« ネギと白菜の混合塩茹でに、一つ食べ方を見つけた気分 | トップページ | 朝の風景に »

2013年2月16日 (土)

吹き零れなかった、三合炊き土鍋で、三合炊いたご飯に

あぶくが、土鍋の蓋を持ち上げられないので、
吹き零れしない事を知った

蒸気抜きの穴が、鍋蓋の上部にあるので、
蒸気が鍋蓋で冷え、出来た水滴が、土鍋の淵を流れても、
また、土鍋に戻るだけの、土鍋の淵の高さで、安心だった

初めての土鍋炊きご飯でした。

そして、炊き上がったご飯、
ご飯粒が、所々に、氷山か?と思うような形で、
米粒が立っていた、土鍋炊きご飯にして、始めて見た気がする、
炊き上がり、炊きたて、ご飯の様子でした。

|

« ネギと白菜の混合塩茹でに、一つ食べ方を見つけた気分 | トップページ | 朝の風景に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吹き零れなかった、三合炊き土鍋で、三合炊いたご飯に:

« ネギと白菜の混合塩茹でに、一つ食べ方を見つけた気分 | トップページ | 朝の風景に »