« 一人暮らしならではの足首のゴムが緩んだ靴下の利用法 | トップページ | 腐らない着衣を消費税が上がる前に買い溜めしよう »

2018年10月18日 (木)

二十年ほど前のガウンの利用法

着古した、盲腸の手術で入院した時のガウンですが、

この頃の寒い日々に、ストーブを点けても、寒い日々に、

重宝している古びたガウンです。

そして、死ぬまでガウンを新調する事は無い、

消費税の10%も気にしない、今後の節約暮らしです

また、ゴムが伸びた靴下も、毛糸の靴下が代わりに十分使える、

消費税と消耗戦になる私です。

また、二枚の寝巻きが押入れに、母の着物タンスに、保存してある、

入院時の寝巻きに、もう一つの、防寒着として、タンスに予備として、

待機している,低予算暮らしの、消費税対策です。

そして、今後は、死ぬまで、古着暮らしで、暮らしを消費税対策する

低予算暮らしです。

そして、私の低予算暮らしの実行に、

国は、予想どおりに消費税を皮算用するかが楽しみな私です

そして、母の着物を古着と出して、

亡くなった後に古着屋に出して失敗したなっている、

アレンジすれば良かったのにと後悔している、大切な母の着物です。

|

« 一人暮らしならではの足首のゴムが緩んだ靴下の利用法 | トップページ | 腐らない着衣を消費税が上がる前に買い溜めしよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二十年ほど前のガウンの利用法:

« 一人暮らしならではの足首のゴムが緩んだ靴下の利用法 | トップページ | 腐らない着衣を消費税が上がる前に買い溜めしよう »