« 井ノ口トンネルと岩戸トンネルの歩道・自転車道 | トップページ | 陽射しの中のオシドリが見たくて、早めに出かけた、岐阜市、松尾池 »

2011年1月 5日 (水)

カワセミの追っかけ撮影と追跡撮影

カワセミの追っかけと追跡
(河跡湖も、荒田川も、私の他に誰も居なかったので、写真撮影より、カワセミの追跡で、カワセミの行動分析にもなった、カワセミの追っかけでした)。
1月2日の河跡湖(三つ目の池にて、12時から30分間、各務原市)。
Kasekiko_kawasemi20110102どうせ、カワセミの同じアングルしか写せないのなら、カワセミに逃げ去られたら、また、カワセミを追跡すればいいからと、出来るだけ近づいて写してみようとなった、河跡湖のカワセミでした。(今日はココまでと写した、写真一枚目のみ、PC用壁紙写真サイズ、1024*768で掲載)。
Kasekiko_kawasemi201101021Kasekiko_kawasemi201101022Kasekiko_kawasemi201101023同じ場所にいたカワセミに、逃げられるまで近づいた時。
カワセミ追跡から
Kawasemi_tsuiseki201101021Kawasemi_tsuiseki201101022Kawasemi_tsuiseki201101023この先へも、追跡したカワセミでしたが、ピントを合わせる前に逃げられ、木曽川に一番近い池を後にしました。
そして、三つある池の一番小さい池(12時48分から1分間)では、
Kawasemi_tsuiseki201101024Kawasemi_tsuiseki201101025緑の中にいたカワセミを見つけ、これでは、見つけ難いと思ったら、竹の子枝に移動したカワセミでした。
カワセミ観察記録
ポイント1:川沿いに沿って飛び去る、水上を飛び去るのが、基本の様なので、コツさえ掴めば、カワセミ追跡も容易かなと、思うこの頃です。
ポイント2:カワセミの止まっている小枝の背後の木の幹を、カワセミからの目隠し利用に、カワセミからの距離は、約5mかと、思わぬ距離に近づけた、木の幹の目隠し利用でした。
1月3日の河跡湖午後4時16分から5分間、各務原市)。
Kasekiko_kawasemi201101031Kasekiko_kawasemi201101032カワセミ観察ポイント3:カワセミと目線を合わせなければ、目の前にも近づけそうに思った、「散歩している人が、カワセミの目の前を通過しても、カワセミは無視の様」に思えた、カワセミを遠くから見ていて、思った事でした。
ひとりごと
カワセミ撮影用に、頭から、すっぽり、カメラも隠せる、迷彩コートがあったらなとも、思った私でした。
1月3日の荒田川午後3時38分から8分間、岐阜市)。
Kawasemi_aratagawa201101031荒田川でのカワセミの定番の位置は、橋の下の川が見下ろせる位置。


Kawasemi_aratagawa201101032Kawasemi_aratagawa201101033でも、時間帯も悪く、暗くて、「
こんな所に居ましたよ、こんな所へ逃げましたよ」の写真撮影でした。
一言
追跡慣れしているカワセミなのか、私の目が追跡慣れしたのか、一息に、遠くへ飛び去る事の無かった、河跡湖と荒田川のカワセミ一羽でした。
おまけ
Mekakushi201101031月2日に、カワセミ撮影の目隠しにした木の幹には、1月3日に、メジロが何かを探しているようでした。


余談
いつか、カワセミの顔を、フレーム一杯に写せる、望遠撮影が出来るデジカメを手にしたら、カワセミ観察も役に立つカナと独り言です。

|

« 井ノ口トンネルと岩戸トンネルの歩道・自転車道 | トップページ | 陽射しの中のオシドリが見たくて、早めに出かけた、岐阜市、松尾池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワセミの追っかけ撮影と追跡撮影:

« 井ノ口トンネルと岩戸トンネルの歩道・自転車道 | トップページ | 陽射しの中のオシドリが見たくて、早めに出かけた、岐阜市、松尾池 »