« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月29日 (火)

キツネの目線に、思い浮かぶ、悪霊退散の文字!!

2017年6月3日の散策で出会った、キツネの眼差しは、
草も生長する時期で、思うような撮影ではなかったけど、
散歩に何度も、出直し、茂みに見つけた、
目線が合った、ホンドギツネでした。

余談。
キツネの写真掲載は、三つのブログに、
同じ写真を掲載する事にした、
NIFTYのブログが、最後となりました。

追記。
そして、amebaのブログには、
キツネの写真は、六月に掲載でしたが、
今回、記事タイトル変更で、書き直したので、
過去の写真は削除、今日再投稿でした。

2017/9/16記述訂正。
ホンドキツネをホンドギツネに訂正。

Kitsune_2017_06_03x

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

失敗に終わった、アゲハチョウの青虫観察

三匹いた、カボスの葉を食べていた、四令まで、育った、

緑虫・青虫でしたが、昨日と今日で、

一匹も居なくなってしまった、

やっぱり、青虫保護ネットが必要か!と、反省にもなった、

青虫観察の終わりになってしまった、

青虫が蛹になる前に、何に食べられたんだろう?になった、

近くには、小さな蜂がいたけど、

カラス、スズメなど、想像が付かない、青虫の行方不明でした。

一言。

カボスの葉も、ほぼ食べつくした、

青虫は、木陰に隠れる場所も無くなっていたから、

何に狙われても仕方が無かった、

無防備なまま、青虫の観察を始めた、

観察の一人遊びだったけど、

保護ネットは必須だ!と思った、

保護ネットで、カボスの木が鉢植えなので、

全体を覆って、置けばよかったのに!なる、

観察の反省にもなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイシの葉っぱに、若葉、古い葉、共に、ハキリバチが来た気配は無い

ハキリバチが、レイシの葉を避ける様な、

レイシの葉姿に、?ですが、

ハキリバチは、松葉、イチジクの葉も食べないから、

もう少し、よく、ハキリバチの葉の切り取り後を、

観察しなくちゃ!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤松の鉢植えの松毬の数、記録して、変化を見ていこう!

ぼっと見ていた、赤松の松毬の様子でしたが、

松毬の変化が遅いのか?、

松毬が熟す前に、枯れ落ちたのか?も、分からない状態になり、

これからは、松毬の大小に関わらず、

まずは、今の状態を記録しておこう!になりました。

現在松毬七個、長さは、十二ミリほど、目測でした。

そして、大体、松毬の大きさは、大体、均一な大きさ。

一言。

大体ばかりの、今日のメモでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

アゲハチョウの幼虫の薄緑虫も、緑近くになっていた青虫

新聞取り出た、七時前、26度近くの外気温に、

曇り空もありで、エアコンを止めた、応接間は、

換気扇を回す事にした時間で、

カボスの葉を食べて、薄緑色の青虫も、

緑近くになっていた青虫、

そして、白いソックス姿が目立っていた緑虫の様子に、

カボスの木の葉も、

 

ちょっと、寂しくなってきたか!でしたが、

葉緑素を沢山、カボスの葉で補給して、

 鮮やかな、緑虫になるんだぞ!!と、

一言掛けた、アゲハチョウの四令の青虫の幼虫でした。

余談。

心の中で、言葉を掛けるのは、

今は、仏壇の位牌と青虫ぐらいの最近です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

アゲハチョウの虫色観察になりました

青虫では、見た目とは、一致しない、

三令も過ぎた、青虫の脱皮後色に、

時間がたてば、他の二匹と、

  

同じ緑の虫色になるか?でしたが、

時間が経過しても、やっぱり、薄緑の虫色に、

アゲハチョウの幼虫は、

  青虫より、緑虫の方がぴったりだ!と思った、

幼虫三匹の中の一匹が、薄緑虫の幼虫で、

今日見て思った、独り言になった、

  

青虫の虫色観察になりました。

そして、薄青虫では、ぴんとこないに、

  薄緑虫の方が、ぴったりだ!と思った、

昨日と今日の三匹の青虫に、

脱皮後の虫色は、均一ではないと知る、

  

四令の虫色観察にもなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツクツクボウシの声を聞いた、今日の朝

アブラゼミの声は、年中耳鳴りで、聞き飽きてますが、

耳に一足早く、届いた、秋の気配になりました。

そして、ツクツクボウシの一匹の、鳴き声を聞いた朝に、

  お盆過ぎだから、暑さは居座っていても、

虫の季節感は、正直か!に、

今の猛暑は、狂っている?、

  この残暑の日々は、何時までかな?の、

独り言になりました。

そして、気分は、

「お盆過ぎ、ツクツクボウシが、

  アブラゼミと、夏を、追い出しに来る」

でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

まだ、赤松の松毬が二センチにも満たない大きさに、悩む撮影

松毬が、四センチとかの大きさにならないと、

松毬が開く事も無い!と知ると、

 今、赤松に付いている、この松毬は、

今年の物か!?に、

前年に、松毬を観察していた、記憶もないに、

多分、赤松の雌花は、

  

咲く時には見ていただろうけど、

その後の様子は、気にもしてなかった、

花時しか見てなくて、

  その後の、松毬の姿を、

今までは、全て、朽ち果てていたのだろう!!に、

まずは、この現状の記憶だけでもメモしておく事に。

余談。

根詰まり状態の鉢植えの赤松ですが、

鉢の内側の周囲には、水が受けられる様に、

  気休めですが、土は取り除いてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

樹木の種に、発芽阻害物質の存在を実感したのは、ナギとカヤ

木の種、木の実を、土に埋めても、発芽しない!!に、

  ちょっと変!と思った、

種子の果肉を、腐敗させ、

  

種だけにしてみたら、発芽した!をヒントに、

果肉のある、樹木の種子は、時として、

  

果肉を土に埋め、果肉を腐敗させ、果肉を剥ぎ取り、

種を、水洗いして、発芽を確かめよう!!になっている、

  樹木好きの私の体験談でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三匹の茶虫も、少し緑がかって来た、今日の三令の幼虫

カボスの木の葉に居る、

蝶の幼虫も、もう少しで脱皮するのかな?、

脱皮前から、青虫に変身かな?、

そして、初めてのアゲハチョウの幼虫を、

しみじみと、観察した事が無い、

自分を自覚になりました。

独り言。

幼虫の葉の食べ跡に思う、

  カボスは、小さな鉢植えだけど、

カボスの葉が何枚あれば、

  

青虫が蝶に変身できるのかな?と、

今日の一言でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の強風で、倒れていた、インドボダイジュの鉢植え

昨日の雷と雨は強い!と、屋内の応接間に居て、知っていたけど、

  まさか、枝葉が多くもない、インドボダイジュの鉢植えが倒れ!に、

庭木の萩の木の方に倒れて、

  萩の枝葉が、インドボダイジュのクッションになって、

インドボダイジュの木を、傷つける事が無くて、一安心になりました。

そして、しなやかな、木の枝葉が、風を受け流す!と、思っていたら、

  どんな風が吹いたか知らないけど、

傘のような木の形でもないのに、

ばったりと倒れていた、インドボダイシュの木でした。

教訓。

いくら、枝葉、木がしなやかでも、

  

風次第では、気をつけなきゃ!になった、

木を大きくしたい、インドボダイジュです。

そして、前回の台風では、屋内避難でしたが、

  昨日は、まさか!?の出来事になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

養蚕農家だったので、「なんれいの青虫かな」を検索に知る、五令まで

この茶虫は、「なんれいの青虫かな」の検索に見つけた、

  

下記サイトでした。

そして、蚕とは、違うけど、懐かしい言葉の検索になりました。

また、見つけた記事と写真ページに、即リンクした私でした。

アゲハをそだてよう!

上記サイトは、幼虫の成長過程が分かり易く、

  成長写真のデータもある、

検索して良かった!になった、ページになりました。

一言。

自宅のカボスの木の葉を食べて育つ、

  

三匹の茶虫は、まだ、三令の様でした。

そして、アゲハも、三令までは、

  茶虫でいる、青虫の幼い頃と知る!になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

レンズ保護フィルターで後光写真撮影

幻想的でもない写真撮影は、

レンズ保護フィルターを汚し、

  

後光写真撮影をしよう!!と、

そんなバカな事に気が付く、

  

メガネで物を見る、私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トックリキワタの木、アラマンダの木は、手入れ不良で枯らし

そして、インドボダイジュの木、レイシの木、ナギの木に思う、

  お前らは、水生植物!?と思う様な、

樹木を育て、知るになった、

この木たちは、水を好む木と知る、

そして、水辺近くを好むのか!、

そんな事を知る、樹木観察になっている、

今年の夏の、植木鉢の木の、日々水遣りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

お盆の朝は、ゴーヤ稲荷寿司を、朝のお供えに

亡き母が、ゴーヤ料理を、好んでいた事を思いだし、

お盆に、ちょっと工夫のお供え飯は、

ゴーヤ稲荷寿司、ゴーヤ稲荷、ゴーヤ寿司でした。

ご飯、ゴーヤ炒め、油揚げの甘辛煮は、作り置きなので、手早く済む、

朝のお供え物の飯物でした。


冷や飯に、ゴーヤ炒め、すりゴマを混ぜ、レンジ温めして、

 

酢をかけて、混ぜご飯にして、油揚げの甘辛煮の袋に、詰め込み、

 

私には、美味しい、ゴーヤ稲荷が出来た!!と、

 

位牌が並ぶテーブルで、両親と先祖様達に、報告でした。

 

一言。

 

酢飯は、ご飯に、酢だけで十分で、

 

稲荷の油揚げの甘辛煮は、

 

  一味、粗目、醤油で味付けなので、

 

酢に、何かを足す必要はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

風に舞う掛け軸に、軸先が化粧壁に当たり、ししおどし同様の音を聴かせる

人が立ち入らない、和室に、

 

  畳みカビ防止で、首ふり扇風機を置き、

 

私が、仏壇に行く時に、

 

  その扇風機の風を乱した結果に、

  (あとで知る事に現象・状況)

 

人気も無いのに、「あれ、何の音だ?」となり、

 

  音の方向を見ると、掛け軸が揺れていて、

 

掛け軸の軸先が、化生壁を打ち

 

  ししおどし(鹿威し)同様の音色を聞かせてくれた

 

朝の仏壇の、お釈迦様、お寺さん、先祖様、

 

  両親に、お参りした前後の事でした。

 

 

 

そして思った、これと同じ構造の物を作れば、

  私も、何時でも、鹿威しの音を楽しめるか!!でした。

補足。

アメーバブログに元記事を書き、その後、こちらに転記でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

読み間違い、見間違いに始まった、恥の上塗り!、墓穴を掘る!を実感!!

投稿コメントの公開に、

  「あっ!、コメントを間違えた」から始まった、

投稿したら、変更が利かないコメントに、

公開されたコメントを見て、文字は間違ってなかった!!のに、

  それを読み間違い、そして、見間違いに

縁(えん・ゆかり)と、緑(みどり)の文字を、ご認識し、

トンチンカンな、訂正コメントを書き、

また、公開に知る、

今日の朝の、「墓穴を掘る!」になり、「恥の上塗り!」になった、

一人では、読み間違い、見間違い、勘違いを、

  どうする事も出来ない、今日の、一人暮らしの私でした。

追記。

間違えた!と思ったら、間違いでは無い、

文字の見間違いに、よみを平仮名で、

その漢字が、間違っている事を気が付かず、

コメント再投稿の、コメント公開に知る、後の祭りで、

コメント投稿と公開確認の、

  タイミングずれに、ドツボにはまった

そそっかしい私でした。

そして思う、宮崎緑さん、コメント繰返して、ゴメンなさい!でした。

宮崎緑オフィシャルブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

せんべい布団の欠点補正は、ひざ掛けを首枕にして、毛布を腰枕にする

私の体の構造にあわせ、

有る物利用で、

体型補正に、ひざ掛け、毛布利用で、

ひざ掛けの折り方で、高さ調節して、首枕に、

毛布の折り方で、高さ調節して、腰枕に使うを知り、

何よりはましか!の、廃品利用で、

敷き布団の下に、ひざ掛けと、毛布を使い、

  布団に高低差を付け

廃物利用に、倹約生活を知るでした。

そして、もう捨てるか!の、ひざ掛けと、毛布!に、

  利用方法を考える私でした。

一言。

結果的に、欠点補正は、ひざ掛けと毛布でしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »