2010年12月29日 (水)

写真は、冬に掘り起こした、アカバナワタの根っ子、アベルモスクスの根

写真は、掘り起こした、アベルモスクスの根(本来は宿根草)。
Akabanawata201012281Akabanawata201012282Akabanawata201012283夏にアベルモスクスを庭へ定植し、根が太れるようにと育てたアベルモスクスも、12月も終盤の霜で葉が枯れ始めたので、アベルモスクスの根を掘り起こし、改めて、プラスチックの植木鉢で、培養土に掘り起こした根を埋め、温かい室内で根の冬越しをさせる準備の前に、アベルモスクスの根っ子の記念撮影でした。(写真三枚目は、小枝を払い埋め戻した、アカバナワタの根元付近の茎・幹)。
余談
鉢植の時は、地上付近の土を少し除け、根が太っていそうに見えたアカバナワタの根元でしたが、実際に、根を掘り起こして、蛸足状の根っ子の姿を目にしたのは、今回が初めてでした。
適当な肥料やりで育てたアカバナワタの掘り起こした根は、そんなに根が深く、また、広がっているとは思っていなかったので、細い部分が切れてしまいましたが、写した範囲を目分量で見ると、地下20cmほどには伸びている様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

アカバナワタ(アベルモスクス)の気になる幹の様子二つ

Akabanawata201011021Akabanawata201011022アカバナワタで、気になる一つ目は、水玉を付けた様な、幹の毛の姿。
ただし、蒸発する気配がしない、いつ見ても、同じ球形を保っているような感じです。
また、二つ目は、幹の両側に伸びる小さな突起に、「何の名残り?」と思ったりでした。
(写真二枚目は、サイズ1024*768で掲載)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

アカバナワタのメシベの先端の形に、浮かんだ、「大」と「火」の文字

Akabanawata20100813Akabanawata20100819アカバナワタの花(アベルモスクスの花)の午後にメシベに見た、真正面から見た、先端の様子に、筆字の止め、跳ねを無視すれば、「大」の文字かな?、「火」の文字かな?と思った、メシベの姿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

アベルモスクス花写真壁紙(アカバナワタの花)

Akabanawata201008071Akabanawata201008072Akabanawata201008073八月になり咲き始めた、プランターで育つアベルモスクス(アカバナワタ)に、最初に咲いた一輪を相手に、一日花(半日花)の様子を撮影し、花壁紙写真を1024*768のサイズで掲載でした。
写真1枚目から3枚目は、午前8時半頃写したアベルモスクスの花。この時間の花は、花粉嚢が、まだ爆ぜていませんでした。
Akabanawata201008074Akabanawata201008075Akabanawata201008076正午には、ほとんど爆ぜていたオシベの部分の花粉嚢。また、午後4時頃には、先端のメシベが、黄色い花粉と花粉嚢の方向を向いていました
写真6枚目は、ちょっと角度を変えて写したシベの様子。
Akabanawata201008077写真7枚目、午後6時過ぎに、花も終りの閉じ始めたアベルモスクスの花。花の隣にある蕾は、数日後には咲くと思います。
余談
オニユリも一緒に植えてある、朝方は木陰になるプランターなので、朝に写した花は、涼しげに写っています。また、一部の写真には、ユリの葉が写り込んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

沢山の芽吹きは、アベルモスクス(アカバナワタ)

Akabanawata20100625塊茎の成長は、なかなか、見る機会がないのですが、2010年の今年も、アベルモスクスを植えていたプランターで、こぼれ種が沢山芽吹いた、発芽率は100%かと思う程のアベルモスクスの発芽(アカバナワタの発芽)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

アベルモスクス(アカバナワタ)、今年も芽吹きました

moskus20080603冬は地上部が枯れてしまった、屋外に置いていたアベルモスクスの根が、どれだけ太ったかを写す事を忘れ、もう、芽吹き始めた緑に、他に、プランターにも植えてあるので、そちらは、まだ、芽吹いていないものもあり、掘り起こして、アベルモスクスの根の様子を見たくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

アベルモスクス(アカバナワタ)、今年も咲き始めました

Abel200707071越冬した、アベルモスクス(アカバナワタ)が、今年も咲き始めました。
余談
花びら4枚から採取したした種は、まだ、芽吹きません。芽吹かずに終わってしまうかな?。

| | コメント (0)

2006年9月28日 (木)

アベルモスクスの塊茎の雰囲気

Mosukusu1iMosukusu2iMosukusu4i地下の塊茎:最初の写真に雰囲気だけですが紹介(少し土をよけて写す)。寒くなったら、全景の写真の状態で、暖房の室内に取り込むので、根の全体を掘り起した写真は、来春の植え替え時期まで、おあずけです。
種子:ジャコウの香り->私には、感じられず。乾燥して、すり潰さないとだめかな?。
ハマキムシの被害にあっているアベルモスクスの写真もおまけに。
shu(^^) Homepage, ボタニックガーデンの、アベルモスクス・ツベローススのページで、ジャコウ、塊茎の文字を見つける。

| | コメント (0)

2006年8月10日 (木)

アベルモスクス(アカバナワタ)

冬越しさせたアベルモスクス(アカバナワタ)に、蕾も沢山ついてきました。一鉢に入れてあった二株を、大きめの鉢一つに、一ヶ月ほど前に、二株に分け植えなおしです。
また、背丈は、前年の倍ぐらいの高さに育っています。
Akabanawata2iAkabanawata5iAkabanawata4i花は、日差しの中と日陰で写し、ほかに、実と蕾も掲載。
2006年11月、アベルモスクスを「樹木の四季」の50音索引に追加しました。

| | コメント (2)

2006年6月29日 (木)

アベルモスクスの初夏

冬越しできた、アベルモスクスの鉢植えが初夏を迎え。
Aber1iAber2i 去年は、種蒔きが遅れ、花を見たのは9月も終わりでしたけど、今年は、木が冬越ししてますので、花は、去年より、早く見られそうな気がします。
この鉢に、3つ育っているので、鉢を分けるかは思案中。
写真右は、アオムシがいたので、殺虫剤にフマキラーを使用した後。いつも、薬負けしないかといつも思いながら、ほとんど、殺虫剤は、フマキラーで済ませています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「歌手、山本あき」さん 「歌手、西田あい」さん 「演歌歌手、野中さおりさん」 おすすめサイト クッキング・調理・どて煮アレンジ グルメ、ニンニクの醤油煮 グルメ、手打ちうどん グルメ、豚モツの臭み抜きと料理 グルメ・クッキング グルメ?、好きな食べ物 グルメ?、私の食事 ジェット機、飛行機 デジカメ動画 ニュース パソコン・インターネット パーツモデル写真集 ペット 介護・介助・自宅介護・特養施設 公共構造物 岐阜県/笠松・岐南・祭り・催し 岐阜県各務原市・祭り・催し 岐阜県岐阜市・祭り・催し 愛知県/大口・扶桑・祭り・催し 愛知県一宮市・祭り・催し 愛知県小牧市・祭り・催し 愛知県岩倉市・祭り・催し 愛知県江南市、散策 愛知県江南市・祭り・催し 愛知県犬山市 ・祭り・催し 接写、樹木、マクロ写真 接写、草花、マクロ写真 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 桜並木の桜の花巡り 植物、アベルモスクス 植物、アンティゴノン 植物、サンゴアブラギリ 植物、スミレ 植物、セイロンベンケイソウ 植物、ナガイモ 植物、プセウデランテマム 植物、ワサビ、パイナップル 植物、樹木 植物、樹木、散策にて 植物、種子 植物、草花 植物、農作物 植物、鉢植 植物・木の実 植物観察、失敗編 植物観察、樹木観察 植物観察、自然観察 樹木、他から、季節を追って 樹木の四季更新案内 演歌、コンサート、キャンペーン 演歌、曲名の旅、壁紙探しも 演歌・歌謡曲、公開放送 演歌・歌謡曲、歌謡ショー 演歌歌手、多岐川舞子さん 演歌歌手、松永ひと美 演歌歌手、松永ひと美(テレビ) 演歌歌手、松永ひと美(ラジオ) 演歌歌手、松永ひと美(補足) 演歌歌手、松永ひと美(記事) 演歌歌手、松永ひと美(青森) 演歌歌手キャンペーン先を仮想旅 演歌歌手情報 演歌番組・演歌・女優 独り言、ほぼ、独り言 独り言、全くの独り言 独り言、削除予定で 献立と栄養価算定 生物、いきもの 生物、いきもの、水鳥・野鳥 生物、いきもの、鳥の生態観察 生物、オタマジャクシの飼育と金魚の飼育 生物、グッピーの空き瓶飼育 生物、金魚の飼育 生物、雄カブトムシ成虫飼育 空模様 自転車での散策 芸能・アイドル 補足、コメント(記事を外れた時) 補足、ブログランキング 趣味 音楽 駅ホームの写真など