2012年1月 8日 (日)

バスの旅の初詣は、京都、城南宮

初詣は、バス6台で、地域から出かけた城南宮
Jyonanguu201201071Jyonanguu201201072Jyonanguu201201073


干乾びたムクノキの実と、
シイノキのシイノミ拾いも楽しんだ(スダジイ?)、
掃き清められている境内に、ドングリ探しは、
苦戦の城南宮の境内入口付近と、
Mukunoki20120107Shiinomi201201071Shiiniki20120107


狛犬の表情も愉しんだ、城南宮でした。
Komainu201201071Komainu201201072


余談
ドングリ探しに、運良く、城南宮の文字も写していた、拝殿反対側。
Jyonanguu201201074


また、シイノキの付近には、
熊野詣出立の地」の由緒書き立て札も、見つけました。
Tatefuda201201071Tatefuda201201072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

姥捨サービスエリアから見る姥捨山

バスの旅の車中、ガイドさんの話しに聞いた、姥捨て山に、

姥捨SAでの探し物は、姥捨山の見通せる場所を探し、
Ubasute201112151


姥捨サービスエリアから見る・写した、姥捨山でした。
Ubasute201112152


一言。
この山に棄てられたら、足腰の弱い年寄りは、
帰れないなと思った、丼を伏せたような山でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

バスの旅の横川サービスエリアにて

見えなくなった妙義山の姿に、
Yokokawa201112161


サービスエリアでは、カラマツと思われる木の笠松を、
Yokokawa201112162Yokokawa201112163


望遠撮影でした。
そして、横川サービスエリアを出たバスに、
車窓から、後方を写した1枚にあった、山の姿に、
Yokokawa201112164


一度は、近くで見たくなった、妙義山界隈でした。
山に、界隈の文字は、似合いませんね!!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

清水寺の風景写真、清水寺界隈の風景写真

京都・清水寺、界隈散策
Sansaku201012081Kiyomizudera201012081Kiyomizudera201012084Sansaku201012088Sansaku201012089Sansaku2010120810Sansaku2010120811Sansaku2010120812バスの旅の限られた時間に、何処を回ろうかと歩き回った、清水寺(仁王門・三重の塔)と、どんな通りかと歩いた、三年坂(坂の先の通りから、三層の部分だけ見えた塔は、法観寺、八坂の塔で、実物は、五重の塔)・二年坂でした。
Kiyomizudera201012085Kiyomizudera201012086清水寺では、清水の舞台と言われる場所は、時間都合で、紅葉越しに見上げて写すだけになった、散策になりました。(清水の舞台を支える柱を写したかった散策に、舞台周囲のモミジの植栽に、モミジの葉がある季節に、舞台を見上げても、モミジの葉を写すだけになる事を確認でした)。
Sansaku201012082Sansaku201012083Sansaku201012084Sansaku201012085Sansaku201012086Sansaku201012087清水寺のモミジの紅葉も、まだ、一部に残っていて、幸運だったのか、まだ終わっていない紅葉を中心に、歩き回ったりした清水寺散策にもなりました。
Kiyomizudera201012082Kiyomizudera201012083修学旅行の学生の姿に、私には、半世紀以前?にもなる、昔が懐かしい、修学旅行生(中学生?)の、はしゃぎ回る散策の様子に、こんな頃が合ったのだと、ちょっぴり、そんな旅模様も写した時間でした。
検索タグ
清水寺、修学旅行、メッカ、紅葉、ビューポイント、風景、写真、壁紙、阿形、吽形、狛犬。
余談
・掲載写真二枚目のオリジナル画像には、阿吽の阿だけの清水寺の狛犬が、仁王門前に二体、左右にありました。
Komainu201012081Komainu201012082バスガイドさんの散策前の説明を、すっかり忘れていましたが、偶然、写真に、雰囲気が分かる程度に、狛犬二体が、小さく写っていた、別名、笑い獅子の像でした。
・掲載写真には、サイズ、1024*768の画像も、4枚あります。
・清水寺も、舞台下の散策に、見上げた舞台は、写すアングルを選ぶ時間もなく、デジカメのバッテリーが容量切れに、その後は、バッテリーをバスに取りに戻る時間もなく、容量切れバッテリーの一瞬の復帰頼みの、その後の撮影散策になりました。
(自転車で、いつも、出かける時は、予備バッテリーを腰に下げているのですが、バスの旅に、そんな事は、すっかり忘れていた旅の散策に、以後は、気をつけたバスを降りる時でした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

天橋立満喫コースが欲しくなった、今回のバスの旅、江南友の会、寒ぶりツアーでした

Sansaku201012091Sansaku201012092Sansaku201012093Sansaku201012094Sansaku201012095Sansaku201012096Sansaku201012097Sansaku201012098Sansaku2010120910生憎の天候でしたが、天橋立の松並木の風景を見ようと、府中駅・ケーブルカー乗り場左手の坂道を笠松公園まで、20分ほど、階段もある坂道の遊歩道(道標には、近畿自然歩道)を登って辿り着いた(ここの階段は、段の高さ・歩幅、共に、私に、ちょうど合っているみたいで、息切れはしても、疲れを感じなかった坂道でした。また、坂道を下る時は、黄葉の落ち葉・木の葉で滑らないように、気をつけて歩いたので、やっぱり、下る時間に、20分を要しました)、そして、眼下の山の上のケーブルカー乗り場に、笠松公園とは、ちょっと、離れた所に、ケーブルカーが着く事を知りました。
Amanohashidate201012091Amanohashidate201012092Sansaku201012099天橋立の松並木を南側に望む風景に、以前、歌手、丘みどりさんのブログに紹介されて所(天橋立リフトから股のぞき台)とは違う場所だったのだと気が付いた、今回の江南友の会、寒ぶりツアーのバスの旅で立ち寄った、天橋立の松並木が見られる、元祖・股のぞき台の文字看板のあった、笠松公園の山からの展望でした。(煌く・輝く海面に、太陽の陽射しを期待でしたが・・・、食事に山を下りた時には、カミナリと強い雨になりました)。
天橋立全三景に独り事(京都府・松並木の旅ツアー?)。
松並木を南側に望む天橋立、元祖・股のぞき台と、松並木を北側に望む天橋立、股のぞき台(あまのはしだて駅側)に、今回のバスの旅のコースに、天橋立満喫コースがあったらなと思った、私でした。
そして、天橋立三景満喫コースは天橋立観光協会に紹介されている、丹後国一の宮・元伊勢籠神社のある府中エリア松並木を南側に望む天橋立の風景)と、あまのはしだて駅界隈の文珠エリア松並木を北側に望む天橋立の風景)と、宮津駅界隈の宮津エリア松並木を西側?に望む天橋立の風景)の三箇所が、バスの旅の一日の日程にあるといいなと思った、時間がなくて、松並木の散策も出来なかった、バスの旅に思った事でした。
笠松公園への階段の歩道脇に見たシイノキ
Shiinoki201012091Shiinoki201012092Shiinomi20101209シイノキの自然の立ち姿と葉を一目見た雰囲気に、ツブラジイ・コジイの木かと思って、落ちているドングリを探してみたら、見つかった、殻斗とドングリの大きさは、スダジイのドングリと一緒の大きさでした。また、シイノキが、ちょっと、目立つかな?とも思った、坂道・歩道の途中でした。

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

兼六園、曲水から、PC用写真壁紙を用意

Kenrokuen20100912Kenrokuen201009123Kenrokuen201009124_3Kenrokuen201009127Kenrokuen201009128Kenrokuen201009129写真を見られるて、「何んだ、水たまりか」と言われそうですが、兼六園の水の流れ、曲水から、水量が多いと感じたシーンを含め、サイズ、1024*768で、PC用写真壁紙を10枚用意でした。
Kenrokuen201009121Kenrokuen201009122雁行橋(がんこうばし)の石は、橋からの撮影に、全11枚の石を捉えられませんでした。だからという訳では有りませんが、別の所からの撮影の一枚は、磨り減った雁行橋の石に、9月12日の午前中の雨が、貯まったシーンでした。
Kenrokuen201009125Kenrokuen201009126曲水の中のカキツバタの緑。水の中のカキツバタの間には、雑草も無く、よく手入れが行き届いている様子でした。(桜、杜若に、ほんのちょっぴり、秋を感じた、風景でした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

金沢百万石竹灯篭まつり

明かりを追いかけた関連と言う事で、先月の事ですが、9月11日に行われた、石川県、金沢市、石川県中央公園での金沢百万石竹灯篭まつりの様子を、まずは、掲載でした。
Taketouroumatsuri201009111Taketouroumatsuri201009112Taketouroumatsuri201009113Taketouroumatsuri201009114蝋燭の明かりが灯る前に尋ねた、中央公園。そして、明かりが灯るまでの時間を、しいのき迎賓館裏の芝生広場散策で、時間つぶしも。
(高速バスで、昼に着いた金沢ですが、先に、神社三箇所へ、逆立ち狛犬探しに歩き、予想以上に、歩く移動に時間がかかり、暗くなりはじめ、やっと辿り着いた中央公園に、明るい時間帯の様子を、知る事が出来ませんでした)。
Taketouroumatsuri201009115Taketouroumatsuri201009116Taketouroumatsuri201009117Taketouroumatsuri201009118Taketouroumatsuri201009119芝生広場散策後、蝋燭に明かりが灯り始めるのを待って、手持ちデジカメで、蝋燭の明かりを楽しんだ、竹灯篭まつりになりました。
(歩く荷物になると、金沢へ持ってこなかった三脚に、手持ち撮影は、悔やまれる結果になりました)。
参考
第1回、第2回は市外で竹灯篭祭りが催され、第3回になって、金沢市で開催された、竹とうろうまつり。
主催?、NPO法人39アース環境保護活動、定款を読むと、竹林の維持と保護が主目的の様でした。
余談
竹灯篭に明かりが灯る前に歩いたのは、中央公園近く、しいのき迎賓館裏の芝生広場周辺。9月12日のマラソン応援に、どんな所に、ランナーの人達が集まるかと、ちょっと散策した、日暮れ前の、芝生広場界隈でした。
Shibafuhiroba201009111 Shibafuhiroba201009112 Shibafuhiroba201009113 Shibafuhiroba201009114 Shibafuhiroba201009115 (人影の全く無い、しいのき迎賓館裏の芝生広場の散策に、竹灯篭の明かりが恋しくなった、散歩時間でした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

琴柱灯篭とアオサギ(石川県金沢市、兼六園にて)

Kotojitourou_to_aosagi_201009121Kotojitourou_to_aosagi_201009122Kotojitourou_to_aosagi_201009123Kotojitourou_to_aosagi_201009124琴柱灯篭にいた青鷺に、これでもかと写した、琴柱灯篭とアオサギでした。(アオサギの大きさに、幼鳥なので、人を恐がらないのかと思ったりでした)。
Aosagi_201009121Aosagi_201009122Aosagi_201009123Aosagi_201009124Aosagi_201009125Aosagi_201009126でも、最初は、動かない青鷺に、作り物かと思って、写さなかったのですが、向きを変えたアオサギの姿に、ちょっぴり写し続けた、琴柱灯篭のある場所での時間になりました。
(横長フレームの写真四枚は、サイズ、1024*768で、PC用壁紙に用意しました)。
余談
午前中のマラソン応援に出かけた9月12日に、午後は、兼六園を散策する事にした時の出来事でした。また、検索すると、運がよければ、アオサギに逢う事が出来る、琴柱灯篭のある場所の様でした。

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

旅の高速バスの1Aの席に、前面車窓からの風景写真壁紙はどうかな?

一ヶ月前から席が取れるネット予約に、前の席から自動的に割り振られている1Aの席に、11日は、午前八時半の名古屋発の高速バスに、前面車窓は汚れも無く、高速道に上がったら、写したくなった、高速バスの前面車窓からの眺めでした。そして、高速バスを楽しむ旅の始まりになりました。
Kousoku_bass_201009111Kousoku_bass_201009112Kousoku_bass_201009113Kousoku_bass_201009114Kousoku_bass_201009115Kousoku_bass_201009116変わり映えしないと思う、高速道路に見る風景ですが、バスの高い位置から見る風景で、風景写真壁紙を、サイズ1024*768で用意でした。(前後して掲載の写真6枚目は、秋の稲の収穫に、刈り取られた稲藁焼きの煙が、高速道にかかる風景)。
余談
金沢旅の帰路も、1Aの席でしたが、回りが暗くなり、窓ガラスが鏡状態で、やっぱり、写すなら、写真撮影は、朝がいいと思った、予約で取った席でした。
おまけ
Buss20100911Shinkansen20100911Kousoku_bass_20100911名鉄バスセンター内にて。
バスセンターを出て、新幹線が見える場所で、信号待ちで見た、新幹線に、気が付くのが遅すぎた風景。
おまけの最後は、「こんな場所から、窓からの風景を写していました」と言う一枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

ネット仮想旅は、石川県珠洲市見附島、そして、壁紙写真探し

歌手、山本あきさんの銭湯の記事に見た、見附島の文字に、ネットで探した、「石川県珠洲市見附島」でした。(地図で見附島を見ると、歩いて島へは、渡れそうにありませんでした)。
そして、見付海岸に、「えんむすびーちのある事を知ったり、行って見たいけど、愛知県から、公共交通機関便りでは、ちょっと行ってみるかと言うわけにも行かないので、まずは、見附島の風景写真壁紙を探してみようと思った、ネット仮想旅でした。
見附島の夜景壁紙:SEC'S ATELIER、石川・富山・福井・北陸の夜景
見附島の風景写真:シベックさんの旅行ブログ(能登半島、禄剛岬・見附島の旅の記事)、旅の記事は写真が沢山あるので、表示には時間がかかります。
珠洲市ホームページでは、見附島の大きな写真は、見つけられませんでした。
ネットで見た、見附島をまとめると
見付海岸から見える無人島で、見附島は、その姿から、別名を、軍艦島と言われ、名所になっていて、関東では、銭湯の背景画にもなっている所。
余談
探した、見附島に、地名では、神奈川県伊勢原市見附島も、島ではないけど、地名で存在する事を確認でした。また、軍艦島だけで検索すると、長崎にある炭鉱島だった、軍艦島ばかりがヒットです。
追記
ふと浮かんだ、検索キーワードは、「見附島銭湯画」、そして検索して、あれこれ銭湯の壁絵を見た、見附島銭湯画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「歌手、山本あき」さん | 「歌手、西田あい」さん | 「演歌歌手、多岐川舞子」さん | おすすめサイト | クッキング・調理・どて煮アレンジ | グルメ、ニンニクの醤油煮 | グルメ、手打ちうどん | グルメ、豚モツの臭み抜きと料理 | グルメ・クッキング | グルメ?、好きな食べ物 | グルメ?、私の食事 | ジェット機、飛行機 | デジカメ動画 | パソコン・インターネット | パーツモデル写真集 | ペット | 介護・介助・自宅介護・特養施設 | 公共構造物 | 岐阜県/笠松・岐南・祭り・催し | 岐阜県各務原市・祭り・催し | 岐阜県岐阜市・祭り・催し | 愛知県/大口・扶桑・祭り・催し | 愛知県一宮市・祭り・催し | 愛知県小牧市・祭り・催し | 愛知県岩倉市・祭り・催し | 愛知県江南市、散策 | 愛知県江南市・祭り・催し | 愛知県犬山市 ・祭り・催し | 接写、樹木、マクロ写真 | 接写、草花、マクロ写真 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 桜並木の桜の花巡り | 植物、アベルモスクス | 植物、アンティゴノン | 植物、サンゴアブラギリ | 植物、スミレ | 植物、セイロンベンケイソウ | 植物、ナガイモ | 植物、プセウデランテマム | 植物、ワサビ、パイナップル | 植物、樹木 | 植物、樹木、散策にて | 植物、種子 | 植物、草花 | 植物、農作物 | 植物、鉢植 | 植物・木の実 | 植物観察、失敗編 | 植物観察、樹木観察 | 植物観察、自然観察 | 樹木、他から、季節を追って | 樹木の四季更新案内 | 演歌、コンサート、キャンペーン | 演歌、曲名の旅、壁紙探しも | 演歌・歌謡曲、公開放送 | 演歌・歌謡曲、歌謡ショー | 演歌歌手、松永ひと美 | 演歌歌手、松永ひと美(テレビ) | 演歌歌手、松永ひと美(ラジオ) | 演歌歌手、松永ひと美(補足) | 演歌歌手、松永ひと美(記事) | 演歌歌手、松永ひと美(青森) | 演歌歌手キャンペーン先を仮想旅 | 演歌歌手情報 | 演歌番組・演歌・女優 | 独り言、ほぼ、独り言 | 独り言、全くの独り言 | 独り言、削除予定で | 献立と栄養価算定 | 生物、いきもの | 生物、いきもの、水鳥・野鳥 | 生物、いきもの、鳥の生態観察 | 生物、オタマジャクシの飼育と金魚の飼育 | 生物、グッピーの空き瓶飼育 | 生物、金魚の飼育 | 生物、雄カブトムシ成虫飼育 | 空模様 | 自転車での散策 | 芸能・アイドル | 補足、コメント(記事を外れた時) | 補足、ブログランキング | 趣味 | 音楽 | 駅ホームの写真など