« こんぴゅ-たシンドロームのわたしかな? | トップページ | 酔っ払いのような自分の歩き方と、思考は正常に »

2018年10月22日 (月)

演歌歌手、野中さおりさんの「百夜」の歌に浮かぶ、暗示効果

コンピューターのプログラマー時代は、

寝気の悪さの原因が、思考と気か付かなかった、

思考が寝付きを邪魔するとは考えが結びつかなかった、

寝付きの悪さでしたが。

歌の情景の暗示効果を楽しめばと思った、

 

歌声が、情景が、好きだからですが、

 

24時間聞いている、歌声なので、その暗示効果なのかに、

 

野中さおりさんの「百夜」に浮かぶ、

バスガイド感と、催眠効果に、寝付きの悪さは、

音量を下げて睡眠効果を遣うで、

寝起きの悪さは、好きな歌声と情景効果に、

私には、寝起きの悪とは無いけど、そんな事、気分は、

一瞬で吹き飛ぶと思った、

脳に届く、歌の心地よさと情景に、

一瞬で起きられるに、納得感だった、

耳から脳に届く、バスガイドの感のある、秋の情景に目覚めた感を知る、

寝起きの良さに、全ては暗示感か!と思った、

今日の寝起きを、冷静に、

自己分析した、自己心理の暗示分析でした。

そして、体力の無さは、私の自己暗示では消せないでした。

でも、飲んだ事も無い、睡眠薬も、睡眠導入剤も、

自己暗示で済むものだ!と思う、私でした。

|

« こんぴゅ-たシンドロームのわたしかな? | トップページ | 酔っ払いのような自分の歩き方と、思考は正常に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演歌歌手、野中さおりさんの「百夜」の歌に浮かぶ、暗示効果:

« こんぴゅ-たシンドロームのわたしかな? | トップページ | 酔っ払いのような自分の歩き方と、思考は正常に »