« ツブラジイのドングリの粒を観察 | トップページ | ツブラジイのドングリから出てきたイモムシ »

2011年11月16日 (水)

久しぶりに、ナギの実拾いに出かけた、犬山市羽黒、比良賀神社

近くでも、小学校の垣根にあるナギの木ですが、
学校の敷地内には、立ち入れないので、
ちょっと、距離があるけど、ナギの雌雄の木がある、
ナギの実拾いに出かけた、比良賀神社でした。

そして、ナギの雄の木の葉は、葉も黄色くは色付いていなくて、
面白みも無かったけど、
ナギの雌の木は、実と葉の色付きも楽しませてくれた
Hiragajinjya20111105Nagi201111051Nagi201111052


今は、ナギの発芽にも興味心身の、
まだ、発芽を見た事が無い、地面にゴロゴロ落ちている、
ナギの実の種拾いでした。
Nagi201111053Nagi201111055Nagi201111054


一言。
茶色のナギの種と一緒に、大きさ比較?も兼ねて写したのは、
ツブラジイ(コジイ)のドングリと、ドングリの殻を剥がした身。
余談。
写真に、何個のナギの種子が写っているかな?。

|

« ツブラジイのドングリの粒を観察 | トップページ | ツブラジイのドングリから出てきたイモムシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに、ナギの実拾いに出かけた、犬山市羽黒、比良賀神社:

« ツブラジイのドングリの粒を観察 | トップページ | ツブラジイのドングリから出てきたイモムシ »