« 写したのは、ガマの花から、ソーセージ状の雌花穂三種 | トップページ | 各務原、河跡湖で見た、ブラックバスとシラハエの群れの間合い »

2011年9月26日 (月)

岐阜金華山に歩いて登り、カゴノキの花を見に行く

カゴノキの赤い実と黄色い花。
Kinkazan20110925Kagonoki20110925Kagonoki201109251金華山の岐阜城に向かって立つと、右手方向の斜面に、カゴノキの雌木がありますが、
Kagonoki201109252Kagonoki201109253日差しは、南方向からで、カゴノキの枝の陰に咲く雌花は、小さくて、不慣れなデジカメに、ピント合わせにも失敗し、雰囲気だけになってしまった、カゴノキの雌花でした。(カゴノキの赤い実と黄色い花を、金華山を登り、写しに出かけたのは、9月25日の事。)
Kagonoki201109181Kagonoki201109182Kagonoki2011091839月18日に写した、カゴノキの花(雌花)の蕾。
春は、まだ、緑の実でしたが、一年かけて熟す様な、カゴノキの赤い実に、この樹皮が、カノコ模様・鹿の子模様の木を、雌木と判断でした。
余談
岐阜天神神社の稲荷社の小さな森には、カゴノキの雄木があると思っているので、週末辺りに、自転車で、カゴノキの雄花の確認に、江南から出かける予定です。
一言
花の大きさは、クスノキの花、ゲッケイジュの花と、大きさが同じ感じで、小さいので、花をマクロ撮影しようとすると、それなりのデジカメが必要です。
おまけの一言
Iwatokouen20110925Tozando201109252金華山ロープウェイに乗るお金が無いので、岩戸公園の登山口から歩いて登った、金華山でした。そして、登りの心拍数120回(登りに息切れした歩く限界)、下りの心拍数90回に、70分ほど要した、上り下りの合計所要時間でした。
登山道からの展望
Tenbou20110925Tenbou201109252Tenbou201109253登山途中のお気に入りの眺め・展望

|

« 写したのは、ガマの花から、ソーセージ状の雌花穂三種 | トップページ | 各務原、河跡湖で見た、ブラックバスとシラハエの群れの間合い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜金華山に歩いて登り、カゴノキの花を見に行く:

« 写したのは、ガマの花から、ソーセージ状の雌花穂三種 | トップページ | 各務原、河跡湖で見た、ブラックバスとシラハエの群れの間合い »