« シオデの黄葉(山菜・野草) | トップページ | 遠くに見えた山は、御嶽山と尾張の山の何処かな? »

2010年11月29日 (月)

犬山、継鹿尾山、寂光院のスロープカー、モミジ、ツブラジイ

Monorail201011281Monorail201011282Monorail201011283Monorail201011284継鹿尾山(つがおさん) 、寂光院(じゃっこういん)へ出かけた目的は、新聞では、山間部の農産物の輸送に使われているような、小形モノレールの応用品の様でしたが、実物は、どんな物なのかなと、ちょっと物見胡散気分でも、出かけた寺でした。(スロープカーの乗り場は、長い登り階段の手前、観音堂が有る所、本堂前の三箇所)。
Jakkoin201011281Jakkoin201011282モミジ祭りの期間中の日曜日に、出かけた寂光院は、鐘突き堂と本堂は、鐘突きを待つ人の行列と参拝前の行列で、大混雑でした。
そして、おまけの写真掲載になりますが、
気になった木に、「ツブラジイの借景がモミジの葉か?、モミジの借景が、ツブラジイの幹か?」でした。(この一枚は、サイズ、1024*768で掲載)。
写真を一目見ただけだと、モミジの幹でも違和感が無さそうな、暗い森でのツブラジイの幹の様子です。
そんな木に独り事
Tsuburajii20101128目線の位置の樹皮の様子に、コナラかなと頭上を見上げると、緑の葉で、その葉も、ほとんど、モミジの葉の上で、見通しが悪いけど、紅葉していない葉の様子に、一週間前に、金華山で沢山のツブラジイの木を見て来た事もあり、念の為に、周囲で、ドングリを探し、見つけた朽ちた穴明きドングリに、間違いないと思った、ツブラジイ(シイノキ)の木でした。そして、周囲を見渡したら、雑木林の中に、樹皮の緑が濃い感じで、縦筋が目立つ木を、あちこちに見つけ、「寂光院の森の中には、ツブラジイの木が、沢山育っているんだ」と知った私でした。(ツブラジイの木に気がついたのは、観音堂が有る所の乗り場への通路脇)。
余談
(小形モノレールと思った、本堂間を往復している乗り物の名前は、寂光院のHPに、スロープカーとありました)。

|

« シオデの黄葉(山菜・野草) | トップページ | 遠くに見えた山は、御嶽山と尾張の山の何処かな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬山、継鹿尾山、寂光院のスロープカー、モミジ、ツブラジイ:

« シオデの黄葉(山菜・野草) | トップページ | 遠くに見えた山は、御嶽山と尾張の山の何処かな? »