« 新潟のぬれせんべい | トップページ | カラオケの順番待ち時間の限界 »

2018年11月29日 (木)

壊れかけの脳とザラツキ感の自分の声に思う

歌声と歌詞と音をセットで記憶する私は、耳コピーで、久しぶりに出かけたカラオケ店に

脳が壊れている訳じゃない無いを確認の私でした。

そして、まずは、自分の声が出ている事に、自信を持とうになった、

昨日のカラオケ店に出かけ、野中さおりさんの歌と、大月みやこさんの歌、

計20曲ほどを、歌ったいた私でした。

また、待ち時間も殆ど無かった、私好みカラオケ店を見つけた、

カラオケの順番待ち時間を待つだけに、老化を感じてしまう、私は、

精一杯、我侭を言って、

そして、老化の声帯の精一杯、再生訓練したい、

私の時間を十分使いたい、我侭な私でした。

|

« 新潟のぬれせんべい | トップページ | カラオケの順番待ち時間の限界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壊れかけの脳とザラツキ感の自分の声に思う:

« 新潟のぬれせんべい | トップページ | カラオケの順番待ち時間の限界 »