« 青空に映える黄金色のイチョウの葉 | トップページ | ハナノキの紅葉、ハナノキの古木の紅葉(岐阜県各務原市、八幡神社) »

2010年11月26日 (金)

クヌギとアベマキの違いに出てくる「星状毛」に、どんな形と検索もして

検索しても、これがアベマキの「星状毛」と分かる写真は、ネットにはありませんでした。
Haura201011231Haura201011232Haura201011233そして、金華山に行き、自分で拾ってきた、アベマキの落ち葉を、テレスコで見たけど、目視は出来なかった、星状毛の姿でした。
また、近隣の散策でも拾い集めた、青葉、枯れ葉を、テレスコで見ても、皆、同じ様子に、「愛知県江南市と近隣では、クヌギの木は見られないかも」の結果になりました。
まとめ
多分、ルーペで見ても、星状毛は見られないだろうと思った事、また、クヌギとアベマキの若い葉には、共に、毛が有る事に、アベマキしか存在しない愛知県では、クヌギの葉の様子は見られないので、自分で、決定的な違いを、目にする事は無理との結論になりました。
参考資料リンク
星状毛(75倍写真は、グミの葉の星状毛で、代表的な形状かな)。
・アベマキの葉裏マクロ写真、クヌギの葉裏マクロ写真。
アベマキとクヌギ。(素人には、見ても多分違いは、分からないかもと思った葉の拡大写真)。
ゴマケンモンの幼虫だったのか - いもむしうんちは雨の音。(主役は毛虫だけど、クヌギの葉もマクロ撮影に、思った事は、「昆虫写真に見る、葉の接写は、探し物にいいかも」でした)。
タマバチの産卵 - ハンマーの虫のページ2。(クヌギとあったけど、兵庫県で撮影なので、葉裏はハッキリしないけど、アベマキかな)。
参考記事リンク(一般的な事がかかれているページ)。
このきなんのき鑑定バックナンバー
Zuiccho's blog  アベマキとクヌギ
他の植物写真から、星状毛の形を知るで、リンク
・デジタル植物園 - ヘラシダ(シダの葉裏)。
ヤブムラサキ(若い枝は星状毛)。
まとめ&つぶやき
・愛知県尾張地方で、見られるクヌギの木は、何処にあるのかな?。
・愛知県尾張地方で、クヌギの木は見られるのか?。
そして、愛知県で見られるのは、アベマキの木ばかりで、クヌギの木は見られないと書いても、問題はないと思う私でした。
また、関東はクヌギしかなく、関西はアベマキしかないに、東海地区も関西と同じで、クヌギは無く、アベマキだけと思って間違いない、と思う、江南市からのクヌギ・アベマキ探しの地域散策になりました。
追記
アベマキの葉裏をルーペで見れば、葉裏が、ベルベット状と分かるけど、クヌギの葉裏をルーペで見た事も無い、私には、クヌギとしか思っていなかった、地域に存在する木々に、葉裏の手触りや、樹皮を押して感覚でとの文字は、何の参考にもならなかった、クヌギとアベマキの見分け方でした。

|

« 青空に映える黄金色のイチョウの葉 | トップページ | ハナノキの紅葉、ハナノキの古木の紅葉(岐阜県各務原市、八幡神社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クヌギとアベマキの違いに出てくる「星状毛」に、どんな形と検索もして:

« 青空に映える黄金色のイチョウの葉 | トップページ | ハナノキの紅葉、ハナノキの古木の紅葉(岐阜県各務原市、八幡神社) »