« そして、できるだけ聴力便りの部屋にしよう!は | トップページ | 亡き父の五十回忌の遠方の方のタクシー代をお礼に払うなら »

2018年10月23日 (火)

青焼きコピーの登記簿謄本は化石だ!ゴミ屑だ!と知った

登記簿名を自分に変えた、十万円ほどの登記費用を払った、

五十年ほど前には、相続が終わっていて、

やっと、最近、登記費用も私負担で、振り込み払い終わりに、

そして、登記のソーラー用の農地利用に、

時代も変わったな!の早く父を亡くし、

私の名義に変えた土地は、兄弟三人とも土地は要らないに、

管理維持のコストに、土地なんて持っていたら、早死にだ!に、

生きている内に、農地の用途をかんがえなくちゃ!に

東京のオリンピックの年には母の七回忌になる、

法事には、東京のオリンピックは無視して、

内輪の親戚だけでの酒盛りを楽しもう!と算段に、

費用は、長男の私が受け持つ酒盛り費用で、

タクシー代は簡単には出せないけど、サラリーマン時代の、昔を思うと、

微々たる予算に、父も長男だったからに、父ができなかった事は、

五十回忌に何かの費用を出そう!の、

でも、離れの取り壊し予算が60万円ほど必要に、そして、まだ費用に、

余力があれば、タクシー代が三軒で、

お礼だけの、車で来られるガソリン代だけに、
三万円以内から遠方の方に、お礼を出し、気軽に来て欲しいと思っている、

でも、体は、まだ、致命的には壊したくない私でした。

目も見えなくは、なりたくない、歌手の野中さおりさんの

歌声を追いかけたい私でした。

そして、詳しい法事の費用は、

時が来たら考えように、落ち着く、私の算段しだいの事でした。

また、五十回忌の法事と思えば、何か香典返しだけど、

五周年後香典返し何にするのが一番かは、具体案が浮かばない私でした。

|

« そして、できるだけ聴力便りの部屋にしよう!は | トップページ | 亡き父の五十回忌の遠方の方のタクシー代をお礼に払うなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青焼きコピーの登記簿謄本は化石だ!ゴミ屑だ!と知った:

« そして、できるだけ聴力便りの部屋にしよう!は | トップページ | 亡き父の五十回忌の遠方の方のタクシー代をお礼に払うなら »