« ペットは、淡水貝のカワニナから、今回は、糞を話題に | トップページ | 金沢散策、安江八幡宮(石川県金沢市此花町) »

2010年10月 6日 (水)

雰囲気だけですが、写したのは、コガタスズメバチとヒメスズメバチの戦い

四メートルほど離れて写した樹上のスズメバチの様子に、写真に見た結果は、コガタスズメバチとヒメスズメバチの戦いの様でした。(噛み合うスズメバチ刺し合うスズメバチでしたが、似たり寄ったりのニ種のスズメバチの力では、じゃれあいだったかも知れません)。
Suzumebachi201010021Suzumebachi201010022Suzumebachi201010023ヒメスズメバチの特徴は、お尻の先が黒色なので、私にでも、すぐ分かりますが、他のスズメバチは、遠くで、ちょっと見ただけでは区別がつきません。
Abemaki201010021Abemaki201010022スズメバチを写した所は、江南市指定文化財のアベマキの木の上方。アベマキの下方には、「ハチがいます!!、注意してください」の看板があります。(上の方にしかない、アベマキの枝葉も写してみましたが、1024*768のサイズに縮小すると、特徴も掴めない結果になりました)。
余談
こちらが本音ですが、アベマキのドングリが見たくて立ち寄った、伊賀ヶ原神社でしたが、境内と周囲の清掃が行き届いていた状況に、落ちているドングリは無く、上の方の葉のある枝にも、ドングリの姿が見えなくて、その下には、スズメバチがいる状況に、お手上げ状態のドングリ探しになりました。

ポチッとよろしく!

|

« ペットは、淡水貝のカワニナから、今回は、糞を話題に | トップページ | 金沢散策、安江八幡宮(石川県金沢市此花町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雰囲気だけですが、写したのは、コガタスズメバチとヒメスズメバチの戦い:

« ペットは、淡水貝のカワニナから、今回は、糞を話題に | トップページ | 金沢散策、安江八幡宮(石川県金沢市此花町) »