« 大空の雲に見た、直線と曲線 | トップページ | トネリコの木の緑色と白色に近づいたら、白色は花茎でした »

2011年7月22日 (金)

夏のサンゴアブラギリの種子の取り蒔きに、一週間足らずで芽が出る

夏に、サンゴアブラギリの種子を採取した記憶の無い私は、秋・冬のサンゴアブラギリの種子は、春蒔きでしたが、そして、なかなか芽が出ない種子でした。そして、
Sangoaburagiri20110715Sangoaburagiri20110721こんなに「夏の取り蒔きの種子は、早く、芽が出るんだ」と知った、夏に、種子を採取し、即、蒔いたら、一週間足らずで芽が出た、サンゴアブラギリの種子でした
種を蒔いたのは7月15日、芽が出ているのに気がついたのが7月21日。(赤玉土が被るくらいに、浅埋めで、種を蒔いた赤玉土からは、他の植物も芽吹いてます)。

|

« 大空の雲に見た、直線と曲線 | トップページ | トネリコの木の緑色と白色に近づいたら、白色は花茎でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏のサンゴアブラギリの種子の取り蒔きに、一週間足らずで芽が出る:

« 大空の雲に見た、直線と曲線 | トップページ | トネリコの木の緑色と白色に近づいたら、白色は花茎でした »