« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

養蚕から、蚕の部屋、「もず」は、稲藁の縄で作る蚕の部屋

養蚕農家だった両親の事を思い出した、わら打ち機
Wara_uchi_ki_201202201Wara_uchi_ki_201202202


兵庫楽農生活センターの農機具展示施設に見た、写真の、わら打ち機・稲藁の縄を作る、稲藁より機に、夜なべに、母親が、桑小屋で、稲藁の縄を作り、縄と稲藁で、モズを編んでいた事を思い出した、約50年程前でした。
以下のリンクは、地図は別にして、写真14枚目に見つけた、蚕の蚕室、モズの写真でした。
世界遺産・白川郷合掌造り集落

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

淡路島、いざなぎ・いざなみ神宮の夫婦大楠とツブラジイ

鹿児島生まれで、実家から、蒲生の大楠まで、一時間ぐらいなどと話した・聞いた、バスガイドさんの、いざなぎ・いざなみ神宮の夫婦大楠の見所案内・シンボル話に、どこが、そう見えるのかと、二つのクスノキの根元の幹が、くっついている、クスノキを眺めながら、周囲を歩き回った、楠木撮影でした。
Kusunoki201202202


Kusunoki201202201Kusunoki201202203Kusunoki201202204Kusunoki201202205Kusunoki201202206




こちらは、境内にあった、一本のツブラジイのドングリのなる木。
Tsuburajii20120220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

雌雄のある、ヤマノイモの根だし・芽だし

ヤマノイモの雌花の花後の丸い反射板!?を秋に見たい!!」が、目的のヤマノイモの購入ですが、ヤマノイモの芋だけでは、雌株・雄株が分からないので、運任せのテーブル観察の始まりです。
Yamanoimo201102201


(JA北愛知、バスの旅で出かけた、淡路島・神戸の旅に、欲しかった、ヤマノイモを、兵庫楽農生活センターの売店に見つけ、テーブル観察趣味に、購入した、ヤマノイモ一株でした)。
Yamanoimo201102213Yamanoimo201102211Yamanoimo201102212


ヤマノイモ一つを五つに折り、その一つを包丁で三つに切り、水受け皿に、半分、ヤマノイモを沈めた、ヤマノイモの室内、自然観察?の始まり。
また、折っただけの芋は、断面乾燥後、新聞紙にくるみ、室内放置の観察に。
余談
仲間から外れるけど、ナガイモは、水に半分浸けておいても、根をだし、芽をだす事は、確認済みなの、ヤマノイモは、どうなるかと、室内テーブル観察です。
ヤマノイモリンク

おいしいねっと~山芋(やまいも)
山芋(ヤマノイモ)の育て方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

陰影を楽しむ、影を楽しむ

写した、木曾川で、航空ショーの時に、拾ってきた小石と、
地元小学校で、10円販売のギンナンからは、
酒の肴にした時にあった、ギンナンの実が、大小二粒だったりと、
(記録に写した、ギンナンに、私が食べたのは、大きい粒だけ)
Koishi20120209Ginnan20120205


そして、歌手、椎名佐千子さんを追いかけて出かけた、
尾張温泉東海センターで写した、
佐千子さんのシルエットに思い浮かんだ、
Shiina_sachiko_20120202


陰影を楽しむ、影を楽しむ、写真撮影でした。
そして、もっと写してみようと思った、
陰影を楽しむ、影を楽しむでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

ぶんたんの種子

葬儀のお返しの品に、ぶんたんが入っていて、
種子を見たくなった、種子を写したくなった、私でした。
Buntan201202081Buntan201202082


そして、薄皮も剥いて、食べたブンタンに、
ミカンほど甘さが感じ無い、
夏みかんほど酸っぱさも感じない、
中間味のブンタンに、ヘルシーさを感じた私でした。
追記。
種子が、完熟かどうか分からないけど、実の大きさに、
種子も、ミカンの種子の倍ほどあるんだと、確認した、
扁平さと、子房が、剥き出しの部分も有るんだと知った、
ブンタンの種子でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

イイギリの赤く実る実、イイギリの黒く完熟する実

イイギリの赤い実に、
今は、どんな姿かな?と、
近隣自転車散策に、ふと立ち寄った、
Iigiri20120128


畑の中のイイギリの、
葉っぱは、全て落ちていた、
木の実の房でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »