« 金華山ドライブウェイからの山頂の展望 | トップページ | 清水寺の風景写真、清水寺界隈の風景写真 »

2010年12月11日 (土)

天橋立満喫コースが欲しくなった、今回のバスの旅、江南友の会、寒ぶりツアーでした

Sansaku201012091Sansaku201012092Sansaku201012093Sansaku201012094Sansaku201012095Sansaku201012096Sansaku201012097Sansaku201012098Sansaku2010120910生憎の天候でしたが、天橋立の松並木の風景を見ようと、府中駅・ケーブルカー乗り場左手の坂道を笠松公園まで、20分ほど、階段もある坂道の遊歩道(道標には、近畿自然歩道)を登って辿り着いた(ここの階段は、段の高さ・歩幅、共に、私に、ちょうど合っているみたいで、息切れはしても、疲れを感じなかった坂道でした。また、坂道を下る時は、黄葉の落ち葉・木の葉で滑らないように、気をつけて歩いたので、やっぱり、下る時間に、20分を要しました)、そして、眼下の山の上のケーブルカー乗り場に、笠松公園とは、ちょっと、離れた所に、ケーブルカーが着く事を知りました。
Amanohashidate201012091Amanohashidate201012092Sansaku201012099天橋立の松並木を南側に望む風景に、以前、歌手、丘みどりさんのブログに紹介されて所(天橋立リフトから股のぞき台)とは違う場所だったのだと気が付いた、今回の江南友の会、寒ぶりツアーのバスの旅で立ち寄った、天橋立の松並木が見られる、元祖・股のぞき台の文字看板のあった、笠松公園の山からの展望でした。(煌く・輝く海面に、太陽の陽射しを期待でしたが・・・、食事に山を下りた時には、カミナリと強い雨になりました)。
天橋立全三景に独り事(京都府・松並木の旅ツアー?)。
松並木を南側に望む天橋立、元祖・股のぞき台と、松並木を北側に望む天橋立、股のぞき台(あまのはしだて駅側)に、今回のバスの旅のコースに、天橋立満喫コースがあったらなと思った、私でした。
そして、天橋立三景満喫コースは天橋立観光協会に紹介されている、丹後国一の宮・元伊勢籠神社のある府中エリア松並木を南側に望む天橋立の風景)と、あまのはしだて駅界隈の文珠エリア松並木を北側に望む天橋立の風景)と、宮津駅界隈の宮津エリア松並木を西側?に望む天橋立の風景)の三箇所が、バスの旅の一日の日程にあるといいなと思った、時間がなくて、松並木の散策も出来なかった、バスの旅に思った事でした。
笠松公園への階段の歩道脇に見たシイノキ
Shiinoki201012091Shiinoki201012092Shiinomi20101209シイノキの自然の立ち姿と葉を一目見た雰囲気に、ツブラジイ・コジイの木かと思って、落ちているドングリを探してみたら、見つかった、殻斗とドングリの大きさは、スダジイのドングリと一緒の大きさでした。また、シイノキが、ちょっと、目立つかな?とも思った、坂道・歩道の途中でした。

ポチッとよろしく!

|

« 金華山ドライブウェイからの山頂の展望 | トップページ | 清水寺の風景写真、清水寺界隈の風景写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148169/50266304

この記事へのトラックバック一覧です: 天橋立満喫コースが欲しくなった、今回のバスの旅、江南友の会、寒ぶりツアーでした:

« 金華山ドライブウェイからの山頂の展望 | トップページ | 清水寺の風景写真、清水寺界隈の風景写真 »