« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

ナラガシワとカシワ

ナラガシワの葉とドングリ

江南団地、ドングリ公園の植栽。
樹上にドングリが見られた、江南団地のナラガシワ
葉の周囲が、ノコギリ歯状で、葉柄のあるナラガシワ。Naragashiwa201110281Naragashiwa201110282Naragashiwa201110283



内藤くすり記念館、樹木園。
Naragashiwa201110291Naragashiwa201110293Naragashiwa201110292 


樹上に、ドングリを見つけられなかった、樹木園のナラガシワ。

スス病?を患った葉は、カシワの葉
内藤くすり記念館、樹木園。
葉の周囲が丸い波状の葉。Kashiwa20111029
今年の夏にも、別の場所で見た、計二本のカシワの木の葉は、スス病で、写す気分になれない、カシワの葉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

どんぐり撮影散歩

早い時期に、大きくなるドングリから
Donguri201109241Donguri201109251Donguri201109252Donguri201109253クヌギか、アベマキのドングリ
一目では区別が付かない、クヌギとアベマキに、アベマキの境界内と知った、愛知県、岐阜県です。
江南市の遊歩道脇で写したのは、2011年9月24。金華山の登山道で写した、9月25。

Donguri201110011Donguri201110012Donguri201110013Donguri201110014あっち向き、こっち向きの柏葉系のドングリ
ナラガシワ?、葉柄が、有る様な無い様な様子は、カシワ?。
金華山へ行く途中の、道脇の庭木を写したのは、10月1日の事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

私の松前漬けの楽しみ方

おかずのスーパーの惣菜の松前漬けと、
醤油をかけただけの、茹でた大根の抜き菜の昼に、

松前漬けの塩辛さに、美味しさを感じない私は、

大根の抜き菜を、松前漬けに足し、炒り胡麻も足し加え

Matsumaezuke201110151



緑菜入り松前漬け和えにして、
丁度よい塩辛味になった、おかずでした。

Matsumaezuke201110152



そして、これなら、松前漬けを楽しめると思った、
食べ方になりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

どんぐりの発芽は、イチイガシの一年生

神社で拾ったイチイガシのドングリを、
冬に、赤玉土に、五個ほど、
ドングリのお尻を上にして、
お尻に、土が被らない程度に埋め、
イチイガシの一年生として、
発芽したのは、二個で、この秋には、

Ichiigashi20111017



写真の様に、葉っぱの薄緑色を、
楽しませてくれてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

さて、写したのは、何の芽と根でしょうか?

Syokubutu201110071Syokubutu201110072春に、細長い葉の香りの楽しむで撮影は、水辺の植物からでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

散策で見た猫

Neko20111002Neko201110022逃げる猫を写した1枚に、「猫の足裏の肉球を写すなら、これだ!!」と思ったり、座り込んで、毛づくろいをする、猫の写真に見た、表情・姿に、「何だ、これは!!」の一言でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

写した稲穂は、古代米の黒米

古代米の黒米 の実物の稲穂を見たのは、初めてでしたIne201109251
Ine201109252Ine201109253Ine201109254Ine2011092559月25日の散策から
黒米の水田は一つで、周囲は、普通の稲穂、そして、黒米の隣には、ちょっぴりの餅米の様な、稲穂がありました。(風で揺れる黒米の稲穂に、マクロ撮影はダメだと、揺れる稲穂に、諦めでした)。
Ine201109181Ine201109182Ine2011091839月18日の黒米の稲穂
ママチャリ・自転車での散策の道に、一目で分かった、黒米の水田の稲穂は、まだ、花も盛りの様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

「わたしはここにいるよ」と鳴く蝉、ツクツクボウシ

「わたしはここにいるよ」と鳴く蝉は、ツクツクボウシのオス
岐阜、琴塚公園のベンチでの、菓子パンと日本茶の独り昼食に、
他に、何も聞こえない中での、ツクツクボウシの鳴き声は、

Tsukutsukuboushi201110011Tsukutsukuboushi201110012Tsukutsukuboushi201110013


ツクツクボウシが、私に、「
私は、ここにいるよ」と、
何度も、声をかけている様に、鳴いている様に、聞こえた時間

カゴノキを見に岐阜へ出かけた、10月1日の事でした。

Kagonoki20111001余談
カゴノキの鹿の子模様の樹皮に、虜になり、常緑樹だけど、カゴノキを四季を追う事になった私。

一言
セミの羽は透明で、セミの体も、樹木色の保護色で、
セミの鳴く音を頼りに、ツクツクボウシ探しをした樹上撮影でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

岐阜、長良天神のカゴノキから

カゴノキの鹿の子模様の樹皮を楽しんで
Kagonoki201110011Kagonoki201110012Kagonoki2011100112 Kagonoki201110013Kagonoki201110014Kagonoki201110015Kagonoki201110016Kagonoki201110017Kagonoki201110018Kagonoki201110019Kagonoki2011100110Kagonoki2011100111
Kagonoki2011100112_2Kagonoki2011100113Kagonoki2011100114一言
目の前に、落ちているカゴノキの雄花を見たけど、下の方にカゴノキの枝が無く、カゴノキの枝先の雌雄の花を、マクロ撮影出来なかった、稲荷と境内と神社の周囲を、ぐるっと一回りの長良天神散策でした。(金華山山頂では、緑の実、熟した赤い実を見たけど、長良天神では、見つかりませんでした)。
余談
キンモクセイが香る頃が、カゴノキの花盛りと認識した、岐阜、長良天神神社行きは、10月1日の事。そして、カゴノキの徒長枝の葉っぱが、一回り大きい事を知った、これもカゴノキの葉と知った、キンモクセイの葉っぱ似かと思った、神社散策でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

ジョロウグモに似た、コガネグモに、見つけた名前は、ナガコガネグモ

Naga_koganegumo_201109241Naga_koganegumo_201109242Naga_koganegumo_201109243Naga_koganegumo_201109244食事中のナガコガネグモに、邪魔をしてしまった、蜘蛛を相手に、マクロ撮影をしようとした私でした。(9月25日の自転車を引いて、坂を登る道脇にて)。
観察
ジョロウグモの様に、お腹に、赤い模様が無い、蜘蛛の頭が、白い毛に覆われていた、かくれ帯を作る、ナガコガネグモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »