« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月27日 (木)

カリカリ梅の炊き込みご飯

もらい物のカリカリ梅を、オニギリの芯にするのも、
味気ないと思い、炊いた、カリカリ梅の炊き込みご飯に、

梅干には、適度な塩味と酸味が残り、
カリカリ梅が、しっとり梅に変わり、

運良く、カリカリ梅の使い道を見つけた、
梅干しも、炊き込みご飯にしようと思った、
梅のある所のご飯が、ピンクに染まった、彩りも楽しい、
昼食の梅おにぎり。
(12月24日の事)。
余談。
25日は、カリカリ梅の炊き込みご飯に、納豆をトッピングの、
納豆梅ご飯の朝食でしたが、美味しく食べられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大根スティックを作り、人参スティックの様に、大根を生で食べる

昼は、巨峰レーズンの炊き込みご飯に、カレーをかけ、
レーズンカレーライスに、スプーン休め・箸休めは、
冬大根の甘い、大根スティックをそえ、
ささやかに、一人暮らしを、楽しもう!と思う、昼食。
追記。
前日に、8食分炊いた、レーズンの炊き込みご飯ですが、
朝は、これもいい!と思った、納豆レーズンご飯と、
赤味噌・蟹缶・酒粕の野菜味噌汁に、味海苔を崩して、
ふりかけ、酒粕の香りを、ちょっと抑え、飲んだ味噌汁。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

冬大根の甘さに、食べたくなった、大根大福

大根おろしに残る、サイコロの様な、
角切りに近くなった、大根の中心部をかじり、
冬大根が、こんなに甘かったか!!に、

今まで、大根を、大福の芯にするなんて、
そんな事は、思ってもみなかったけど、

醤油無しで楽しむ、大根おろしで楽しむ、
大根ジュースの甘さに、
大根おろしだけで、楽しむのもいいけど、

苺大福の芯を、イチゴからダイコンに変え、
ダイコン大福でも食べてみたくなった、
小豆餡が、大根の味と甘さと、マッチするかも、
知りたくなった、私でした。

そして、最近の寒さに、
冬大根も、甘さを増しているのか!!と思ったり、
大根最中もいいか!!と思ったりの、
最近、食べている、冬大根の味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スープを飲み干せないラーメンは不味い(私の美味しいの基準)

味噌ラーメン、タンタン麺、台湾ラーメン程度しか食べた事がない、私が思う、ラーメン評価は、
ラーメンに欠かせない汁、スープを飲み干せないラーメンは、不味い!!が、私には、美味しさの基準か!!と、味を評価です。
(めんつゆの無いラーメンは、食べる対象外)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

梅干とカニ缶の炊き込みご飯

朝の、梅干の炊き込みご飯の味に、
ほぐし身カニ缶と、一緒に、梅干と炊いてみたくなった、
ウメ・カニ炊き込みご飯にしたら!?と思った、
想像だけでしたが、
酒の肴には、ちょっと、物足りない、カニ缶の風味に、
何か一味と思った、
朝酒が終わった頃に、ちょっと、思い浮かび、
酔いが醒めない内に、忘れないよう、メモでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟹缶の美味しい食べ方の検索に、無駄な結果

蟹缶、単品の、なにか?、ちょっと足りない、味に、
蟹缶の身に、骨まで食べられる、味噌煮のサバを和え、
蟹の風味が、どこかに、行ってしまった、味と香りでしたが、

私には、蟹缶だけを食べるより、
味付け調味料?に、カニ缶を、サバの味噌煮の増量に、

ほぐし身カニ缶を、加えても、サバの味を壊さなくて、
良かったのかな?の、朝酒?の、勝手な混ぜ物の酒の肴。

余談。
早朝の寒さで、鼻の感覚が、鈍っている?状態の戯言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

アメーバで遊んでいる、ピグライフの庭の今日の様子

Pigu_life20121223空中回廊も、一部、二層にしてある、
今日の植栽と飾り置きの、
ピグライフの庭の今の様子。

イベントクリアも、ままならず、
とにかく、ピグの散歩道を、ここは通れるかな?と、
空間部分は、道を探して、散歩道を、増やしたりの、
空中回廊になってます。

追記。
アメーバのブログ「そらがいっぱい・くもがいっぱい」に、
作っている庭ですが、アメーバIDを持っていないと、
辿り着けない、私の遊んでる、ピグライフの庭です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

縁起樹木のナギを植え、雑草畑の一つを、ナギ畑にしよう!!

神社で、ナギの種を拾い、10年近く、発芽もしなかったけど、
秋に収穫し、湿った土に生め、種を保存し、
多分、春撒きで、無事、発芽するかな?の状況と、

今年芽吹いた、今は、15センチほどの、ナギの木の緑に、
その一鉢に思い浮かぶ、
これって、ナギの木を盆栽風に、七本のナギを、七福神風に、
緑を楽しむ私は、
改めて、ナギの幼木の緑に、心が癒される、そんな風に、
ナギの木、七本を楽しんでいる、ナギのインドアグリーンに、

今度は、ナギの種を、沢山拾ってきて、畑一つ分を、
ナギの緑が楽しめる、縁起樹木の緑が楽しめる、
人生の終盤に、暇潰しを、見つけた気がする、ナギの木でした。

一言。
支離滅裂感のある文章は、作文嫌いが書いていますので、
  ご容赦ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

アジの焼き干物を酒に沈め、熱燗にして、干物酒

6時間煮た、サバの味噌煮に、
背骨も、柔らかくて、骨が、歯茎に刺さる事は、無かったけど、
今日の頂き物、焼き小アジの干物の骨が、
歯茎に刺さり、抜けなくなった事に、
やっぱり、相性がないんだと思った、アジの干物でした。

本題は、ここから
小アジの焼き干物を、酒に沈め、ひれ酒ではないけど、
コアジの堅い身を、柔らかくして食べたかった私ですが、

ふぐのひれ酒もいいけど、アジの焼き干物の酒浸しもいいかと思う、
この方が、身近?と感じた、酒の楽しみ方にもなりました。

実際に、アジの焼き干物を、沈めたのは、
そして、熱燗にしたのは、焼酎のお湯割りですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サバを、頭から尻尾まで骨ごと食べる、サバの味噌煮に、6時間

食事時に、サバの味噌煮を、90分ほど煮込む、
繰り返し、4回で、サバの背骨から食べらける、
通算6時間で、サバの切り身を、カレーの添え物、
サバを骨ごと崩し、カレーご飯に、混ぜて食べる味に、
何か、懐かしさを感じた、
母の手料理にでも食べた記憶の、
サバをコトコト、通算6時間煮た、サバを丸ごと食べる、
サバの味噌煮になりました。
また、サバの切り身だけを取り出し、冷蔵庫保存に、

サバの頭が崩れて、形が不細工になった、
サバの粗は、サバの粗の煮汁に、ネギを入れ、楽しめた、
副産物料理に、こうすれば、いいのだ!!と思った、
ちょっと時間で、サバの粗を煮るだけでは、
頭の骨ごとは無理で、面倒だけど、
こうして、副産物に、サバの粗汁が、楽しめるのだったら、

サバの背骨の食感が好きな私は、
また、6時間ほどで、楽しめるのなら、また、
炊いてみようと思った、サバを丸ごと食べるになりました。

追記。
調味料は、赤だし味噌、いちみ、味醂、
砂糖代わりに、リンゴを、サイコロ切りにして入れた、
サバの味噌煮です。
そして、上品な味に仕上がった気がした、サバの味噌煮です。

12月22日追記。
サンマを、頭から尻尾まで、背骨まで食べつくす為に、
要した時間は、小鍋コトコト煮の、サンマの味噌煮では、
2時間でした。

また、骨まで食べられる、サバの味噌煮は、身と骨を崩し、
大根おろしで食べる、サバの大根おろしトッピングも、
沢山、サバの味噌煮を作った時には、味も変わり、
これもいいかと思った、
ジャコおろしのアレンジ、サバおろしに、なりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

ジュースで飲みたいと思った、冬の、おろし大根の甘辛さ

寝酒には、まだ、早い、ジャコおろしで、一杯の今に、
夏に、おろし大根シャーベットジュースで飲みたい!!と思った、
大根の品種は、知らないけど、ふと、そう思った、
  調味料要らずで、みずみずしく、美味しい、飲む感覚の、
水分たっぶりの、おろし大根の甘辛さ、でした。
一言。
私のアメーバブログの同記事を、ちょっと、アレンジし、投稿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

室内での麦藁帽子活用法

南向きの窓の目線に入る日差しに、日差し避けは、
パソコンを前に、麦藁帽子を被ったら、
北向きに、フードがつけている、パソコンを前にですが、
麦藁帽子の周囲にある鍔が、
冬の低い位置にある太陽の、
 
変わる日差し方向にも、対応でき、
目線の日差し避けに、
ぴったりでした。
一言。
アメーバブログにも、ちょっと、長い記事で掲載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

私の今年の漢字、一文字は、「雑」

テレビは、まあ、それは、それでいいと思うけど、
いつもと変わらない、四年に一度でも、
 いつもと変わらない事と思う、私は、
今に始まった事じゃないけど、
 何事にも、雑が目立った、テレビ内容が、一番と思う、
これからは、ラジオで、十分だと思う私でした。

そして、
私の今年の漢字、一文字は、
 「雑」でした。
おまけ。
好きな数字が並ぶ三つ、
私の誕生月などを、含めると、五つある、
今日は、2012年12月12日。
Zatau20121212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

サンゴの子供の様な、湯の花の結晶を見た、白骨温泉、新宅旅館の露天風呂

江南友の会の、白骨温泉の旅に

大浴場から、露天風呂までは、10mはあるかと思う、
雪の日に、風除けのある通路を、大浴場で温まった体で、
露天風呂まで歩き、ちょっと、凍えた歩きに、
露天風呂の湯船で、より、温かさを楽しめた、
冬の露天風呂でした。

そして、露天風呂にあった、大小二つの、
熱い打たせ湯?に、
これって、お灸かと思ったりした、首筋あたりを、
真っ赤にした、私
でした。

また、打たせ湯の湯船の近くに見た、
湯の花の結晶・石灰の結晶は、
打たせ湯の飛沫で、湯船の隅・端に出来たのかと思う、
サンゴの様な姿
でした。

露天風呂のサンゴの様な結晶の姿に、
これって、サンゴの子供か?と思う様な、
湯の花の結晶を見て思ったりでした。

余談。
硫黄の匂いが、嫌いな母でしたが、
寝たきりになっていなければ、連れて来たかったと思った、
硫黄の香りが好きな私は、何度も、行きたくなった、
白骨温泉、新宅旅館の露天風呂でした。

一言。
旅の記事に、旅館・ホテルのHPに、
  どうして、リンクが張られていないのか?と思った私。

中部山岳国立公園 白骨温泉 白船荘 新宅旅館

追記。
12月開通の道路もあり、そんな道路整備に、
身近に感じた、白骨温泉でした。

おまけ。
湯の花の結晶に、
壊れかけのデジカメを持って、
白骨温泉、新宅旅館の露天風呂に来ていたら、
私は、絶対に写していたと思う、
防水のデジカメを持っていたらと思ったりした、
湯の花の結晶の形でした。

アメーバのブログに、
順不同で、同じ内容を、先に、投稿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

晩飯は、ブルーベリー・ジャコ飯

ご飯に、ブルーベリージャムをぬり、
 ジャコをトッピング
した、
塩大福を思わせる、
 味は違うけど、すぐに思い浮かんだ、
ご飯で、ちょっと、控えめな、
 簡単スイーツ・簡単甘味の、
癖になりそうな、
 ブルーベリー・ジャコご飯の、
晩ご飯でした。
(これでも、料理?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

春菊屋の名物は、春菊牛丼、春菊豚丼

春菊屋は、ご飯に、茹で春菊をトッピングで、
豚肉、牛肉を煮込んだ、味付けが、赤だし味噌煮込みつゆの、
春菊丼、二種のみで、
運がよければ、味噌煮込みの牛肉、豚丼のトッピングもあり丼。
オプションは、練りカラシの、春菊牛丼、春菊豚丼。
でも、もう一つのオプションに、唐辛子を足すだけの、
  韓国風味付け丼?もあります。
追記。
あくまでも、豚肉、牛肉は、丼つゆのダシ。
一言。
この記事は、春菊マニア向けで、
内容も、漫才と一緒?で、なんでもあり。
でも、
今晩食べた、酒の肴に、春菊丼が浮かんだ私。
おまけ。
迷惑は無いかなと、「春菊屋」で検索して、ヒットなし。
再追記。
アメーバ投稿後の、この記事は、少し、編集です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »