« 二回目の挿し木で咲いた、ツートンカラーの春菊の花 | トップページ | 八重桜に見る顎の数 »

2010年4月19日 (月)

のぼり旗を見つけた神社は、厄払い神事と餅投げでした、そして、はしごになった神社巡りに

Sakura201004181Sakura201004182Densya20100418出かける目的はソメイヨシノの後に咲く、桜撮影(写真は、フゲンゾウ、イツカヤマ)と、各務原桜まつりの時に、あまりの人混みで、写す事の無かった、市民公園前駅近くの、新境川にかかる、緑の小さな鉄橋の風景撮影でしたが、その前に見つけた、神社の森に方向を変え、上がっていた、のぼり旗に、立ち寄り、「厄払い神事の後、餅投げがある」と聞き、もう一度、立ち寄る事にした、神明神社でした。
Mochinage201004181Mochinage201004182そして、各務原市にある神明神社の午後4時からの餅投げの後、岐阜市にある高田津島神社では、午後5時からと聞き、先導される自転車を頼りに、次の場所へ移動でした。
(桜と電車は、1024*768のPC壁紙サイズで掲載)。
余談
二箇所の餅投げの神社へ、餅拾いのハシゴになった、そして、撮影の神社巡りというより、「餅拾いマニア」の言葉がピッタリかと思う人達がいることを知った、ぶらり立ち寄った神社になりました。
4月20日追記、多分「ソ」と「ゾ」の名札への、書き間違いの誤記だと思うので、フゲンソウの記述を、フゲンゾウ(普賢象)と訂正。
掲載動画は、
神明神社の幟旗。ガラスを引っかくような音に、写す事にした、のぼり旗でした。

|

« 二回目の挿し木で咲いた、ツートンカラーの春菊の花 | トップページ | 八重桜に見る顎の数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のぼり旗を見つけた神社は、厄払い神事と餅投げでした、そして、はしごになった神社巡りに:

« 二回目の挿し木で咲いた、ツートンカラーの春菊の花 | トップページ | 八重桜に見る顎の数 »