« 風に舞う掛け軸に、軸先が化粧壁に当たり、ししおどし同様の音を聴かせる | トップページ | トックリキワタの木、アラマンダの木は、手入れ不良で枯らし »

2017年8月15日 (火)

お盆の朝は、ゴーヤ稲荷寿司を、朝のお供えに

亡き母が、ゴーヤ料理を、好んでいた事を思いだし、

お盆に、ちょっと工夫のお供え飯は、

ゴーヤ稲荷寿司、ゴーヤ稲荷、ゴーヤ寿司でした。

ご飯、ゴーヤ炒め、油揚げの甘辛煮は、作り置きなので、手早く済む、

朝のお供え物の飯物でした。


冷や飯に、ゴーヤ炒め、すりゴマを混ぜ、レンジ温めして、

 

酢をかけて、混ぜご飯にして、油揚げの甘辛煮の袋に、詰め込み、

 

私には、美味しい、ゴーヤ稲荷が出来た!!と、

 

位牌が並ぶテーブルで、両親と先祖様達に、報告でした。

 

一言。

 

酢飯は、ご飯に、酢だけで十分で、

 

稲荷の油揚げの甘辛煮は、

 

  一味、粗目、醤油で味付けなので、

 

酢に、何かを足す必要はありません。

|

« 風に舞う掛け軸に、軸先が化粧壁に当たり、ししおどし同様の音を聴かせる | トップページ | トックリキワタの木、アラマンダの木は、手入れ不良で枯らし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆の朝は、ゴーヤ稲荷寿司を、朝のお供えに:

« 風に舞う掛け軸に、軸先が化粧壁に当たり、ししおどし同様の音を聴かせる | トップページ | トックリキワタの木、アラマンダの木は、手入れ不良で枯らし »