« 雌雄のある、ヤマノイモの根だし・芽だし | トップページ | 養蚕から、蚕の部屋、「もず」は、稲藁の縄で作る蚕の部屋 »

2012年2月23日 (木)

淡路島、いざなぎ・いざなみ神宮の夫婦大楠とツブラジイ

鹿児島生まれで、実家から、蒲生の大楠まで、一時間ぐらいなどと話した・聞いた、バスガイドさんの、いざなぎ・いざなみ神宮の夫婦大楠の見所案内・シンボル話に、どこが、そう見えるのかと、二つのクスノキの根元の幹が、くっついている、クスノキを眺めながら、周囲を歩き回った、楠木撮影でした。
Kusunoki201202202


Kusunoki201202201Kusunoki201202203Kusunoki201202204Kusunoki201202205Kusunoki201202206




こちらは、境内にあった、一本のツブラジイのドングリのなる木。
Tsuburajii20120220

|

« 雌雄のある、ヤマノイモの根だし・芽だし | トップページ | 養蚕から、蚕の部屋、「もず」は、稲藁の縄で作る蚕の部屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡路島、いざなぎ・いざなみ神宮の夫婦大楠とツブラジイ:

« 雌雄のある、ヤマノイモの根だし・芽だし | トップページ | 養蚕から、蚕の部屋、「もず」は、稲藁の縄で作る蚕の部屋 »