2006年11月20日 (月)

相棒の雄カブトムシ、息絶える

2006年11月19日、午後9時43分、どうしているかなと眺めたら、バナナにとまった状態で動かなくなっていました。
Kabu1iKabu2iKabu3i11月20日、午前8時、死後硬直もしていなくて、まだ、虫の息かも知れませんが、確認の手立てが無く、昨日の時点で死亡(丸まっていないので、大往生?)としておきます。そして、そんな、カブトムシからの写真も。
・写真一枚目、翅鞘を広げ写す。後足は、両方の”ふ節”を損傷[足の各部名称:ふ節、脛節、腿節]、向って、右を最初になくし、その次に、左をなくしました。
・写真二枚目、足[前足、中足、後足]が、どこについているのかなとひっくり返し写す。胸部(前胸?)に前足、腹部(後胸)?に中足、後足がついていました。
・写真三枚目、折りたたまれている後翅(内羽)を写す。羽は左右で一対。
写真は写していませんが、頭部と胸部は、オブラートのような半透明の首でつながっていました。(酷なので、解剖まではせず)
動かなくなる一日前には、前足、中足は、まだ、なんとか動く状態で、体を引きずる事も出来ていたのですが、19日朝には、前足、後足は付いているだけの状態で、中足は動かすのだけど、移動できるだけの力はありませんでした。
長く付き合ってくれた相棒のカブトムシ、まだ、虫籠の中、土に埋め、自然に帰すのは、もう、二、三日後になりそうです。

| | コメント (0)

2006年11月18日 (土)

カブトムシ、暖房で室温23度

Kabutomushi117Kabutomushi118雄カブトムシの成虫飼育140日目。ストーブの暖房で23度の室内、すぐ、行き止まりになる虫籠の中よりいいかなと思い、ぎこちなく歩き回るカブトムシを、新聞紙を丸めたグランドに置く。そのまま、私は、昼寝にゴロ寝。紅葉を写しに行く予定だったけど、雨の降りそうな天候に、紅葉は映える訳もなく、ダラダラした一日、そして、カブトムシとニラメッコに。
写真一枚目、昆虫ゼリーのコマーシャルにいかがと、相棒のカブトムシが言っていました?。
写真二枚目、思案するカブトムシ?。
Kabutomushi119137日目、虫籠とカブトムシの入浴、指から離れないカブトムシに、指に止まらせたまま、虫籠の水洗いでした。

| | コメント (0)

2006年11月10日 (金)

雄カブトムシ成虫飼育132日

雄カブトムシ成虫飼育132日目、指に止まらせての足の掴む力に、力強さは感じられず、生きているだけと言う感じになってきました。
Kabuto115iKabuto116i昆虫ゼリーの器に止まらせても、カブトムシ自身が引っくり返る始末です。今日は、虫籠とカブトムシの体の掃除の後、昆虫ゼリーに、耳掻き2杯の砂糖を溶かし、カブトムシの口を、その砂糖水になった所に持っ行き止まらせる。
その後、バナナも置きましたが、バナナへ移動させるのも可哀想かなと思い、写真の状態のままにしておきました。
このカブトムシを見ていると、人なら、要介護、要支援のどちらかなと思ったり、自分で食事をとれない様子に、要介護?。
・雄のカブトムシの成虫飼育、虫籠・バナナ・新聞紙・少しの水で育てられます。ただ、面倒なのは、虫籠の掃除ぐらいです。但し、雌で繁殖もしたいと考えられている方には向きません。

| | コメント (0)

2006年11月 1日 (水)

雄カブトムシ成虫飼育122日

雄のカブトムシ成虫飼育、122日目。そして、4ヶ月目に入りました。
Kabuto111i少し動きは悪くなってきたけど、前の4本の足は、指に止まらせると、まだ、力強さが感じられます。でも、ここ一ヶ月ほどは、後足2本は、付いているだけと言う感じ。
最近、動きが悪いので、バナナから離れた場所にいる時は、無理やり、バナナに張り付かせています。また、朝は、遮光70%ぐらいの場所で日光浴も。
余談。ネットでカブトムシ飼育のページを見ていると、”カブトムシは大食いだ”という文字を、よく目にしますが、私の、この一匹の相棒を見ていると、とても、大食いとは思えない様子でした。
夏には、見なかったコバエ、最近、涼しくなってからは、バナナにコバエが、必ず、一日に一匹は見ます。そして、今日は、最多の三匹を見つけ、逃げられる前に、三匹とも潰しました。(コバエの発生源が特定できず悩みの種になっています)
成虫の雄カブトムシの平均寿命は、何ヶ月ぐらいなのかな?。死ぬ時は、老衰、病死、どちらが多いのかな?。と興味を持ったりも。
11月6日追記、最近、朝方、虫籠を手元に移動した時に見ると、カブトムシが震えている時があります。そして、今日の虫籠の掃除で、もう一方の後ろ足の細い部分も、カブトムシを洗っている時に、取れてしまいました。この、後ろ足の2本は、付いているだけで、力強さも動く気配もなくなってます。
Sazanka1iおまけ。季節感にサザンカのシベ、
Sakana1iつい最近、姪っ子が買ってきた水槽の熱帯魚も写す練習に、そんな、写真も、加工したりで、彩りに貼り付けです。

| | コメント (0)

2006年10月17日 (火)

相棒の雄カブトムシ108日目

樹木は私の部屋には置いていないので、一番、身近なのは、この雄のカブトムシ。何日ぶりか忘れてしまったけど、カブトムシを指に止まらせの体を水道で水洗い。足・体についたバナナの残骸も、草葉・松葉を使い、しっかり落としてやりました。
Kabutomushi5i_1Kabutomushi6i_1Kabutomushi7i雄カブトムシは、私の水に濡れた指でミネラル補給?なのか、なかなか離れてくれず、離すのに悪戦苦闘。でも、足の力は、まだ、しっかりしているように感じ、暫くは生きていてくれそうな相棒に、ちょっと安心も。
Kabutomushi2i_2そんな中で、私の指を雌のカブトムシと間違えたのか、お腹を鳴らし、生殖器官を伸ばしたので、その一枚も切り出して掲載です。
余談。今日は、コバエが虫籠から、三匹飛び立ちました。バナナの性かな?。

| | コメント (0)

2006年10月16日 (月)

雄カブトムシ成虫飼育107日

Kabutomushi107i雄カブトムシの成虫飼育も107日
動きも悪く、食も細くなり、久しぶりに、昨日はバナナを与える。
昆虫ゼリーも与えていたけど、水分だけ吸収の様な気がしたので、テーブルにあったバナナを与え、ちょっと水分不足に感じたので、バナナの上にも水をたらしておきました。余談。コバエは、バナナを与えた時にだけ発生している様。という事は、このコバエ、どこから来ているのかな?。
今日の朝は、少しの日光浴とゼリーカップ一つ分の水分補給、そして、まだ、生きている事の報告でした。

| | コメント (1)

2006年10月 4日 (水)

雄カブトムシ成虫飼育95日目

Kabutomushi5iKabutomushi6i10月4日、今日は二日に一回の虫籠掃除の日。カブトムシを、魚入神社の森から我が家に連れ帰って95日、毎週買ってきてもらうバナナを、人とカブトムシで分け合う日々も、ささやかな楽しみに。
最初の頃は、食べ残したバナナの交換も、二日に一回だったのですが、9月の半ばぐらいから、体調を気遣い、毎日の交換に。一本のバナナの取り分は、三分の一がカブトムシ、人が三分の二と言う状況です。
新聞紙半分を丸めた上に、大さじ一杯ほどの水をまき、その上に、カブトムシをのせると、新聞紙に染み込んだ水を飲む様な仕草(私は、実際に、水を飲んでいると思っているのですが)、そして、新聞紙から降りて逃げていくという事もありません。
余談、カブトムシの体、気をつけて洗ったつもりでしたが、大きいツノの目の近くには、洗い残しのバナナが少しありました。そして、クチヒゲの部分も、どんな様子かとアップで写したつもりですが、今回も、今一歩の写りに。
おまけに、キーワードも列挙。
カブト虫、甲虫、かぶとむし、カブトムシの日記、カブトムシの成虫飼育記録。国産カブトムシ、日本産カブトムシ、昆虫のカブト虫。成虫カブトムシ(雄)の飼育には、昆虫マットは不要だ!。
蛇足キーワードも列挙、黄色カブトムシ(輸入車、ビートル)。昔も今も走ってますね!。

Kabutomushi1i_2Kabutomushi2iKabutomushi3iKabutomushi4i10月3日、カブトムシの小さいツノを持ち、バナナにカブトムシの口をつけると、すぐに食べだし、それぼど、動き回りはしないのですが、やっぱり、思うように写せない状況に加工写真。この日は、バナナ交換だけなのでカブトムシの口の周りは、バナナで汚れています。
Okibasho1i_1カブトムシの置き場所:私の居間兼寝床になっている日の当たる南側の応接間の北側の壁際に、写真のように、日中、夜に関係なく、新聞紙をかけて置いてます。床から、虫籠までの高さは1.7mほど。夏の時は、東側の風の通る窓脇に、新聞紙を窓と虫籠の間に置き、部屋側はカーテンをして暗くして置いていました。
10月6日追記。
今日は、虫籠清掃の日。
足の細い部分が一箇所無い事にショック!。カブトムシを正面から見て、左側の後ろ足の細い部分がなくなっていました。濡れた新聞紙に、足が絡まってとれてしまったのかな?。動きがちょっとぎこちない様子に、そろそろ、相棒とも分かれの覚悟をしないといけないと思ってます。(以後、カブトムシの様子を写真で紹介する事はやめます)
カブトムシは土に帰れるけど、私の場合は、焼却処分。私も、死んだ時は土に返りたいと思ったりです。
10月10日追記。
あまりカブトムシに触れないほうが良いかと、三日に一回の虫籠掃除に。次の虫籠掃除の予定は明日。また、何故だか、今まで見なかったコバエが、ここ二日、バナナ交換で、各1匹ずつ飛び立つのを目にする。バナナも無くなったし、これからは、昆虫ゼリーのバナナ味を与えて、コバエの様子見も。

| | コメント (0)

2006年9月30日 (土)

雄カブトムシ成虫飼育3ヶ月

今日で、雄カブトムシ成虫飼育3ヶ月も終わり、明日から、4ヶ月目にはいります。
Kabutomushi1i_1Kabutomushi2i_1昆虫ゼリーのスイカ味とバナナ、一緒に入れておくと、ゼリーには見向きもせず。
減りもしないので、バナナ味の昆虫ゼリーに交換、もちろん、バナナも一緒に置きます。そして、思うように写せないカブトムシに、写真を加工して掲載です。
余談。
まずは、生活環境を清潔にしておけば、病気にならずに、長生きするという事か?。これから、温度も下がってくるから、どうやって、温度維持しようかな?。(最近、20度に室温が下がっていた日も一日あり)

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

カブトムシ加工壁紙写真集

Kabutomushi03Kabutomushi05雄のカブトムシ、丸めた新聞紙を少し広げ、その上で散歩させ、その中で写した、少し難のある写真をロウ化加工でアレンジ。
サイズ1024*768のデスクトップ壁紙にしてみましたが、ブログ(ココログ)の仕様なのか、アップロードした壁紙サイズは800*600という状況にガッカリも。
私の飼育状況(写真は2006年8月30日に掲載)も、ちょっと追記。
・カブトムシのテーブル
新聞紙を半分に切り、その半分を丸めた紙を少し広げたものは、カブトムシの食卓のテーブルにしてます。
・カブトムシの寝床
残り半分の新聞紙は、ハガキ半分ぐらいに、ちぎって丸め、カブトムシの寝床にしています。
・カブトムシの食事
昆虫ゼリーの空いた器に、バナナを4cmほどにちぎって置いています。夏の時期は、二日に1回、食べ残していても交換していましたが、最近は、体調を壊すような事で寿命を短くしない為に、毎日の交換になっています。
・新聞紙をちぎって作った寝床・テーブルの交換周期
飼い始めた時から二日に一回の交換、この時に、虫籠、カブトムシの汚れも水洗い。清潔さを保つように気をつけています。
・新聞紙の水分
前回の交換まで、交換時に、コーヒーカップ五分の一ほどの水をまいて、新聞紙をぬらしていましたが、今回から、一日に昆虫ゼリーの容器一杯分の水に減らしました。
10月5日追記
本館にカブトムシのデスクトップ壁紙(1024*768)も用意してあるので、リンクを追加。
カブトムシの高解像度壁紙・高画質壁紙・グリカ素材

| | コメント (0)

2006年9月20日 (水)

雄カブトムシ成虫飼育81日目

9月19日、朝、カブトムシの部屋を掃除、バナナが切れていたので、最後の二つになっていた昆虫ゼリーのスイカ味を与える。午後、バナナを買ってきてもらい、追加。
20日、今日も朝一番で、痛んだバナナを取替え。
Kabutomushi01iバナナを前にしたカブトムシの写真は18日。
相変わらず、動きとブレで、大きな写真を掲載できない私は、ストレスが溜まり気味。
Kabutomushi02i19日の夜は、室温も25度に下がってきているので、虫籠を、写真のようにプチプチで覆う事にしました。
20日朝の室温は24度。
独り言。
この成虫、いつまで長生きさせる事が出来るかな?。こう書いた明日の朝には死んでいたりはしないと思いますが・・・・。
ネットで、成虫の長生きのコツを探してみたのですが、なかなか探し出せず。
でも、やっと1件、参考になりそうなページに、ここの、”長生きさせる為の異常な飼い方”の文字(文字の並びは編集してあります)に、早速リンクも。
亀有カブトの館
カブトムシ->買うじゃない、飼う->カブトムシを飼う

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

「歌手、山本あき」さん | 「歌手、西田あい」さん | 「演歌歌手、多岐川舞子」さん | おすすめサイト | クッキング・調理・どて煮アレンジ | グルメ、ニンニクの醤油煮 | グルメ、手打ちうどん | グルメ、豚モツの臭み抜きと料理 | グルメ・クッキング | グルメ?、好きな食べ物 | グルメ?、私の食事 | ジェット機、飛行機 | デジカメ動画 | パソコン・インターネット | パーツモデル写真集 | ペット | 介護・介助・自宅介護・特養施設 | 公共構造物 | 岐阜県/笠松・岐南・祭り・催し | 岐阜県各務原市・祭り・催し | 岐阜県岐阜市・祭り・催し | 愛知県/大口・扶桑・祭り・催し | 愛知県一宮市・祭り・催し | 愛知県小牧市・祭り・催し | 愛知県岩倉市・祭り・催し | 愛知県江南市、散策 | 愛知県江南市・祭り・催し | 愛知県犬山市 ・祭り・催し | 接写、樹木、マクロ写真 | 接写、草花、マクロ写真 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 桜並木の桜の花巡り | 植物、アベルモスクス | 植物、アンティゴノン | 植物、サンゴアブラギリ | 植物、スミレ | 植物、セイロンベンケイソウ | 植物、ナガイモ | 植物、プセウデランテマム | 植物、ワサビ、パイナップル | 植物、樹木 | 植物、樹木、散策にて | 植物、種子 | 植物、草花 | 植物、農作物 | 植物、鉢植 | 植物・木の実 | 植物観察、失敗編 | 植物観察、樹木観察 | 植物観察、自然観察 | 樹木、他から、季節を追って | 樹木の四季更新案内 | 演歌、コンサート、キャンペーン | 演歌、曲名の旅、壁紙探しも | 演歌・歌謡曲、公開放送 | 演歌・歌謡曲、歌謡ショー | 演歌歌手、松永ひと美 | 演歌歌手、松永ひと美(テレビ) | 演歌歌手、松永ひと美(ラジオ) | 演歌歌手、松永ひと美(補足) | 演歌歌手、松永ひと美(記事) | 演歌歌手、松永ひと美(青森) | 演歌歌手キャンペーン先を仮想旅 | 演歌歌手情報 | 演歌番組・演歌・女優 | 独り言、ほぼ、独り言 | 独り言、全くの独り言 | 独り言、削除予定で | 献立と栄養価算定 | 生物、いきもの | 生物、いきもの、水鳥・野鳥 | 生物、いきもの、鳥の生態観察 | 生物、オタマジャクシの飼育と金魚の飼育 | 生物、グッピーの空き瓶飼育 | 生物、金魚の飼育 | 生物、雄カブトムシ成虫飼育 | 空模様 | 自転車での散策 | 芸能・アイドル | 補足、コメント(記事を外れた時) | 補足、ブログランキング | 趣味 | 音楽 | 駅ホームの写真など