« タコ入りお好み焼きに、タコがぶつ切りだとバラバラになる、私のお好みに、ヒントを検索 | トップページ | 演歌歌手、多岐川舞子さんの新曲「霧の城/夜が泣いている」のキャンペーンに、共和、サニーレコードへ »

2014年10月18日 (土)

幕の内弁当の考察(鰹だしおでん煮物に)

水に、鰹だし、削り鰹節、一味、味醂、そして、
  塩代わり、色づけに、醤油を投入で、おでん汁を作り、

おでん種は、ちくわ、コンニャク、木綿とうふ、紅生姜がんもで、
  おでん汁で煮込む、

おでんに不釣合いな乾燥ワカメは、彩りに、
冬の鍋物の様に、白菜も一緒に煮たら、美味しそう!に、

気分での足し物は、
  調味料代わりなった感の白菜、ワカメになり、

今日の昼は、
  この数日前の、冷蔵庫の、おでん種の作り置き煮を、鍋から取り出し、
そして、今日の昼飯は、
  別の煮置きから、ワカメとキャベツの甘酢煮を混ぜご飯にして、
焼酎のお湯割りの酒の肴にした、

  冷たいおでん種の味に、冷たいおでん種を食べ、知った

駅弁の味、仕出屋さんの料理の味
と思った、

鰹だしで、大鍋で、具材を一括で煮て、器に盛り分ければ、
  これで、幕の内弁当のおかずは、完成か!と思った、

今日の昼でした。

そして、今日の午後の、
  おでん汁の足し煮に、ちくわ、こんにゃく、とうふの買い置きと、
冷凍室からは、買い置きの、シイタケを取り出し、
  シイタケも入れて、おでんの足し煮にしよう!になった時間でした


追記。
この、午後のおでんの足し煮は、ゆで卵三個と、
  調味料に、一味、鰹だし、鰹節、味醂も追加投入でした。

余談。
元記事のアメーバブログには、こちらでの修正は、加えていません。

|

« タコ入りお好み焼きに、タコがぶつ切りだとバラバラになる、私のお好みに、ヒントを検索 | トップページ | 演歌歌手、多岐川舞子さんの新曲「霧の城/夜が泣いている」のキャンペーンに、共和、サニーレコードへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幕の内弁当の考察(鰹だしおでん煮物に):

« タコ入りお好み焼きに、タコがぶつ切りだとバラバラになる、私のお好みに、ヒントを検索 | トップページ | 演歌歌手、多岐川舞子さんの新曲「霧の城/夜が泣いている」のキャンペーンに、共和、サニーレコードへ »