« 仏壇周囲は、アルコール飲料、カップ麺の、食料品の備蓄場所 | トップページ | 韓国の汁無し味噌うどんを思い出した »

2017年10月12日 (木)

樹木、トックリランの残酷観察

夏も冬も、気まぐれな水遣りに、枯れたかな?になった、
ポニーテール(トックリラン/ノリナ)でしたが、

木の元の徳利形の膨らみの貯水力テストする事に。

枯れたかな?の状態のトックリランに、

土を捨て、枯れ木の様にしましたが、
折角だから、この機会に、木は捨てずに、木を水鉢に置き、
夏から初秋は、半日陰で、たっぷりの水の中に放置に、

水性植物のような状態にして観察、

そして、枯れたかな?だったけど、
枝先、幹の脇からの、秋の芽吹きに、

そろそろ、この状態を止め、植え替える事にした、
10月初めです。

そして、私には貴重な体験でした。

枯れると思ったけど、あちこちから、新芽が、四箇所ぐらい、
芽吹いて来ていて、砂土に植え替えた、
秋も10月のトックリランでした。

この余談の引用は、下記リンク先から。
花言葉、多くの才能。
生き延びた(旧学名)ノリナに、クリーム色の、
小さな花を見たくなった私でした。
樹木名、花言葉の、引用は、このリンク先から
https://horti.jp/10020

|

« 仏壇周囲は、アルコール飲料、カップ麺の、食料品の備蓄場所 | トップページ | 韓国の汁無し味噌うどんを思い出した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹木、トックリランの残酷観察:

« 仏壇周囲は、アルコール飲料、カップ麺の、食料品の備蓄場所 | トップページ | 韓国の汁無し味噌うどんを思い出した »