« 幕の内弁当の考察(鰹だしおでん煮物に) | トップページ | ガスコンロの点火レバー側に欲しいセンターラインと、固定側に欲しい目盛りライン »

2014年10月19日 (日)

演歌歌手、多岐川舞子さんの新曲「霧の城/夜が泣いている」のキャンペーンに、共和、サニーレコードへ

10月11日は、六年ぶりほどに、舞子さんの元気な顔も見たくなり、多岐川舞子さんの新曲、「霧の城/夜が泣いている」のキャンペーンに、共和へ出かけ、
色紙に。名前を書いてもらう、サインの時、舞子さんから、「見た事のある顔がある!と、歌唱中に、思ったと話された、「知っている顔に、よく似た人がいると思った」の話しも聞いた、久しぶりに、笑顔の舞子さんに、心も和んだ日になりました。
そして、舞子さんとのツーショット前の、ちょっとの立ち話に、「各務原のキャンペーンの時に、会ってるよね!」も聞いた、ツーショット後の舞子さんとの握手には、握り返しはしなかったけど、以前と変わらない、力強い握手を感じた、舞子さんとの再会にもなりました。
追記。
多岐川舞子さんの新曲「霧の城」に、歌唱に見える情景も気に入り出かけ、CD購入でのサインとツーショットでは、舞子さんと僅かな会話時間が長くも感じた、舞子さんとの昔話に、癒された私でした

独り言。
ベース記事は、アメブロに、10月12日に、別のタイトルで書きました。
また、店内の暗さに、持っているデジカメでは、なんともならない事も思い出した、日にも。Maiko_20141010




余談。
私は、いつも、立ち見で、歌手の方と目線が合う!を楽しんでいますが、,熱烈な舞子ファン方・追っかけの常連さん二人を、何時もの様に、最前列に見つけた、キャンペーン後には、「どうしていた?」話になったりした、久しぶりに会った二人に、舞子さんの出待ちを付き合う事とにした、一時間ほど、店先で、舞子さんを待った日にもなりました。
そして、出待ちに、長身の舞子さんの洋服でブーツの姿を見て、洋服姿も、モデルさんが似合う!を再認識した、また、熱烈ファンの二人の方は、出待ちに、少し暗くなっていても、フラッシュ撮影で、舞子さんのシングルショット撮影に余念が無い事を、羨ましく眺めていた私になりました。

|

« 幕の内弁当の考察(鰹だしおでん煮物に) | トップページ | ガスコンロの点火レバー側に欲しいセンターラインと、固定側に欲しい目盛りライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演歌歌手、多岐川舞子さんの新曲「霧の城/夜が泣いている」のキャンペーンに、共和、サニーレコードへ:

« 幕の内弁当の考察(鰹だしおでん煮物に) | トップページ | ガスコンロの点火レバー側に欲しいセンターラインと、固定側に欲しい目盛りライン »