキャンペーン会場。でも、雨の日に、名鉄バスと名鉄電車を乗り継いで出かけ、なんとか、キャンペーン開始の五分前ぐらい、辿り着いた、多岐川舞子さんの新曲「海峡たずね人」のキャンペーン歌唱でした。(いつも後方からしか写さないので、満足の写りは無かった木曽川キリオに、そして、初めて出かけた場所に、ちょっと気になったのは、多岐川舞子さんが歌唱中なのに、席の間をウロウロ、私語を交わされているような人がいて、ちょっと、ナニコレでした)。
Maiko200912051Maiko200912052Maiko200912053木曽川キリオは、初めてのキャンペーン会場と話された、いつもと変わらない、舞子さん。でも、色紙のサインを書いてもらう時に、サインの受付の人に、「苗字か名前」と確認された時には、連日の中部地区キャンペーンに、疲れられているのかな?と思ったりもした、木曽川キリオ行きになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月19日の立ち寄り先は、コメダ珈琲店

刈谷駅近くの、コメダコーヒーのお店では、歌手のキャンペーン歌唱待ちの時間潰しに、ホットコーヒーとケーキ。でも、まだ、一時間も余ってしまった立ち寄り先でした。
コーヒーだけでは時間が持たないと頼んだのは、店員さんの好きなケーキから、栗渋・・・を選び食べたのですが、いざ、記事を書こうと思ったら、食べたケーキの名前が思い出せず、コメダ珈琲店のHPでも探したけど、掲載されていなかった「栗渋・・・」でした。
珈琲所、コメダ珈琲店ホームページ
Match200912191Match200912192そして、何も写す事をしなかった、コメダ珈琲店に、立ち寄った証拠に、お店のマッチをもらって帰る事に。掲載は、そんな、自宅へ持ち帰ったマッチです。
気になるケーキの似た物探し
気になる「栗渋ケーキ?」の代わりに、「マロンケーキ」を検索し、見つけた名前「モンブラン」に、ページを覗いてみて、和栗モンブランの形に、こんな形のケーキだったとリンクも。
和栗モンブラン「四季の旬菓と和心スイーツ、玉華堂」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

12月19日は、今年冬の初雪になった日

Asa200912191Asa200912192Asa2009121932009年12月19日は、今年冬の初雪になった日に。そして、小雪の中、傘を持ち、出かけた、夢屋書店(愛知県安城市住吉町5丁目周辺の地図)と、本の王国(愛知県刈谷市若松町2丁目周辺の地図)のキャンペーンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

主役は、スイセンの緑か?、スイセンの花か?

Suisen200912141Suisen200912142写したスイセンに、
  主役は、スイセンの緑か?、スイセンの花か?、
でした。
Suisen200912161Suisen200912162そして、写真三枚目の、後姿の花ばかりですが、前を向いた花一つに、黄色の中の黒い一粒の点に、
  花の泣きボクロでいいか、
と思い掲載。
でも、サイズ、1024*768の、花壁紙で掲載のスイセンの花でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

ハゼの紅葉は、ハゼの朱色から

Haze20091206ハゼの紅葉は、ハゼの朱色の葉からに、ちょっと、記述と写真が遅くなってしまいましたが、龍神社(リンクは地図)の真向かいにある、雨壺池(力石もあり)のハゼの木の朱色の紅葉を掲載です。そして、そんな事を、忘れないようにと、ブログにメモした、自転車散策時の様子。(2009年12月6日の事)。
2004年3月13日に、龍神社、雨壷池を、尋ねた時は、葉も無く、気にもしなかった、樹木でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽先の唐揚げは、風来坊と北新地の鳥や(鳥屋)に

手羽先の唐揚げは、愛知県では、風来坊、大阪では、北新地の鳥や(鳥屋)。でも、江南市にあるのは、テイクアウト専門店の鳥や(鳥屋)
そんな事を、思い浮かべながら、鳥やさんの手羽先の唐揚げ購入して来て、こんな風に食べたいなと浮かんだ、アレンジ料理を、忘れないように並べメモでした。
手羽先おむすび
 (手羽むすびは、手羽の骨を取り除いて、ご飯の芯に)。
手羽先ひつまぶしごはん
 (同様に、ひつまぶしも、手羽の骨は取り除いて、ご飯と混ぜます)。
手羽先丼と手羽先ラーメン
 (手羽を置くだけ、手羽を沈めるだけ)。
北新地鳥や 株式会社トリプロ - HP
そして、自宅で、手羽先の唐揚げを美味しく作れないかと、検索は「手羽先の唐揚げは、低温と高温で、二度揚げ、レシピ」をキーワードに、ヒットしたページへのリンクでした。
大好き!鶏手羽先の唐揚の作り方 - [おかずレシピ]All About

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

キンカンの実を輪切りにして写す

Kinkan200912161 Kinkan200912162 Kinkan200912163 キンカンの実とキンカンの種子。そして、実の中に占める、種の割合も知りたくなり、実を輪切りでした。
余談
包丁で、実の中の種を切る時は、ちょっと恐かった、キンカンの実の輪切りになりました。
また、金柑の皮を砂糖で煮て、金柑ジャムの作りたくなった、庭の金柑の実の豊作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

蔓性植物、庭の南天に絡みついてた、植物は何?!!(植物名はシオデでした)

Tsurusei_syokubutsu20091031庭の南天に絡みついてた、初めて見るような蔓性植物に、黒い実がなっているのを確認(濃紺の様にも見えた実、10月31日の事)。一枚目の写真は、1024*768の壁紙サイズで掲載。
Tsurusei_syokubutsu200912131Tsurusei_syokubutsu2009121312月13日に、庭の中をうろうろして、忘れていた、南天に絡みついた蔓に、黒い実が房状に実っていた事を思い出し、その枯れた茎ごと、黒い実を採取。(実の房の様子は、色は別にして、ビナンカズラの実の房と似ている)。
そして、実を潰して見た色は、潰した実の内側の淡い緑と、ブドウ色の果汁とブドウ色の種でした。(紫色の果汁と紫色の種、一つの実に、一つの種)。
そして、思い付く文字を、キーワードに、検索もしましたけど、なんだかよく分からない蔓性植物になり、また、花に出会う事があったらと、とりあえず、ブログに、状況を記録でした。
ノブドウに似た蔓性植物に、ヤマブドウ、エビヅルという文字も見つけたけど、実の付き方が違う様子に、結局、確認は出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

日本水仙の花

Nihon_suisen200912141Nihon_suisen200912142日本水仙の花に、その名前から、花の芯を、黄色から赤色に変えたいと思う水仙の花。目の前ではないけど、自宅前、隣の畑に咲いているのに、気が付いた日本水仙(日本水仙)でした。そして、気が付くのが遅すぎたぐらいのスイセンの花です。
(サイズ、1024*768の花壁紙写真で掲載)。
余談
何時も同じ事を書きますけど、スイセンと言えば、演歌歌手、大月みやこさんの歌が浮かぶ、そして、歌いたくなる「水仙」の歌でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

特用燐寸、クミアイマッチ

Match20091129今は、介護施設に入所している母親が、仕舞い込んでいたマッチ箱の入ったプラケースから見つけ出したのは、全購連、特選品と書かれた、10個入りのくみあいマッチ。そして、包みを広げて、中の小箱に、懐かしさもあり写した、クミアイマッチでした。(11月29日の事)。
そして、今では、特用燐寸(とくようまっち)の大箱が、民族資料として、掲載されている事も知った「クミアイマッチ」でした
余談
半世紀前の頃は、マッチで新聞紙に火をつけ、竈の火おこし、風呂の火おこし、枯れ草焼き、落ち葉焼き、枯れ木焼きと、愛着のあるクミアイマッチでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剥き身の牡蠣で作る、牡蠣の酒蒸し

Kaki20091125牡蠣殻付きの牡蠣の酒蒸しは、よく記事でもみるけど、私は、スーパーの袋詰の剥き身の牡蠣で作る、牡蠣の酒蒸しでした。鍋物なら、一袋を使うのですが、生食用なら、半分を酢牡蛎で、半分を牡蠣の酒蒸しか、牡蠣のホイール蒸しと、一つ食べ方が増えた一品でした。(11月25日の事)。
余談
レンジで温めなおしたので、爆ぜた牡蠣もあるようですが、見た目は、気にならない一品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギョウザ餡饅、ギョウザの皮と小豆餡で作る饅頭

Anman200911231ギョウザの皮で、小豆餡を包んで蒸した、小豆入りギョウザ饅頭、そして、なんと名づけようかのギョウザ餡饅です。天心に、小豆粒餡のシュウマイはあったような、そんな気がして、作った、ギョウザ皮餡饅。
・冷めて硬くなった、ギョウザ餡饅の食感を楽しむ
Anman200911233・ギョウザ餡饅に、湯を注いで、レンジで温め、饅頭を崩して、携帯汁粉ではないですが、ギョウザの皮入りの善哉にして楽しむ。(一人前は、饅頭を二個使う善哉)。
お薦めは?ですが、お遊びの一品でした。
Anman200911232・ただし、温かい、ギョウザの皮の饅頭は、甘すぎるので、もう一工夫が欲しい一品でした。
そして、使う材料は、井村屋、ゆであずき缶と市販のギョウザの皮。そして、蒸すだけ調理です。(11月23日の事)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

2009年の江南友の会、寒ぶりツアー

Minato_no_asa200912081Minato_no_asa200912082Minato_no_asa200912083Minato_no_asa200912084Minato_no_asa200912085Minato_no_asa2009120862009年の江南友の会、寒ぶりツアーで印象的だった事は、ホテル福寿荘の部屋からの眺めに見た、そして、写した、港の朝焼け、空の朝焼け、海の朝焼けでした。(サイズ、1024*768の壁紙写真で掲載)。
余談ですが、ガイドさんと話した時には、名前が浮かばなかったのですが、ドラゴンズパックの1号車に同乗の女性バスガイドさんが、見る角度によって、芸能人の原千晶さん似に見えた事でした。(名鉄観光バス、春日井、一号車)。
余談ついでは、原千晶さんの記事を探し、写真があった三件をリンク。
高柳恭子ブログ-原千晶さん♪
わかさWeb-正聞正動-原千晶さん-わかさ生活。
原千晶さん-SPECIAL INTERVIEW-hi-ho学び。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

奈良の花の寺、長谷寺では、寒牡丹の場所探しに歩き回り

Kanbotan200912082 Kanbotan200912081奈良の花の寺、長谷寺では、寒牡丹の場所探しに歩き回り、バスの出発時刻に五分ほど遅れる事になりましたが、一重の赤い寒牡丹と八重のピンクの寒牡丹を、写す事が出来た散策でした。(ピンクの寒牡丹は、1024*768の壁紙サイズで掲載)。
Hasedera200912081長谷寺へのバスの旅では、寒牡丹の花の様子は、下調べはしていたけど、寒牡丹の存在場所までは、確認していなかったので、寒牡丹探しに、お坊さんに場所を聞いたりと歩き回った、散策になりました。(1024*768で掲載した、三枚目の写真で、石畳の道を右に行くと、寒牡丹の花にあえました。また、写真の中に小さく写っているのは、バスツアー担当の女性バスガイドさん二人です)。
余談
演歌歌手、椎名佐千子さんの新曲「赤い寒ぼたん」の歌に、写したくなった赤い寒牡丹の花でしたが、偶然、冬のバスツアーに、奈良の長谷寺が組み込まれていて、見る事が出来た、赤い寒ぼたんの花でした。
Hasedera200912082Hasedera200912083Hasedera200912084Hasedera200912085Hasedera200912086Hasedera200912087Hasedera200912088Hasedera200912089ここからは、寒牡丹探しで、足の疲れも感じずに、長谷寺境内を歩き回った時に、写した風景。でも、写真を見ていて、何処をどう歩いて、寒牡丹のある場所にたどり着いたのか、分からない撮影結果になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

江南市から、新酒祭と新嘗祭

Kunpeki200912063 Kunpeki200912062 Kunpeki200912061 江南市の酒蔵「勲碧」新酒祭り、新酒試飲会の帰りに、
Minamiyama_shinmei_jinjja200912061Minamiyama_shinmei_jinjja200912062Minamiyama_shinmei_jinjja200912063Minamiyama_shinmei_jinjja200912064Minamiyama_shinmei_jinjja200912065Minamiyama_shinmei_jinjja200912066酒蔵近くの神社の一の鳥居にノボリが上がっている事に気がつき、ふと、神社の境内へ足が向き、江南市の南山神明神社で、新嘗祭の奉納の舞に、巫女さん舞の練習中を目にする事もあった12月6日になりました。(聞きたいラジオ番組に、新嘗祭での、本番の巫女さんの舞は、見られず帰路に)。
神社でお聞きした「新嘗祭」の神社の年間祭礼の言葉からは、文字が浮かばず、「にいなめさい かんなめさい」を検索して、茅ヶ崎のページ、11月新嘗祭で知った、神嘗祭(かんなめさい)、新嘗祭(にいなめさい)の漢字と行事の違いでした。
Shinmeisya200912061Shinmeisya200912062また、もう一つの神明社のかかわりと、生駒家と今回ブラシノキの花を写した、久昌寺の結びつきも再確認の自転車散策にもなりました。(南山神明神社は外宮、神明社は内宮拝殿から桜の花が楽しめるのが内宮の神明社は、リンク先、「桜巡り・花巡り・歌巡り&笑顔巡り・社寺巡り(花壁紙)(樹木の四季)」中盤あたりに掲載です)。
Kyuusyouji200912061Burashinoki200912061Burashinoki200912062久昌寺で見た、そして、写した、ブラシノキの花(ブラシの木の花、カリステモンの花)の写真二枚は、1024*768の壁紙サイズで掲載です
余談
茅ヶ崎のページへのリンクに、茅ヶ崎って、演歌歌手、小桜舞子さんの出身地でなかったかなと、再確認もした検索に。(リンクは「母娘じょんがら」のPV試聴へ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写したのは、八重の皇帝ダリアと一重の皇帝ダリア

Kouteidaria200912061Kouteidaria200912062日当たりのよい場所に、花数が増えてき八重の皇帝ダリアと、午後にしか光が当たらない場所に、開き始めた一重の皇帝ダリア。咲き始めた、一重のコウテイダリアでは、緑のワンポイントに、蕾の色でした。(写したのは、12月6日の事。どちらも、1024*768の壁紙サイズで掲載)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜘蛛の糸を写すなら、霧の日の朝

Jyorougumo20091206Kiri_no_asa20091206今頃気づなんて、遅すぎた話ですが、蜘蛛の糸を写すなら、霧の日の朝と思った、そして、遠くで見ると、水玉で太くなっている事を知った、ジョロウグモ(女郎蜘蛛)の雌の居る蜘蛛の巣でした。(12月6日の朝の事)。
水玉の鎖で捕らえられたような、ジョロウグモの姿は、1024*768の壁紙サイズで掲載ですが、蜘蛛嫌いの人のパソコンに、無断で貼り付けるなど、悪意ある使い方はしない様に、お願いします。(そんな写真を掲載するなと言われるかもしれませんが、私にとっては、「霧の朝に知った、蜘蛛の巣の撮影日和」と、自然観察の記録の一つなので、お許しください。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

名鉄本線、新木曽川駅にて

Densya200912054 Densya200912053 Densya200912052 Densya200912051木曽川キリオからの帰り、帰りを急ぐ必要も無いので、黒田駅から新木曽川駅まで、電車を写しながら、のんびり30分ほど歩き、運良く、新木曽川駅の踏み切りで、電車がホームに出入りする様子に、ここもいいなと思いながら、写していた、12月5日、午後五時前の時間でした。
Densya200912055 おまけは、駅のホームで写した、連結部が異なる車両の、ちょっと気になるアングルでした。(電車を人に例えたら)。
(五枚の写真は、1024*768の壁紙サイズで掲載)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

皇帝ダリア、八重咲きの中の一重咲き

Kouteidaria200912041 Kouteidaria200912042 Kouteidaria200912043 八重咲き皇帝ダリアの株の中に、八重咲きに混ざって開き始めた、八重の痕跡が少し残る、低い位置に開き始めた、一重咲きに、早速、接写でした。(二つ見つけた、一重咲きの様な花でしたが、一箇所は、背が高い位置で、まだ、開く途中の雰囲気だけ花になりました。また、まだ、八重と一重が、一緒に写せる所に花がありませんので、この株の今後に期待です)。
Kouteidaria200912044Kouteidaria200912045写真の4枚目は、12月4日が咲き始めとなる八重咲き皇帝ダリア、写真の5枚目は、12月1日が咲き始めの八重咲き皇帝ダリア。(雨の日が一日ありましたが、花の写し時の確認に、経過日数が分かればと記録)。
ほぼ全景を写した写真以外は、1024*768の壁紙写真サイズで、花壁紙を用意です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

長良川SA 早めの給油で安全運転!

Koumyouji200911281Moji20091128自転車散策で、以前から、気になっている、気にしている物体は、写した、東海北陸自動車道横にあるコンクリートの四本の柱。そして、写した高速道路脇の柱に、書かれた、掲げられた「長良川SA 早めの給油で安全運転!」の文字も見つけた光景の撮影になりました。(ナニコレ珍百系ではないですが、愛知県一宮市光明寺の光明寺公園近くで、いつでも見られる風景です)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

満月と皇帝ダリア(八重咲き皇帝ダリア)

Moon200912021Moon200912022Kouteidaria200912021Kouteidaria200912022Kouteidaria200912023Moon200912023Moon200912024満月と皇帝ダリア(八重咲き皇帝ダリア、菊咲き皇帝ダリア)

写真1枚目、満月を1024*768近くで切り出し縮小。
写真2枚目、満月をオリジナルのまま、1024*768で縮小。
写真3枚目からの満月は、ピンボケですが、オリジナルのまま、1024*768で縮小。
(午後6時頃の撮影。全て、1024*768の壁紙サイズで掲載。そして、「12月2日の誕生日の満月で遊ぶ」でした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八重咲き皇帝ダリアの花と月(Moon)

Kouteidaria200912017Kouteidaria200912018Kouteidaria200912019満月前日の12月1日、日暮れ前に上がる丸い月を、皇帝ダリアの飾りに、風で揺れる八重咲き皇帝ダリアの花と月(Moon)を、連射で収め、ピントの甘い写りからピックアップ。なので、風情だけでも楽しんでと掲載です。(1024*768の壁紙写真サイズで掲載)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

皇帝ダリア、八重咲き皇帝ダリア、菊咲き皇帝ダリア

Kouteidaria200912011Kouteidaria200912012Kouteidaria200912013Kouteidaria200912014Kouteidaria200912015Kouteidaria200912016皇帝ダリアの八重咲き皇帝ダリアの名前に、菊咲き皇帝ダリアの名前の方がいいのではと思った、始めて見た、八重咲きコウテイダリアの花でした。(すく近くなので写したのは、午前中と午後の二回。後半三枚は、サイズ1024*768の壁紙写真で掲載)。
Kouteidaria20091123Kouteidaria20091130おまけは、この頃、あちこちで、よく見かける、コウテイダリアの花も掲載です。そして、どちらも、木立ちダリア(木立性ダリア)の花でした。そして、前日の満月近くの夜に、フラッショを焚くかどうか迷った時の写りもおまけに、掲載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »