« 河俣神社のイチイガシの壁紙写真(愛知県一宮市) | トップページ | 実りの秋に、ぷりぷり感の接写は、あさりの身でした »

2010年9月28日 (火)

クルミの炊き込みご飯レシピ

Kurumi_no_takikomi_gohan_201009201Kurumi_no_takikomi_gohan_201009202Kurumi_no_takikomi_gohan_201009203二合のお米に、荒く潰した一袋45グラムの胡桃の剥き実を混ぜ、御飯を炊く時と同様に、水から炊いただけのクルミの炊き込みご飯に、思っても見なかった、クルミ色に染まった御飯でした。そして、クルミの香りと味が好きな私には、この炊き込みご飯は、味と香りに変な癖も無く、また、違和感も無く、食べることが楽しみになった結果でした。
Kurumi_no_takikomi_gohan_201009204 でも、ちょっと塩味を加えた方がいいかと思った、塩ゴマが欲しいと思った味に、塩紫蘇のふりかけも無かったので、最初は、作り置きの酢味噌をぬり食べた、クルミの炊き込みご飯でした。
Kurumi_no_takikomi_gohan_201009205Kurumi_no_takikomi_gohan_201009206Kurumi_no_takikomi_gohan_201009207また、その後も、炊き込みご飯を温め直り、ちょっと捏ねて、お米の粘りを出し、同様に、作り置きの酢味噌を塗り、電子レンジで、酢の香りを飛ばし、五平餅風に食べた、炊き込みご飯でした。
試したかった事
今回は、買い置きのレトルトカレーが無かったので試さなかったけど、インスタントカレーをかけて食べてもいいかと思った、私には、クルミの炊き込みご飯の癖の無い味と香りでした。
余談
作り置きの酢味噌は、御飯に塗ってもいいかと、米酢、赤味噌、豆板醤、擂りゴマを混ぜ、電子レンジで、酢の香りを飛ばした物でしたが、今後の課題は、五平餅用のゴマ味噌、クルミ味噌作りと思った、初めてのクルミの炊き込みご飯になりました。
味わい方の追記
炊き込みで胡桃団子を作り、黄な粉を砂糖と混ぜ、その団子にまぶして、お菓子風にも食べてみようと思った事を、メモ代わりに追記でした。

ポチッとよろしく!

|

« 河俣神社のイチイガシの壁紙写真(愛知県一宮市) | トップページ | 実りの秋に、ぷりぷり感の接写は、あさりの身でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クルミの炊き込みご飯レシピ:

« 河俣神社のイチイガシの壁紙写真(愛知県一宮市) | トップページ | 実りの秋に、ぷりぷり感の接写は、あさりの身でした »