« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月30日 (木)

無心と欲

無心は、幸を考えない、不幸を考えない、
  だから、結果は、幸せ!!!。
欲が、幸を考え、不幸を考える、
  そうすると、結果は、欲が招く不幸!。

一言。
もう、二度も、思い浮かぶ事が無いだろう!!と、
アメブロのブログネタに、思い浮かんだ事を、
ネタのタイトルとは、変えて、転載でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

「毛布で蓑虫スタイル 掛け布団で蓑虫スタイル 大人用」でネットで探し物

燃料費の嵩む、これからの季節に、
  コンピューターの前だったら、
手が出せる、毛布に袖が付く、掛け布団に袖が付く、
  自家暖房スタイルで、仕事も十分こなせるか
と思った、
「毛布で蓑虫スタイル」、「掛け布団で蓑虫スタイル」検索に、

着る布団と言うより、袖付き着る毛布を見つけた 、
これからの季節の、省エネスタイルの、暮らし方グッズ探し。

そして、もう一つ見つけたい、着る掛け布団でしたが、
  掛け布団に袖となると、ちょっと、難があるか!に、
こちらは、簡単には、見つけられないと思った、
  暖房は、体温だけの、袖付き掛け布団でした。
余談
私は良くても、暖房が必要な、観葉植物には、
  過酷な冬になる、省エネ暮らしです。
一言
私のアメブロ記事からの転載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

ピーマンたっぷりの野菜カレー、グリーンカレーを作り置きした前日

自分が食べるだけの、一週間分ほどの、カレーの作り置きに、
味に文句を言うのは、自分だけなので、
  何でも有りのカレー作りをした日。
緑が映えるグリーンカレー作りは、

八つ切りにしたピーマンで、鍋の半分位を満たし、
ほかには、ざく切りの、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ、そして、
豚肉細切れを入れ(
ジャガイモは、調味料代わりの量)、
野菜と肉が、浸る量の水で煮て、

味付けは、辛口カレールー、一味、鰹だし、赤味噌も入れた、
手前味噌グリーンカレー作り
で、

まずは、昼ごはんで食べる予定の、カレーの作り置きでした。

一言
スーパーで、白菜、ピーマンが安売りしていたので、
  白菜カレーとも思ったけど、煮込むと減量の白菜より、
これなら、ピーマンをカレーに使うか!になり、
  ピーマンの緑が映える、グリーンカレーにする事にした前日。
そして、前日に食べた、野菜ベースの、
  グリーンカレーとコーンコロッケの組み合わせは、
ジャガイモを調味料代わりにした、ジャガイモも入れておくか!の、
ピーマンベースの野菜カレー、グリーンカレーで、
ご飯に、コーンコロッケをトッピングした、増量コロッケの、
  グリーンカレー
では、丁度、良い量のジャガイモに、
ジャガイモが、ご飯の味を、邪魔しない、カレーライスでした。
余談
アメブメに書いた記事を、ちょっぴり、編集して投稿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

朝酒時間の肴は、大根おろしに大根葉の佃煮をトッピング

焼酎のお湯割りに、香りが欲しいと、
純米酒を入れたりもする身勝手飲みの私は、
杜氏さん泣かせ?!の、
  自分勝手飲みの晩酌・寝酒・朝酒で、
今日の朝酒の肴、大根おろしに、
  トッピング、鰹節味の大根葉の佃煮
は、
佃煮に、砂糖を入れていないので、
大根おろしの甘みと辛味が、
  砂糖抜きの佃煮の味を、引き立ててくれた!!、

そんな感じなった、
  今の朝酒時間です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

大根葉の佃煮、味付けは、鰹節、そして、ご飯の友の煮物作り

鰹節味大根葉佃煮の作り方。
大根の葉を、一センチぐらいに刻み、一度、茹でて、
湯を捨て、この時の、湯きりは、
  鍋蓋利用で、ほどほどに、湯を捨て、
大根の葉の入った鍋は、まだ、火から、下ろしたままで、
  熱々の大根の葉に、醤油、味醂、一味、鰹節を加え、
箸で混ぜ合わせ、

その後、鍋を火にかけ、弱火で煮て、
  まだ、水分が出てくる大根葉を煮て、
鍋底に、煮汁を残した状態で、大根の葉が、
  程よく、しんなりしたら、

大根の葉の佃煮の出来上がりです。

一言
ご飯の友の、この大根葉の佃煮には、
  甘いが美味しいとは、私は、思わないので、
ご飯の甘みで、十分なので、砂糖は使っていません。

鰹節味大根葉佃煮の楽しみ方。
ご飯と鰹節味の大根葉の佃煮を、混ぜるだけでも、
  美味しいので、ご飯も進むのですが、
時に、
卵のご飯の味付けに、湯豆腐の味付けに、そして、
卵を割り落とした、レンジでチンの大根葉の卵とじも、
  いいかと思った、
タッパに保存の、一つまみの味見でした。

追記
お気に入りになった、この、大根の葉の佃煮に、
  アメブロに記載だけでは、勿体無いと思い、
こちらにも、ちょっぴり編集で、転載でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

ヘソのあるナス?、ハナのあるナス?、チンチンのあるナス?

庭の一角に実った、茄子をカットしたりで、ナスで遊んでみました。
Nasu20140911aNasu20140911bNasu20140911cNasu201409111

調理する茄子に見つけた、鼻の様な突起がある茄子に、まな板の茄子を写し、この形なら、「茄子に目と口をつけてみよう!!」に、包丁で刻んで、半分に切ったりもして、写して遊んでみました。
包丁で目を付けたり、口を付けたりに、思い浮かんだ文字、茄子っ子、ナスっ子、なすっこに、検索したら、那須のなすっこ祭り も見付けた、検索になりました。
余談。
ヘソの様な突起のある茄子は、珍しくないようで、ネットで見つけた「鼻のある茄子」へもリンクです。

1、鼻のある茄子
2、鼻のある茄子
追記。
元記事は、最近、空の写真も雲の写真の追加も無い、アメブロの2014.09.11の記事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

ガスコンロの点火レバー側に欲しいセンターラインと、固定側に欲しい目盛りライン

土鍋炊きご飯に、計量は、お米の量だけで、
  水の量は、感で適当、
強火から、沸騰するまでは、後は、弱火で炊く時間は、
  始めの頃は17分を、今は15分に減らしても、
私には、ご飯の食感、ご飯の味に、特に違いも無く、

土鍋炊きご飯に、ご飯炊きの再現性の確認に、
  火力調整レバーと固定に欲しいと思った、
目盛り調整ラインと火力調整目盛りでした。

土鍋炊きご飯に余談

土鍋で米を洗い、土鍋の米に、水を張り、
  一時間待ち、ガスコンロで炊く、四合炊きご飯は、八食分。
そして、蒸らし一時間後に、ほどほど冷めたら、タッパに移し、
  タッパの蓋をして、冷めたら、野菜庫に保存で、
ご飯を食べる時は、野菜庫のタッパに入った、ご飯を、
  一食分、茶碗に盛り、レンジ700Wで、1分30秒温め。

お米は、研がず、ゆすぎ洗い程度で、水切りもしない、土鍋炊き

ご飯の土鍋炊きは、水が多ければ、土鍋の噴気孔から、
  煮え湯が、火山の様に、噴きこぼれで、ガスコンロを汚したりもに、
余分な煮え湯は、鍋から吹き捨てられる事も知った
(昔のかまど炊きご飯では、吹き零れは、当たり前でしたが)、

最近は、ご飯を炊く時間を、どの位に時間短縮出来るかな?に、
  関心のある、欲しいな!、ガスコンロの火力調整目盛りです。
自分で油性マジックで、ラインを引くか!の最近です)。

それに、炊く時間の短縮は、省エネになり、
  ご飯を炊く、エネルギー節約で、ガス代金の経費削減!目的。
追記
台所仕事に、機械任せは、エネルギーの無駄を呼ぶと思う、
  煮え湯の熱量も、調理に利用しよう!の、
煮沸殺菌料理か!を、目標の、でも、消化不良を招いてもいけない、
  生でも食べれるものは、ほどほどに、煮るか!になっている、
最近の自炊料理・手前味噌料理です。
一言
アメブロから、私のお気に入り記事を転載でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

演歌歌手、多岐川舞子さんの新曲「霧の城/夜が泣いている」のキャンペーンに、共和、サニーレコードへ

10月11日は、六年ぶりほどに、舞子さんの元気な顔も見たくなり、多岐川舞子さんの新曲、「霧の城/夜が泣いている」のキャンペーンに、共和へ出かけ、
色紙に。名前を書いてもらう、サインの時、舞子さんから、「見た事のある顔がある!と、歌唱中に、思ったと話された、「知っている顔に、よく似た人がいると思った」の話しも聞いた、久しぶりに、笑顔の舞子さんに、心も和んだ日になりました。
そして、舞子さんとのツーショット前の、ちょっとの立ち話に、「各務原のキャンペーンの時に、会ってるよね!」も聞いた、ツーショット後の舞子さんとの握手には、握り返しはしなかったけど、以前と変わらない、力強い握手を感じた、舞子さんとの再会にもなりました。
追記。
多岐川舞子さんの新曲「霧の城」に、歌唱に見える情景も気に入り出かけ、CD購入でのサインとツーショットでは、舞子さんと僅かな会話時間が長くも感じた、舞子さんとの昔話に、癒された私でした

独り言。
ベース記事は、アメブロに、10月12日に、別のタイトルで書きました。
また、店内の暗さに、持っているデジカメでは、なんともならない事も思い出した、日にも。Maiko_20141010




余談。
私は、いつも、立ち見で、歌手の方と目線が合う!を楽しんでいますが、,熱烈な舞子ファン方・追っかけの常連さん二人を、何時もの様に、最前列に見つけた、キャンペーン後には、「どうしていた?」話になったりした、久しぶりに会った二人に、舞子さんの出待ちを付き合う事とにした、一時間ほど、店先で、舞子さんを待った日にもなりました。
そして、出待ちに、長身の舞子さんの洋服でブーツの姿を見て、洋服姿も、モデルさんが似合う!を再認識した、また、熱烈ファンの二人の方は、出待ちに、少し暗くなっていても、フラッシュ撮影で、舞子さんのシングルショット撮影に余念が無い事を、羨ましく眺めていた私になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

幕の内弁当の考察(鰹だしおでん煮物に)

水に、鰹だし、削り鰹節、一味、味醂、そして、
  塩代わり、色づけに、醤油を投入で、おでん汁を作り、

おでん種は、ちくわ、コンニャク、木綿とうふ、紅生姜がんもで、
  おでん汁で煮込む、

おでんに不釣合いな乾燥ワカメは、彩りに、
冬の鍋物の様に、白菜も一緒に煮たら、美味しそう!に、

気分での足し物は、
  調味料代わりなった感の白菜、ワカメになり、

今日の昼は、
  この数日前の、冷蔵庫の、おでん種の作り置き煮を、鍋から取り出し、
そして、今日の昼飯は、
  別の煮置きから、ワカメとキャベツの甘酢煮を混ぜご飯にして、
焼酎のお湯割りの酒の肴にした、

  冷たいおでん種の味に、冷たいおでん種を食べ、知った

駅弁の味、仕出屋さんの料理の味
と思った、

鰹だしで、大鍋で、具材を一括で煮て、器に盛り分ければ、
  これで、幕の内弁当のおかずは、完成か!と思った、

今日の昼でした。

そして、今日の午後の、
  おでん汁の足し煮に、ちくわ、こんにゃく、とうふの買い置きと、
冷凍室からは、買い置きの、シイタケを取り出し、
  シイタケも入れて、おでんの足し煮にしよう!になった時間でした


追記。
この、午後のおでんの足し煮は、ゆで卵三個と、
  調味料に、一味、鰹だし、鰹節、味醂も追加投入でした。

余談。
元記事のアメーバブログには、こちらでの修正は、加えていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

タコ入りお好み焼きに、タコがぶつ切りだとバラバラになる、私のお好みに、ヒントを検索

検索に見た、タコ入りお好み焼き記事に、

鰹だし、小麦粉、キャベツ、タコ、一味、水の混ぜ物を焼いた、
鰹節は、焼きあがった後に、ソースと共にかける、
私のタコ焼きと違ったのは、材料の違いは別にして、

土台の練り物の中には、ぶつ切りタコは入れないで、

フライパンに流した生地の上に、ぶつ切りタコを敷き詰め、
ヘラで、生地の中に、タコを押さえ込み、

生地をタイル壁の土台の様にした、

タコのお好み焼きは、こうして焼けばいいのか!!
に、

そして、食べる前にかける予定の鰹節は、
  タコ落下防止のドロ壁の繋ぎするか!
にもなった、

蒸しダコの粘着無しを、生地と分離して当たり前のタコを、
  ぶつ切りタコの材質対策だ!と思った、

崩れない、タコ入りお好み焼きの焼き方ヒントでした。

余談。
たこ焼きが丸い必要は無い、自分で食べる、お好みタコ焼きは、
茹蛸が買えても、たこ焼き購入予算のない、私の、
  自分の手間賃はゼロの、ささやかな物価対策。

一言。
アメーバのブログにも書いた、ココログへも転載は、
  タコお好み焼きの焼き方のコツでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

皆既月食を写した、2014年10月8日19時半から20時半頃

2014年10月08日の皆既月食では、月食での満ち欠けの姿は、
ほとんど、雲の中だったので、本当に、運良く写せた、
ほぼ問題なく見られた、赤い月、赤銅色?の月の色でした。
Moon201410081Moon201410082Moon201410083Moon201410084Moon201410085


余談。
2011年12月10日の時は、同じ皆既月食でも、
月食で満ち欠けする月の姿を中心に写してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

雨後の竹の子コメント、雨後の筍コメント

訪ね見るサイトのコメント欄に、斜め読みで感じた、
特に、賛美コメントに思った、
「雨後の竹の子コメント」、「雨後の筍コメント」と思う、
コメントを読むでは無く、
 コメント文字の拾い出し見に思った、
これって、「雨後の筍コメント」のつぶやき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

ピンポンパンの単調音

台風情報を聴いている、
  早朝のNHKラジオに、
エノケンの名前も聴いた、
  エノケンほかの歌声に、
これって、単調音と思った、
  ぴんぽんぱんの文字が見えた?、
ピンポンパンの単調音でした。
余談。
まだ、激しくない雨垂れ音を、
  空き缶を叩く雨音で楽しむ、
寝酒・朝酒を楽しんでいる、
  午前4頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

正座で瞑想もいいけど、階段の上り下りで無心もいい

和室の畳部屋で、座布団なしで、正座で瞑想もいいけど、
台風が来る前、今日の雨の日に、
昨日は、一日、草引きをしたけど、
  足腰は、ちと、運動不足か!と思った、
室内にある14段の階段の利用で、運動不足解消を兼ね、
  時間と体力がある限り、

階段を無制限に、往復28段の上り下りに、ふと思った、

階段の上り下りで、正座より健康的?に、
考え事をすると踏み外す階段は、無心になるのにいい!!でした。

一言。
我が屋の階段には、手摺あり。
余談。
民宿案内ではないけど、室内の通路にも、手摺あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

酢物が似合う、食材の七品甘酢煮に、思い浮かんだ、「生姜酢飯処」

朝の混ぜご飯にする、七品甘酢煮に、
そして、寿司屋の単なる酢飯の記憶が消えた、
  朝に食べる、新生姜酢飯ご飯に、
朝酒もあり、ふと浮かんだ、
  酢飯に、刺身をのせても、酢飯に、刺身を混ぜても、
生姜酢飯には、
  刺身は、ただのお飾り、刺身は、ただの彩、と思った、
朝からのほろ酔い時間に、思い浮かんだ、

飯処「生姜酢飯屋」の文字。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

酢の物作りは、七品の甘酢煮

ワカメの様な単品の酢の物、
  紅白なますの様な組み合わせ酢の物に、

チョコチョコと、個別の作り物は、
  「えぃ!、面倒だ!!」と、

作った酢の物は、殺菌を兼ね、甘酢煮にした、
  七目酢の物、七品一括の酢の物作りで、

キャベツ、タマネギ、ニンジン、ダイコン、ワカメ、
アブラアゲ、ショウガの七品で作る、

アブラアゲは別に、
  全部が生でも食べられる食材なので、
でも、年金の狭間の年齢に、消化も考え

細切りのショウガは除き、
  キャベツ、タマネギ、ニンジン、ダイコンの細切りは、
レンジ蒸しで、下ごしらえをして、

酢、味醂、砂糖の甘酢で、一分ほど煮る、
  レンジ蒸しの食材は、混ぜるだけの、
賑やかな酢の物作り

一言。
冷蔵庫を、惣菜棚代わりにしている、料理の作り置きは、
  一週間分ほどの作り置きが、常になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »