« ハトとニラメッコ、鳩とニラメッコ | トップページ | 八重桜の花比べ、ヤエザクラの花くらべ »

2010年4月25日 (日)

歌手、山本あきさんを追いかけて、文化堂さんのイベントホール新曲キャンペーンへ

快晴で、12度の室温に、散策予定もあり、ちょっと薄着で出かける事にした、名古屋駅前から30分ほど歩いた、歌手、山本あきさん文化堂キャンペーン会場(リンクは地図)行きでした。(4月24日の事)。
Hekimen20100424Ryujinjinjya20100424Tsutsuji20100424Yaezakura20100424名鉄名古屋駅から散策ついでに歩く中で、気になった壁面のガラスに写る模様を撮影したり、以前、地図を見た時に、神社があったと思った方向へ歩き、白龍神社愛知知県名古屋市中村区名駅南1丁目に立ち寄り、お願い事をして、1時間ほど前に着いた、会場でした。(名古屋の街路樹も、ツツジ、ヤエザクラ、ハナミズキと花盛り)。
Aki201004241Aki20100424224日も、あきさんから、大月みやこさんの話題が出て、歌手デビューの前から、大月みやこさんの自宅を訪ねる事になった、きっかけを聞いたり、大月みやこさんが、歌う事で大切にされている思いを、あきさんの口から聞いたりに、私は、大月みやこさんのステージで、新宿コマで、何度も聞いた事のある話なので、ちょっとウルッときた、最近出かける機会が無いので、昔が懐かしくなった、そして、あきさんに伝えられている事を知る機会にもなった、キャンペーン行きになりました。
そして、愛知県でも、大月みやこさんのステージに、あきさんが立てるといいなと思った、最近のあきさんの予定でした。(名古屋・飯田間の高速バスがあることを聞いたので、信南交通HPを見て、金沢で飲みすぎなければ、行けるのかなと思った、交通事情の下調べ)。
Horikawa20100424Sign1Sign2また、整備されている、文化堂さん裏の堀川に、屋形船の話も聞き、検索したら、サムライクルーズの名前と観光船のHPを知りました。そして、介護施設に入所している、母親宛に書いてもらったりもした、あきさんのサインでした。
心残り
3日間追いかけた、あきさんでしたが、「愛の終りに」の歌唱指導シーンで、お気に入りに、写し残せた写真が無い事です。
余談
Kagakukan201004241Kagakukan201004242Shirakawakouen20100424Shirakawakouen201004241Shirakawakouen201004242帰路、白川公園脇にある名古屋市科学館の建物に立ち寄り、テレビ番組で見た、本物に近い星空を再現する事を目標に作られる、球体の世界最大プラネタリュームを写す事(工事中で、球体と確認できたのは、北側からの眺めだけ)に、そして、おまけに見たのは、白川公園広場の木下サーカスの巨大テントと、子供連れの人出でにぎわう、テント周りの様子でした。
Suzume20100424白川公園では、落としたおにぎりの、ご飯粒を、どうせ後で、スズメが食べるのだからと、近くで餌探しのスズメに、放り投げたら、意外と近くに、平気で寄ってくるのだと知った、発泡酒とおにぎり二個の昼食(間食?)でした。
Kusabana20100424団地のバス停からの帰路の垣根の植栽に、写した花は、マツバボタンの仲間?、マツバギクの仲間、と探しては見たけど、決め手も、大きな花と多肉の葉なのですが、多肉植物に疎いので、検索キーが浮かばず、探し出せませんでした。
購入したCDは、山本あきさんの「愛の終りに/花咲かす雨」を五枚。最初の一枚以外は、今回を含め知人に貰ってもらうつもりで購入です。
またまた、取り急ぎ記事だけで、写真は、後日掲載
興味で検索し、リンクしたHP名古屋市科学館公式サイト木下サーカス公式サイトサムライクルーズ(名古屋堀川クルージング、屋形船)。
2010年4月28日、写真の追加と少しの文中追記
2010年6月4日、白龍神社のある場所の地名追記と、地図のリンク追加、また、神社の名前を、龍神神社と書き間違えていたので、白龍神社と誤記訂正。

|

« ハトとニラメッコ、鳩とニラメッコ | トップページ | 八重桜の花比べ、ヤエザクラの花くらべ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148169/48174276

この記事へのトラックバック一覧です: 歌手、山本あきさんを追いかけて、文化堂さんのイベントホール新曲キャンペーンへ:

« ハトとニラメッコ、鳩とニラメッコ | トップページ | 八重桜の花比べ、ヤエザクラの花くらべ »