« 危険性排除・危険性考慮のAI考 | トップページ | 街中は、ハロウィンモードの文字に »

2018年10月17日 (水)

鶏のレバーの刻み生姜の醤油漬け煮、レバーの血も栄養として、レバー煮

私の嗅覚が鈍いのか、

吸血鬼気味なのか、鶏のレバーは、出来るだけ包丁を入れない、

血の匂いは感じない、煮ても血の匂いは感じない、

はつも、二つ割りだけで、

その鶏の血糊も、味として、しっかり、そのまま使う、

鶏のレバーの、刻み生姜の醤油漬け煮です。

そして、生姜も香る、大好物の鶏のレバー煮です。

また、砂糖などの味付けは一切不要な、

生姜と醤油の味付けだけの経済的な煮物です。

そして、野性味を味わう、照りも無い、鶏のレバー煮です。

そして、鍋を煮立たせても、血糊をアクとして捨てたりしない、

鶏の血糊も味として使うので、

鶏のレバーは刻む前には、水で洗うけど、後は、血の一滴も流さない

鶏のレバーの刻み生姜醤油漬け煮です。

ただし、注意は、血は泡になりやすいので、火力だけには要注意です

|

« 危険性排除・危険性考慮のAI考 | トップページ | 街中は、ハロウィンモードの文字に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶏のレバーの刻み生姜の醤油漬け煮、レバーの血も栄養として、レバー煮:

« 危険性排除・危険性考慮のAI考 | トップページ | 街中は、ハロウィンモードの文字に »