« 桜の季節は、狐との出会いの季節 | トップページ | 石川県のテレビの鰻の養殖話に検索 »

2018年6月15日 (金)

神明小網橋から見た、木曽川に下りていたトンビ二羽

トラックが神明小網橋を通過すると、その振動が、

 

デジカメを持つ手にも、伝わるか!と思った、

 

トンビまでの距離は、百メートル以上か?と思う、

 

トンビの姿の、ちょっとボケた写真になりました。

Tonbi_201805_x1_4

そして、次は、トンビを川原に見る機会があれば、

 

Tonbi_201805_x2_3

明るい日に、トンビが降りていれば、いいのだが!になりました。

 

また、いつも、トンビを写す機会が、上空だけでしたが、

 

羽を閉じたトンビは、クチバシ、足元が見られて、

 

いいな!と思う、私でした。

 

一言。

 

トンビ二羽は、向きを変えた写真二枚では無く、

 

トンビの存在に私が気が付いた時には、

 

トンビ二羽が、既に、川原の石の上に、存在していました。

 

そして思った、雌雄のトンビかな?でした。

 

|

« 桜の季節は、狐との出会いの季節 | トップページ | 石川県のテレビの鰻の養殖話に検索 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148169/66833866

この記事へのトラックバック一覧です: 神明小網橋から見た、木曽川に下りていたトンビ二羽:

« 桜の季節は、狐との出会いの季節 | トップページ | 石川県のテレビの鰻の養殖話に検索 »