« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

木曽川近く、筏川の風景と鍋田川の風景

弥富駅で、電車を下り、親戚のあった場所へ歩いたのが半世紀ぶりの記憶に、写したのは、木曽川近く、筏川の風景と鍋田川の風景でした。
Fuukei201003281Fuukei201003282筏川の風景は、住宅地を二つに分断して流れる、中洲の北側の流れ(愛知県弥富市前ケ須町の地図)と
Fuukei201003283Fuukei201003284公園のある、中州の南側の流れ(愛知県弥富市中山町の地図)を撮影、

Fuukei201003285Fuukei201003286鍋田川(三重県桑名郡木曽岬町大字新加路戸の地図)を見た時は、鍋田川が川なのかどうか分からない、木曽川方向の風景でした。
Kui20100328また、見つけて写した、三重県の境界杭に、何故こんな所にと思ったのですが、道筋を間違えれば、当然かと思った、4月9日に、弟と地図を見て知った、親戚のあった場所が違う事でした。
4月9日誤記訂正
親戚の家だと思っていたけど、親戚の家は、道筋が違い、もっと先にあることを知った、4月9日の弟との雑談話でした。なので、本文の誤記を訂正でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水上バイクのアクロバット演技?

三重県木曽岬町加路戸散策で、伊勢湾台風記念碑のある公園に、立ち寄る事にしていたので、見る事が出来た、木曽川での、水上バイクのアクロバット演技でした。(3月28日の事)。
Engi20100328ほんとは、先を急がなければ、もっと近くへ行って、粘って写していたけど、水上バイク演技と思われる様子も、一枚写せた気がしたので、まあいいかで、撮影を打ち切った、水上バイクのアクロバット演技でした。(最初に見た時は、事故かと思ったのでしたが)。
そして、偶然、写せた、この写真でした。ただ、距離が遠かったので、切り出しても、雰囲気だけになっていて、写真加工で、1024*768のサイズで、掲載でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

2010年3月30日、午前一時過ぎの満月と黒猫

2010年3月30日、午前一時過ぎの満月と黒猫
Moon201003301Kuroneko20100328生憎の天気予報に、今日の日没後の満月が写せるかが心配で、まずは、日の出前に写し事にした、3月30日の満月でした。
そして、おまけになりますが、28日の日曜日に、鍋田川温泉に出かける機会に、近くにあるのでと、立ち寄った先は、思い違いをした場所でした。
そして、父方の親戚で、叔母さんの嫁ぎ先の近くを、散策時に、どこかの家の庭先で見た黒猫も、「満月と黒猫」の文字の響きが良くて、ここに掲載でした。(父親も叔母さんも既になくなっていますが)。
Syokudai20100328余談ばかりですが、木曽岬町加路戸散策では、伊勢湾台風災害復旧竣工記念碑のある公園にも立ち寄り、伊勢湾台風が、昭和34年9月26日の到来だった事、もう、50年にもなるのかと思い、昔の事を思い出したりでした訪問になりました。(写した公園の建物は、蜀台と蝋燭の様にも思えた姿でした)。
4月9日、誤記訂正
親戚の家だと思っていたけど、親戚の家は、道筋が違い、もっと先にあることを知った、4月9日の弟との雑談話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄な粉昆布茶漬け

Kinako_konbu_chazuke20100328黄な粉昆布茶漬け
ご飯の上に、刻み昆布の佃煮を適量のせ、
次に、砂糖を含まない、黄な粉だけをふり掛け、
お湯を適量注ぐだけの、手間なし、ご飯の食べ方の紹介です。
そして、意外と、これはいいと思う、
  自己満足の簡単な食べ方でした

そして、お湯は注がなくても、美味しく食べられる、黄な粉昆布ご飯です
(茶漬けとしましたが、ポットのお湯を注ぐだけの食べ方です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大アサリのキャベツバター蒸し

大アサリのキャベツバター蒸し
Ooasarimushi20100327大アサリは、身を殻から外し、むき身を刻んで、
アルミ箔に、キャベツを敷き、バター、塩コショウで、味を調え、
後は、アルミ箔で包んで、
ガス代のオーブンで焼くだけの蒸し焼き料理です。
写真は、大アサリを二個使った時の出来上がりです。
  もっと、キャベツの量が、多くてもいいと思った時でした

これは、大アサリ単品の焼き味に飽きた時に、お薦めの一品です。
余談

アサリの蒸し焼きの様に、貝殻は使わないので、かさばる事も無く、食べる一手間もいらない、大アサリが安く手に入る時の、キャベツも沢山楽しめる一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組み合わせ料理をメモ

Kyabetsmushi20100329豚肉生姜焼きのキャベツ蒸し料理
豚肉の生姜焼きを、生キャベツの調味料代わりに使う、ちょっとアレンジの電子レンジ蒸しの一品です
まずは、豚肉の生姜焼きを作り、
次に、ぶつ切りキャベツを、大皿(カレー皿)に盛り、
その上に、作った、豚肉の生姜焼きをのせ、ラップをして、
キャベツの量によりますが、
  電子レンジを温めモードで、待つ事、三分ほど。
キャベツに味が付き過ぎる様なら、
  電子レンジの時間を短くすればいいだけの蒸し料理です。
掲載写真の半分の豚肉の生姜焼きの量で、
  十分にキャベツも、沢山食べられ、ヘルシーな一品です。
とにかく、料理と、言い張った物勝ちの、レシピなし、簡単調理の紹介でした
注意、くれぐれも、キャベツを、細切りにしたりしないで下さい。味が通り過ぎますので、キャベツが美味しくありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

各務原市、河跡湖公園で写した、川鵜の雄と雌

Kawau201003271Kawau201003272Kawau201003273Kawau201003274地上にいたり樹上だったり、木の枝の上だったりした、川鵜の動画撮影も楽しんだ、各務原市、河跡湖公園の川鵜。リンクは動画に。地上のカワウは、ペットにしたくなる様な姿でした。また、木の枝の上のカワウは、足が皮手袋をした様でした。そして、横たわる木の上にいたカワウの正面姿には、「おまえは、黒いペンギンか?」でした。
Kawau201003275Kawau201003276Kawau201003277最後は、川鵜の雄と雌にも会え、特徴も写せた川鵜に、川鵜マニアになりそうになりました。
写真は、全て、1024*768の壁紙サイズ。最後の一枚の組み写真は、川鵜の雌雄の違いが、一目で分かる様に、特徴の目の周囲の黄色いを掲載です、また、雄はモヒカン頭のタテガミが、特徴かと思ったけど、水に濡れたらどうなるかまでは、確認しなかった、婚姻色で、首のあたりが繁殖羽の白に変っている、初春の川鵜でした。でも、見る位置によっては、首周りの白しか目立たない雄です。
ただ、地上の川鵜の静止画は、写す機会は逃した、川鵜に近づきながら、逃げない距離を取りながらの動画撮影でした。(逃げられる前の動画撮影を残し、後は、全て消した、地上にいる川鵜でした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

2羽のカワセミ、雌雄のカワセミ

Kawasemi20100327オスのカワセミが獲物を咥え、これでもかと、止めを刺す様子を、隣りで見ているのは、カワセミのメス。そんな様子は、雄が、力強さを、雌にアピールしている様にも見えた、動画撮影でした)。
求愛行動か分かりませんが、2羽のカワセミ、雌雄のカワセミの様子に、動画と静止画で写したのですが、前方の木々の枝に邪魔され、雰囲気だけの動画と写真の写りになり、
次に、こんな機会があるのかな?、と思うと、残念でなりませんでした。
そして、揺れる動画撮影の結果に、折角、三脚を持って出かけたのに、三脚を自転車に置いたままの散策に、大反省でした
追加掲載と追記
Kawasemi201003272_2ピンボケ写真の追加掲載は、雰囲気だけでもと思い、解説付きにしました。
飛び去ったカワセミの雌でしたが、近くの別の枝に止まった逃げた雌に、アピールを続ける、魚を咥えた、カワセミの雄でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

演歌歌手、竹川美子さんのステージ姿が見たくて出かけた、尾張温泉

Takegawa_miko_201003183 Takegawa_miko_201003182演歌歌手、竹川美子さんのステージ姿が見たくて出かけた、尾張温泉東海センター、「花の歌謡まつり」のラジオ公開録音の歌謡ショーでした。(竹川美子さんのHPには、新曲「雪の十日町」の試聴もあり)。
新曲「雪の十日町」も気に入り、出かけた、尾張温泉東海センターでは、歌唱後の即売会では、「雪の十日町」のシングルCDとアルバムCDを購入。
そして、美子さんのアルバムCDには、大月みやこさんの「白い海峡」を見つけ、ステージで、美子さんに歌って欲しかったと思った、アルバムにあった、美子さんの「白い海峡」の歌でした
竹川美子さんの歌謡ショーで聞いた、美子さんの本名に、母親と同じ読みだったので、サイン色紙には、「同じ読みの、若い子も頑張っているから、おふくろも、しっかりしろよ」との思いで、介護施設に入所している母親名でも、書いてもらったりした色紙でした。
Takegawa_miko_201003181また、運良く、CD店の方から、ポスターも頂け、美子さんの、忙しいスケージュールの中で、サインも頂く事が出来、幸運な、尾張温泉東海センターに出かけた日になりました。(後で思った事ですが、アルバムに、「白い海峡」を収録する事になった、キッカケが知りたくなりました)。
余談
尾張温泉東海センターの歌謡ショー、花の歌謡まつりに出かけると、いつも、呑む食べるは、瓶ビール二本とたこ焼き12個入りなのですが、3月18日は、目にとまった、燗酒に、昼に、燗酒も一本む事にした、酒、ビール、たこ焼きの昼食でした。(温泉は入らないけど、飲む食べるでは、お店の売上にも、ちょっぴり貢献のつもりです)。
また、知人と合計三人での予定が、この日は、予定の変更で、独り酒になってしまいました。
追記
記事を書いてから、リンクを確認したら、美子さんの日記に、竹川美子さんと山口かおるさんのツーショットを見つけ、また、少し前でしたが、舞子さんの日記には、小桜舞子さんと竹川美子さんのツーショットを見つけたりしていたので、ここに、リンクを追記です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

黄砂ニュースの朝に写した太陽

Taiyo20100321神社の掃除当番の朝、神社への行き返りに見た、雲の陰にいる太陽に、これは写し時と、動画撮影もした、太陽の丸いシルエットでした。
そして、後のニュースで知った、黄砂情報でしたが、私には、黄砂を感じられなかった、雲の中の太陽でした。また、3月21日に、掃除当番がなければ、気が付かなかった、太陽の姿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

ヒガンザクラ、エドヒガンザクラ、コヒガンザクラ、ウスズミザクラ

Higanzakura20100320Higanzakura201003202Edohiganzakura20100320Kohiganzakura20100320歩いて出かけ見られる、並木に咲く桜、ヒガンザクラの花、エドヒガンザクラの花(ウスズミザクラの花)、コヒガンザクラの花に、花の大きさは同じ程度で、コヒガンザクラの花色が、ヒガンザクラの花色とエドヒガンザクラの花色の中間色と感じた、桜の花の様子でした。
(開き始めた花を、どの時点で写すか、どの時点で見るかで、花色は変わりますが、同じ日に、ほぼ、満開に近い、三種の桜の木全体を眺め、感じた事を記述です。最初の2枚は、ヒガンザクラ。写真掲載は、1024*768のサイズで、花壁紙写真で用意しました)。
追記
改めて、花の様子を比較して見た結果に、花粉が黄色い時点の花で比較したくなった、三種の桜の様子でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

食材の春菊の挿し穂から始めた観察ですが、やっと花が咲きました

Syungiku20100322春菊が好き」と歌手の日記に見た事が、きっかけの春菊の観察でしたが、春になり温かくなった事もあり、そんな、春菊に黄色い花が咲きました。(春菊の花の時期を知らなかったけど、一つ 賢くなった、春菊の観察でした。
Syungiku20100320Syungiku20100321春菊の開き始めた黄色い蕾(3月20日)と春菊の開く途中の花(3月21日)の様子も追加。掲載写真は、サイズ1024*768で、春菊花壁紙を用意。
検索タグ
春菊の花、シュンギクの花、黄色の花、オレンジ色の花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメコブシの花、シデコブシの花

Himekobushi20100314各務原市、河跡湖公園で見た、ヒメコブシの花(シデコブシの花)に、人出が少ない場所に、ヒメコブシの木を植えると、花弁は、野鳥の餌になってしまうと思う、花を接写した、一週間後の光景に、無残な様子を目にした、カワセミを尋ねた散策になりました。(ヒメコブシの花が食べられてしまっても、木が枯れる心配はないのですが、また、無残な様子は、わざわざ写しはしませんでしたが)。
Kawasemi20100320カワセミの写真は、「見たよ」程度の写りで、出かける度に見かけるカワセミですが、持っているデジカメでは、よほどの機会が無いと、気に入る写真は写せそうにありません。
余談
花の写真は、1024*768の壁紙写真サイズで掲載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

2010年3月前半のサクラ巡り、カワヅザクラ、カンヒザクラ、ヒガンザクラ

カワヅザクラ、カンヒザクラの蕾の追っかけから始まった(水屋前公園)、2010年の小さな植栽のサクラ巡りは、2010年3月前半で、まずは、一区切りとなり、カワヅザクラの花、カンヒザクラの花、ヒガンザクラの花の接写になりました。
Kawazuzakura201003141Kawazuzakura201003142Kawazuzakura201003143カワヅザクラの花。(咲いたばかりの花は、桜色が強く、その後は、白くなる知った、カワヅザクラの花です)。
Kanhizakura201003141Kanhizakura201003142Kanhizakura201003143カンヒザクラの花。(ロート咲きの花の形に、写し難いと知った、カンヒザクラの花でした)。
Higanzakura201003141Higanzakura201003142Higanzakura201003143ヒガンザクラの花?。(咲いたばかりの花は、桜色から、その後は、真っ白になる事を知った、ザクラの花。尾張広域緑道を通る中で、偶然見た桜の若木)。
全て、1024*768の壁紙写真サイズで掲載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

庭から、アケビの花の蕾、ムベの芽吹き姿

Akebi20100317演歌歌手、小桜舞子さんが写し掲載された、アケビの蕾と花の様子に、住む地域の違いを紹介と、私も、庭にあるアケビの様子を、写して掲載でした。(小桜舞子さんが写真掲載されなかったら、私も、掲載しなかったと思う、愛知県江南市での、アケビの様子でした)
Mube20100317また、自宅には、どちらも、放置状態ですが、アケビの隣りに、ムベも植えているので、おまけに、ムベの今の様子も掲載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

お気に入りの椿の花を写しに

Tsubaki201003131Tsubaki201003132花弁の傷みが気になる、2種の椿の花に、写し時の花を探し、写した、ツバキの花は、開きかけた花
Tsubaki201003133そして、気になる、白いツバキの花の中の様子でしたが、背伸びをしたら、見えないファインダーと液晶に、運任せで、デジカメのピント合わせ、AUTOに期待して、シャッターを切り、そのオシベの写りに、ふと浮かんだ事柄、「花粉の無いツバキの花」を検索でした。
そして、ピンボケでしたが、黄色い花粉も見られそうに無い、この白いツバキは、開ききっても、花弁はロート状と知った、ワビスケツバキ(侘助椿)の文字と、シロワビスケ(白侘助)の文字でした。
(ツバキの花三枚の掲載は、1024*768の壁紙写真サイズ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

鯉の行動観察(各務原市、河跡湖公園にて)

コイ(鯉)の行動観察は、カワセミの登場待ちの暇つぶしに、写す余裕は無かった、鯉のジャンプ。でも、次の機会の為に、鯉の行動をメモです
Koi201003141Koi201003142河跡湖で目にした、コイの行動は、体を砂にこすり付け、二度と見られませんでしたが、後で思えば、寄生虫を、こすり落とすような動作を、四回ほど繰り返した後に、一回ジャンプした鯉でした。(各務原市、河跡湖公園にて、ピンボケの様な鯉の写真ですが、2枚の掲載は、1024*768の壁紙写真サイズです)。
検索タグ、カワセミ登場待ち、鯉のジャンプ待ち、鯉が砂で体を洗う。
余談
午前中は、小牧市、水屋前公園で、河津桜、寒緋桜を写し、昼は、自宅に戻り、NHKのど自慢で、ゲスト、演歌歌手、多岐川舞子さんの歌と様子を楽しみ、その後、河跡湖公園に、近くで、まだ、見てなかった、寒緋桜を確認し、カワセミも見る事を、楽しみで出かけた公園でした。
Kawasemi20100314カワセミの姿は、確認程度になりましたが、歌手、山本あきさん司会のラジオ番組、王様の宝石箱の始まる時間に帰る予定だったので、鯉の観察も、一回のジャンプを見ただけで、打ち切った河跡湖になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

落ちたツバキの花を裏返し、花の姿に見た、オシベのドレスアップ

Tsubaki20100305Tsubaki20100306Tsubaki20100307自然観察は、テーブルの一枝のツバキ。(掲載は、全て、1024*768の壁紙写真サイズ)。
Tsubaki20100309Tsubaki201003092Tsubaki201003093 花瓶で咲いた、ツバキの花を、日々眺めて、翌々日には、裏返しに落ちてしまった花。そんな、ツバキの花をひっくり返し写したりと、花色の様子を観察に、ふと浮かんだ一言は、「オシベのドレスアップ姿」の文字でした。(一つ目の花は、花弁が12枚。二つ目の花は、花弁が14枚で、その内、二枚が、室内で風も無いので、まだ、落ちずに残っています)。
Tsubaki20100311Tsubaki20100312また、テーブルに散った、椿の花の朽ちかけた様子も、観察ですが、その姿に、水受け皿に、浮かべておいたら、どの位元気な姿を楽しめたかと、ちょっと反省の花の観察です。(散った花の化粧水は、ミネラルウオーターがいいかな?)。
独り事
落ちた椿の花を見て、椿の花は、落ちた衝撃で、花弁の中央を除き、花弁がバラバラになると思った、花の姿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

庭のお気に入りから、ピンク色のツバキの花を接写

Tsubaki201003022 Tsubaki201003021Tsubaki201003023 Tsubaki201003024 Tsubaki201003025 ピンク色のツバキの花を接写したのは、庭の椿の一枝を、花が風で揺れないようにと切り取り、花瓶(正確には、コーヒーの空き瓶)に挿して接写でした。(1024*768の壁紙写真サイズで掲載)。
また、どんな品種名かな?と検索して、「八重咲きと底白」の文字が、ピッタリと思った椿の花でした。(品種名は、一致に、自信が無いので書きませんけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

干し山ぶどうの超簡単レシピ

前回購入した時は、何も浮かばず、ウイスキーの肴に、干し山葡萄だけを食べていたのですが、今回頂いた、干し山葡萄に、そういえば、レーズントーストが・・・と、やっと浮かんだ、干し山葡萄の使い道に、試してみたのは、面倒な、パン作りではなく(パンは作った事が無い)、もっと簡単な、干しやまぶどうの食べ方・楽しみ方でした。
干し山ぶどうの超簡単レシピ
Tabemono2010022701Tabemono2010022702・干し山ぶどうを、小鍋で、お米と一緒に炊き、干し山ぶどうの炊きご飯、レーズン炊き込みご飯にする。(写真は、炊き上がったけど、混ぜる前の炊き込みご飯。炊飯器でもかまいませんが、おこげも楽しみたいので、小鍋炊きです)。
Tabemono201002282レーズン炊き込みご飯は、単品では、甘すぎる気がしたので、塩胡麻をふりかけたかったけど、無くて、炒り胡麻に、紫蘇ふりかけをかけ、食べた、赤飯の様な一品になりました。
Tabemono201002271Tabemono201002272・干し山ぶどうとチョコレートを、チョコレートを溶かして、干しぶどうを入れ、レーズンチョコにするではなく、
 チョコとぶどうを合わせる材料に、夏みかん果汁とバーボンウイスキーを使い、電子レンジで、全材料を温めチョコを溶かし、山ぶどうを混ぜ、ウイスキーと夏みかんの苦味も楽しめる、トーストに塗る、ぶどうチョコ、レーズンチョコにする。(写真は混ぜる前。出来上がったのは、レーズン入りチョコクリームです)。
そして、四食分作り、作り置きにもなった、干し葡萄の炊き込みご飯に、昔食べた気がする記憶に、レーズンカレーを思い出し、
Tabemono20100228皿の半分に、干し葡萄の炊き込みご飯を盛り、残りの半分に、インスタントの温めるだけカレーを盛り、一緒に電子レンジで温め直すだけの、レーズンカレーで食べる。(写真のカレーは、自宅の作り置き。レーズンカレーは、レーズンご飯だけを食べるも良し、カレーと混ぜ食べるも良しの、お薦めの食べ方は、簡単レーズンカレーレシピと言った方がいい一品です)。
そして、簡単すぎて、レシピにもならない、干し山ぶどうの食べた方、干し山葡萄の楽しみ方でした。
また、作り置きの丼の、キンカンジャムも残り少なくなり、浮かんだのは、
Tabemono20100308水分たっぷりのレーズンチョコクリームと金柑ジャムを、混ぜ、金柑レーズンチョコクリームにする。(写真は、温め直した時点です。また、トースト用のチョコクリームです)。
小皿に、金柑ジャムとレーズンチョコを半分ずつ入れ、電子レンジで温め直し、混ぜるだけのチョコクリーム作りです。
独り事
自宅で簡単に楽しめる、レーズンカレーに、次に、干し山葡萄に出会う機会が楽しみになりました。
余談
中身の無いページからの、この記事へのトラックバックに、出入り禁止にしたトラックバックでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

3月3日、桃の節句、ひなまつり

Moon20100303趣味の一つは、折々に写す、月の姿。今回は、3月3日も、午前二時過ぎに写せた月でした。(月が見えていればの話ですが)。
2010年3月3日、桃の節句、ひなまつりの日に見られた月「Moon」)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンボケ写真の写真加工

何か使い道はないかと、趣味は、ピンボケ写真の写真加工。綺麗に見せるための加工じゃなく、絵画風に見せるための加工。
Mejiro20100306今回は、ピンボケの写りだった、桜にメジロがいた写真を加工でした。(サイズ1024*768で掲載)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

神社の阿吽の狛犬六体、偶然違った、耳の形

Komainu20100228狛犬の表情の違いが分かるように、狛犬の顔の写真6枚を、サイズ1024*768の壁紙写真サイズに並べてみました。特に、変わった形の狛犬では有りませんが、並べてみた結果に、狛犬の表情を写す事が癖になりそうな、写した結果でした
自転車で、目的地に向かう途中、神社に立ち寄ったりして、写した阿吽の狛犬。偶然、耳の形が異なる、狛犬を、阿吽の3対で写していた、散策途中と目的地の梅林散策でした。
おまけ
Cross_frame_waku6_340_255Cross_frame_waku9_340_255写真サイズ、340*255のサイズで、写真が並べやすい様に作った、6枚用と9枚用のフレームも、折角なので、1024*768のまま、組写真素材として掲載。(6枚用は、必要に応じ、ネガに変更してお使いください)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

写真の電車は、JR高山本線、特急電車、ひだ(飛騨)?

Densya201002281自転車で、岐阜市方向へ向かう時に横切る、JR高山本線ですが、よく出会うの は、普通電車ばかり、でも、今回、初めてと思うぐらいに、鵜沼(高山方向)へ向かう、特急電車に巡り合えた、散策の通り道になりました。(写真の特急電車は、ひだ号(飛騨号)?)。
Densya201002282よく見かけるのは、岐阜市、地内を走る、JR高山本線の、2両のワンマン車両

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑木林の中に見つけた、手斧猿尾の由来

Chounasaruo201002281岐阜へ自転車で向かう時の、定番の通り道で見つけ写したのは、手斧猿尾の由来の看板。(手斧猿尾:ちょうなさるお)。手斧猿尾/教育文化課/笠松町岐阜県羽島郡笠松町米野近く(地図)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

青塚古墳の湿地池で見た、ガマの穂

Gama201002271Gama201002272朽ちかけた姿が好きで写した、ガマの穂
(ガマの穂の写真二枚は、サイズ、1024*768の写真壁紙で用意)。
Aotsukakofun掲載の青塚古墳の風景は、湿地池が中心。
以前にも、通りすがりに立ち寄った事がある、青塚古墳のある場所だけど、初夏に近かったのか、ガマとは気が付かなかった、古墳公園施設からは、裏側になっている湿地池のガマです。(愛知県犬山市)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青塚古墳近くで見た、花が満開のマンサクの木

Mansaku201002271Mansaku201002272花が満開のマンサクの木。(サイズ1024*768の壁紙写真、花写真壁紙で掲載)。
地上部の株の大きさが、人の頭ほどの大きさに、こんなに大きく育つのだと思った、マンサクの木でした。また、花の時期でないと、気が付かず通り過ぎていたと思う、万作・満作の巨木?です
余談
モミジの黄葉が、葉を落としていないのかと思って、自転車で通り過ぎようとしたけど、戻って、木に近づいてみると、本当に、「花が万咲く」様な木の姿に、なるほどと思った、花が満開のマンサクの木でした。
追記
満開のマンサクを写したのは、2月27日。
3月6日時点では、すっかり、花は終わっていた、水屋前公園へ出かけた帰り道でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

春菊の蕾、シュンギクに蕾

Syungiku20100227スーパーの食材で購入した春菊ですが、キクと同じ様に、1本だけ挿し木して、根が出て、土に植え替え、今は、花芽を見る事が出来た春菊です。(写真には、春菊の花の蕾が、二つ見えました)。
花も見た事が無い春菊ですが、テーブル観察で、花が咲く事も期待できる、今は、春菊の鉢植えになっています。(今は、鉢植えが2鉢、春菊が3本に、後で、挿し木を増やしました)。
また、菊も花後を、空き瓶の水の中で、テーブル観察し、根が出ましたが、春菊の方が成長も、根が出る事も早いと思う、観察になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニホンスイセンの実、日本水仙の実

Suisen20100226水仙の実など見たことが無かったけど、ふと続けた、水仙の花後の姿に、膨らむ水仙の実を見続け、写したのは、ニホンスイセンの膨らんだ実。でした、(種子が見られるか分かりませんが、テーブル観察を続けている、実だけになったスイセン)。
空き瓶で、スイセンの花を楽しんだ後、実がどうなるかと思ったスイセンの実でしたが、茎の葉緑素が栄養を作っているのか、膨らむ実に、その後も、水を替え、様子を見る事になったニホンスイセンの実です。
追記
似ている草花の実に、浮かんだのは、まだ未熟な時の「ヒオウギの実に似ているかな?」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

カワヅザクラ、ヒガンザクラ、カンヒザクラ、コヒガンザクラ

Kawazu_zakura_201002271Kawazu_zakura_201002272Kawazu_zakura_201002273カワヅザクラの花を見に出かけた散策は、
・小牧市、水屋前公園の植栽と、田縣神社駅近く(写真2、3枚目)、おしゃべり小道(入鹿用水路敷)と、共に若木の小さな並木(一番長く花が楽しめるのは水屋前公園)、
・岐阜市、荒田川沿いには、若木の小さな桜並木に、3本(周囲が水田で、吹きさらし為、花弁の傷みが多く、写さなかった荒田川の桜の花になりました)、
・江南団地の広場の植栽の1本(写真1枚目)、
でした。
そして、見に出かけた土曜日と日曜日でしたが、前日の雨と当日の朝の雨に、写すには、サクラの花は咲いていたけど、写すには難があると思った、カワヅザクラ(河津桜)でした。
Kanhizakura20100227Higanzakura20100228また、水屋前公園では、カンヒザクラが1本あり、その蕾に、赤い色も確認、荒田川沿いには、ヒガンザクラの2本に、赤い色を確認した、散策になりました。
そして、すいとぴあ江南のコヒガンザクラでは、蕾がピンク色を再確認した、散策になりました。
余談
掲載写真の5枚は、サイズ1024*768で、花壁紙写真も用意でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月28日の月と3月1日の満月(moon)

Moon201002281Moon201002282Moon201003011Moon201003012夜空の月を写したのは、2月28日は、午後8時30分頃の月、3月1日は、午前1時30分頃の満月(moon)。
余談。
前日、午前中の雨に、3月1日の満月が見られるかを心配した、夜空の月でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日枝神社、千木の断面は水平、鰹木は五本

Jinjya201002281日枝神社の千木は水平切りで、鰹木は奇数本。(神明造りの屋根、祭神、大山咋神)。(笠松町)。
千木の先端の断面は水平で、鰹木の数は、奇数で五本。
今まで見た中の千木と鰹木の数
前野天満社(大社造りの屋根)、物見神社(神明造りの屋根)、千木の先端が垂直切りで、鰹木が奇数本
神明社(神明造りの屋根)、千木の先端が水平切りで、鰹木が偶数本
余談
Jinjya201002283大社造りの屋根には、千木、鰹木が無いのが一般的かと思った、地方の小さな神社でした。(熊野神社-岐南町、八剣神社-岐阜市)。
Jinjya201002282篠ヶ谷神社、大社造り、千木の先端の断面は垂直で、鰹木の数は、奇数で三本。(岐阜市)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »