« 秋の桜、写したのは、多分、小福桜 | トップページ | 各務原上空を飛ぶプロペラ機は、海上自衛隊機(YS-11) »

2010年10月18日 (月)

村国神社のツブラジイ、金華山のツブラジイ

ツブラジイの木を見に走る
岐阜県各務原市、村国神社で見たツブラジイに、岐阜県岐阜市、金華山のツブラジイが見たくて、ママチャリ自転車で走った往復40キロでした。
高い位置にしか葉がなかった村国神社のツブラジイ(10月16日撮影)
Tsuburajii20101016Tsuburajii201010161Tsuburajii201010162ツブラジイの木もあると言う事なので、多分、ツブラジイの木だろうで写した、村国神社。
金華山の暗い森の中のツブラジイ(10月16日撮影)
Tsuburajii20101017Tsuburajii201010171Tsuburajii201010172Tsuburajii201010173Tsuburajii201010174Tsuburajii201010175最後は、どんぐりにも未練があるけど、次は、翌年、花の時期に走ろうと思った、金華山の森のツブラジイの木。
(以上の掲載9枚は、1024*768のPC用壁紙サイズです)。
Bankon20101017結果は、特徴のある、殻に包まれた、どんぐりを見る事が出来ませんでしたが、ツブラジイの板根ツブラジイに生えるキノコが見られました。また、半分以上朽ちかけたツブラジイの木が、何かの記念碑が建つ所で、見られました。(写真は、壮年と老木と思われるツブラジイから)。
Kinoko_to_jyuhi_201010171Kinoko_to_jyuhi_201010172おまけの掲載二枚は、イノシシが出没しますとあった、百曲り登山道の暗い金華山の森に、フラッシュ未使用で目の感覚に近い写りと、フラッシュ使用で写しナニコレの結果になった、ツブラジイの樹皮・木肌に張り付くキノコ。
(聞いた所によると、山頂まで一時間ぐらいの道。森の中で、樹皮・木肌を写した結果に、重くても三脚を持っていくべきだと思った、金華山でした)。
余談
Kasumizakura20101017Kohiganzakura20101017各務原の河跡湖手前の若い桜の木の植栽に、狂い咲きと思える、カスミザクラの花と、コヒガンザクラ花に出会えました。
Monomijinjya201010171Monomijinjya201010172また、10月17日は、私の住む町も秋祭りでしたが、岐南町にある物見神社では、午前中の餅投げがある様子に、ツブラジイを見た帰路の午後4時に、餅拾いもした、自転車散策になりました。(拾った餅は紅白で各一個、そして、投げられる餅を拾うのに忙しくて、餅投げられるシーンは、写す所ではありませんでした)。
Tsuburajii201010163Murakunijinjya2009村国神社のツブラジイにあった、お気に入りだった、大きな芋虫状態の形をしたキノコは、剥ぎ取られていました。ここに掲載の芋虫キノコは、2009年撮影。

ポチッとよろしく!

|

« 秋の桜、写したのは、多分、小福桜 | トップページ | 各務原上空を飛ぶプロペラ機は、海上自衛隊機(YS-11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村国神社のツブラジイ、金華山のツブラジイ:

« 秋の桜、写したのは、多分、小福桜 | トップページ | 各務原上空を飛ぶプロペラ機は、海上自衛隊機(YS-11) »