« 笠松競馬場近くへ、桜並木と名鉄電車を写しに出かけ | トップページ | 4月10日の自転車散策から、タイトルは「桜便り・桜だより」 »

2010年4月11日 (日)

ニシンの切り込み、食べ方あれこれ

Nishin_no_kirikomi201003281Nishin_no_kirikomi201003282Nishin_no_kirikomi201003283Nishin_no_kirikomi2010032832酒の肴から始まった、中部青森県人会、観桜会のお土産、ニシンの切り込みに、次は、ご飯にトッピングし、ご飯とニシンの味を別々に味わっていたのですが、ご飯と混ぜて食べた味に、一工夫もした、お土産になりました。
Nishin_no_kirikomi201003284その一工夫の食べ方は、酢飯の軍艦巻きに乗せてもよかったのですが、それでは、工夫が足りないと思い、ニシンの切り込みちらし寿司にして食べた、ニシンの切り込みを酢飯に混ぜるだけの、まず、茶碗一杯だけ作った、チラシ寿司でした 。
そして、切り込みチラシ寿司の甘酢には、ニシンの切り込みの塩分で、十分だと思った、ちらし寿司作りになりました。(ご飯粒のテカリで、酢飯と判断して!)。
Nishin_no_kirikomi2010032851Nishin_no_kirikomi2010032852Nishin_no_kirikomi2010032853また、妹に聞いた、ご飯にトッピングし、お湯を注いで、ニシンの切り込み茶漬けも楽しんだ、次の入手機会が楽しみになった、お土産の一品でした。(お粥に混ぜてもいいと思う一品でした)。
余談
イカの塩辛が食べられれば、ニシンの切り込みに違和感は無いと思った、お土産でした。また、近所に、少し差し入れたお土産に、秋田でも懐かしい味との言葉も伝え聞いた、ニシンの切り込みにもなりました。そして、検索すると、この家庭料理の味は、北海道でも、よく知られている味のようでした。
(手土産の頂き物は、「全国に青森の味をお届けする(有)高桑商店」の物)。
検索タグ
にしんの切り込み、にしんのきり込み、ニシンのきり込み。

|

« 笠松競馬場近くへ、桜並木と名鉄電車を写しに出かけ | トップページ | 4月10日の自転車散策から、タイトルは「桜便り・桜だより」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニシンの切り込み、食べ方あれこれ:

« 笠松競馬場近くへ、桜並木と名鉄電車を写しに出かけ | トップページ | 4月10日の自転車散策から、タイトルは「桜便り・桜だより」 »