« 演歌歌手、野中さおりさんの「百夜」の歌に浮かぶ、暗示効果 | トップページ | 屋根の漆喰の化粧壁に »

2018年10月22日 (月)

酔っ払いのような自分の歩き方と、思考は正常に

子供の様な、体を左右に傾け歩く自分に、

思考は定かだけど、足には、壊れかけを感じていた、

最近の自分の様子にも、

故障の壊れ欠けか!を感じているに、

走行は急ぎ足に不適を感じる、銀行通いでは、時間が掛かる自分の動きに、

介助までは必要ないけど、急ぎ書きが出来ない、時間を要するに、

ふと介護保険は、どんな常態になったら、許可が下りるのかなの?、

思考の先読み、思考の思考の私でした。

そして、思考と手足が追いついていかないに、

銀行員の方に、時間をかけるに、

銀行員の方にも、介護担当の職員の担当がいるのかな?とも思った、

必要かなとも思った、

自分の思考と手足の動きが、付いていかない、

壊れかけの我が身に感じた、

今日の日中の時間になりました。

そして、ひょこひよこ歩きの自分には、誰にも迷惑はかけてないけど、

歩行の悪さはしかたないな!、

壊れかけの体では、自分が困るだけに、

くにもならないけれど、

時間の手間の浪費には、はた迷惑だをな!!と、感じている、

支払い、手続きの手間が掛がかるに、補助の人が必要なと思った、

私の壊れかけの体でした。

|

« 演歌歌手、野中さおりさんの「百夜」の歌に浮かぶ、暗示効果 | トップページ | 屋根の漆喰の化粧壁に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酔っ払いのような自分の歩き方と、思考は正常に:

« 演歌歌手、野中さおりさんの「百夜」の歌に浮かぶ、暗示効果 | トップページ | 屋根の漆喰の化粧壁に »