« ナギの発芽と今 | トップページ | ビールに浮かんだ一言「喉ごし中毒」をメモ »

2012年9月13日 (木)

緑の実に縦に割れ目が入った写真は、サンゴアブラギリの実の摘み時

サンゴアブラギリの実の摘み時を、口で説明するより、
写真掲載が一番かと、摘んだ実を、写真掲載です。
Sangoaburagiri20120912


枯らしてしまった、
親のサンゴアブラギリを入手したのは、2000年ですが、
種子を得て、子、孫と育つサンゴアブラギリ。
そして、今年の、日々の水遣りに、
緑の実を眺めていて、やっと知った、
サンゴアブラギリの実の摘み時です。
別のブログで先に記事にした内容と、ほぼ、同じ、言葉で説明の摘み時
緑の実に、茶色く、縦に切れ目が入ったら、摘んだ実は、
何時爆ぜてもいいように、空き瓶に入れ、
実がいつ爆ぜても種が飛び出さないように、
ティッシュを丸め蓋をしておきます。
追記
また、摘んだ実からは、早ければ、翌日、遅くても、
二、三日後には、一個の実から、複数の種子が採取です。

|

« ナギの発芽と今 | トップページ | ビールに浮かんだ一言「喉ごし中毒」をメモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑の実に縦に割れ目が入った写真は、サンゴアブラギリの実の摘み時:

« ナギの発芽と今 | トップページ | ビールに浮かんだ一言「喉ごし中毒」をメモ »