« 陰影を楽しむ、影を楽しむ | トップページ | 淡路島、いざなぎ・いざなみ神宮の夫婦大楠とツブラジイ »

2012年2月22日 (水)

雌雄のある、ヤマノイモの根だし・芽だし

ヤマノイモの雌花の花後の丸い反射板!?を秋に見たい!!」が、目的のヤマノイモの購入ですが、ヤマノイモの芋だけでは、雌株・雄株が分からないので、運任せのテーブル観察の始まりです。
Yamanoimo201102201


(JA北愛知、バスの旅で出かけた、淡路島・神戸の旅に、欲しかった、ヤマノイモを、兵庫楽農生活センターの売店に見つけ、テーブル観察趣味に、購入した、ヤマノイモ一株でした)。
Yamanoimo201102213Yamanoimo201102211Yamanoimo201102212


ヤマノイモ一つを五つに折り、その一つを包丁で三つに切り、水受け皿に、半分、ヤマノイモを沈めた、ヤマノイモの室内、自然観察?の始まり。
また、折っただけの芋は、断面乾燥後、新聞紙にくるみ、室内放置の観察に。
余談
仲間から外れるけど、ナガイモは、水に半分浸けておいても、根をだし、芽をだす事は、確認済みなの、ヤマノイモは、どうなるかと、室内テーブル観察です。
ヤマノイモリンク

おいしいねっと~山芋(やまいも)
山芋(ヤマノイモ)の育て方

|

« 陰影を楽しむ、影を楽しむ | トップページ | 淡路島、いざなぎ・いざなみ神宮の夫婦大楠とツブラジイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雌雄のある、ヤマノイモの根だし・芽だし:

« 陰影を楽しむ、影を楽しむ | トップページ | 淡路島、いざなぎ・いざなみ神宮の夫婦大楠とツブラジイ »